「グランドスタッフ辞めたい…」。どうしても辛いなら会社を辞めてから転職活動しよう

「転職活動したいけど、勤務が不規則でスケジュール調整が難しい…」、「辞めてから転職活動しようか迷うな…」。

グランドスタッフとして働いてる方の中には、会社を辞めてから転職活動しようかと考えている方もいるかもしれません。

ですが、転職活動には何かとお金がかかるし、転職活動期間が長引くと不利になるので、一般的には会社を辞めずに働きながら転職先を決めた方が良いと言われています。

確かに本来は働きながら転職活動する方がいいのは事実です。ですが、グランドスタッフのようなサービス業で不規則勤務だと面接の日程調整が難しいですよね。

ぼくも新卒でグランドスタッフをしていたので、面接の日程調整や仕事と両立しながら転職活動することが大変なのは重々承知しています。

実はぼくも会社を辞めてから転職活動をしました。

先に会社を辞めてからの転職活動でも、期間を決めて事前の準備をやってから臨めばリスクを軽減できます。中途半端にやるより、むしろその方が集中できると思います。

とはいえ、不安な方もいると思いますので、この記事では先に会社を辞めてから転職活動する際に気を付けるべきことや辞める前にやるべきことについて書いていきます。

この記事を読めばこれから何をすべきか分かるので、会社を辞めてからの転職活動を少しでも考えてる方の参考になれば嬉しいです。

「3ヵ月以内に転職先を決める」と期間を決めてやり切ろう!

会社を辞めてから転職活動する場合、ダラダラ惰性でやるのではなく、期間を決めて集中してできるかがポイントです。

期間を決めること。これがとても大切で、まずは期間内に絶対に転職活動を終わらせると覚悟を決めましょう。

期間は3ヵ月です。なぜ3ヵ月以内なのかと言うと、これを超えると書類選考が通りにくくなるから。

仮に書類選考を通過しても、面接で「この3ヵ月で内定はもらえてないですか?」、「なぜ、ここまで内定がもらえないと思いますか?」と聞かれることもあります。(経験済み)

しかも次に転職する時にも、ブランクが長引くと突っ込まれるので厄介なんですよね。

「身体を壊していた」、「留学していた」、「親の介護をしていた」など特別の理由がない限り、期限を決めてやり切りましょう。

会社を辞めているので、在職しながらやっている人に比べて時間が多いのが唯一のアドバンテージです。

1日に2件面接を組むなど工夫してやれば、時間とお金も節約できます。集中してやれば早い人なら1ヵ月以内に内定が出ると思いますよ。

会社を辞める前にやること

ここからは会社を辞めてから転職活動する時にやることを書いていくので、それぞれ実践してみてくださいね。

1、転職サイトや転職エージェントに登録

転職活動する時に多くの人が利用するのが転職サイトや転職エージェントです。

大手転職サービスから業界や職種特化型の小さいところまでたくさんあります。

初めて転職活動される方は、どこに登録すればいいのかその情報量の多さに悩むでしょう。

ぼくが初めて転職活動する方におすすめしてるのは、

  • まずは転職サイトと転職エージェントに3~4社ずつ登録
  • この時に大手転職サービスにも最低1社は登録

この2つです。

なぜ複数の転職サービスと大手サービスに登録した方が良いのかと言うと、転職サービスによって強みや特徴、求人数が全然違うので、可能性を広げる意味でも複数の転職サービスと大手サービスにも最低1社登録するのがベターです。

特に転職エージェントに関しては、キャリアコンサルタントとの相性が会社選びと同じくらい重要なので、1社だけで進めるのはおすすめしません。

以下の記事でぼくが今まで利用した転職サービスについて紹介してるので、ここから3~4社登録しましょう。

 

 

2、履歴書と職務経歴書の準備

転職サービスに登録したら、履歴書と職務経歴書の準備を進めましょう。

転職サイトに登録すればフォーマットがあるので、在職中に準備しておくと良いです。というのも、案外時間がかかる作業なので在職中に仕上げておくと後々楽です。

幸い転職活動は就活の時みたいに会社毎にESを書くことはほぼないですし、履歴書と職務経歴書は基本的にWordなどで作成したものを使い回しできます。

なるべく在職中に書類を作成しておき、時間がある方は転職エージェントに登録した後に書類を添削してもらいましょう。

できればここまでやって欲しいと思います。

というのも、中途採用の書類通過率は平均30%と言われていて、個人差はありますが第二新卒の方だと更に下がるから。

これは内定率ではなく、書類通過率の話です。中途採用は枠も1人や若干名のところが大半で、全体的に狭き門なので職務経歴書の中身がかなり重要になってきます。

あなたが20代半ばくらいなら特に重要なので、転職エージェントに登録し添削までやってもらうことをおすすめします。

 

 

3、今後のキャリアの方向性と転職理由を考える

すでに次に何をしたいか明確な方は良いですが、まだ方向性が決まってない方は会社を辞める前に自分が興味ある業界や職種について、完璧でなくてもいいので転職サイトなどを使って調べてみましょう。

会社を辞めてからでもできますが、後から調べることが出てくるので今から興味ある業界や職種、会社があれば調べておくと良いです。

そうすれば、面接で聞かれる転職活動の軸(会社選びの軸)にも迷いがなくなるので、自分の発言に自信が持てます。

もちろん在職中にここまで定まらないという方はできなくてもいいですが、最低でも「今回の転職で何を一番叶えたいのか?」は考えておきましょう。

これが転職理由になるはずです。

会社を辞めたいと思ってる時点で何かしら不満があると思うので、これはすぐ思い浮かぶでしょう。

ですが、本音と建前(面接で話す内容)が違う方もいると思うので、面接用にどんなことを話すといいか今から考えておくことをおすすめします。

転職理由の伝え方に迷う方は、転職エージェントの担当キャリアコンサルタントに頼めば聞いてもらえるので是非頼んでみてください。

面接で必ず聞かれ、最も重要と言っても過言ではないのが転職理由です。自分なりに考えた後にキャリアコンサルタントからフィードバックをもらいましょう。

4、自己分析をする(強みを知る)

就活の時に自己分析をされましたよね?これは転職活動でも大切です。

ここでは主に、自分の強みにフォーカスしてお話します。就活の面接で強みを聞かれたと思いますが、中途採用の面接でも聞かれます。

中途採用の面接は、就活の時より深く突っ込んで聞かれることが多く、仕事における強みになるので改めて考えてみて欲しいと思います。

仕事を通じて自分の強みが変わったり、学生の時と今では変わっている方もいるかもしれません。

強みを知るサービスとしては、リクルートが提供しているグッドポイント診断がおすすめです。(転職サイトのリクナビネクストに登録すると診断できます)

グッドポイント診断は、10分程度でできる自分の強みベスト5とどんな仕事に向いてるのかが分かる適性診断です。

始めて転職活動される方は先程も書いたように大手サービスには最低1社は登録した方が良いので、是非登録後に適性診断を受けてみましょう。

面接を受ける前に自分の強みを知ってから面接に臨みましょう。

\自分の強みベスト5を知ろう/

 

グッドポイント

5、最低3ヵ月分の生活費を貯金する

最後はお金の話。実家暮らしで親から金銭面の援助をしてもらえる方は読み飛ばしてもらって構いませんが、そうでない方は最低でも3か月分の生活費分は貯金しておくことをおすすめします。

会社を辞めてかかるお金はざっくりこんな感じです。

  • 家賃・光熱費
  • 食費
  • 通信費
  • 美容代
  • お小遣い
  • 健康保険
  • 国民年金
  • 市民税
  • その他(奨学金、駐車場代、車のローンなど)

など。人によってかからない項目もあると思うので、そこは省いて計算してください。

まずは、自分が1ヵ月にどれくらいお金を使ってるのか知るために、マネーフォワードなどの家計簿アプリをダウンロードし、月の支出を把握するように努めましょう。

面倒って方もいると思うので参考までにですが、20代独身の方であれば、恐らく月15万~20万くらいあれば生活できると思います。

そして、覚えておいていただきたいのが、会社を辞めた瞬間全ての人に重くのしかかるのが税金です。これが本当に重い!甘く見てはいけません。

会社から引き落とされていた年金や保険、市民税なども転職先が決まるまでは自分で払っていかないといけません。

ぼくはこのことをちゃんと調べずに辞めてしまい、かなり大変な思いをしました…。

また、人によっては奨学金などの返済もあると思うので、それも加味して月の支出を把握しましょう。

これらを合算すると3ヵ月なら45万~50万くらい貯金があるといいかと思います。ただ、これはあくまでも目安で、住んでる場所や月の生活費にもよります。

ここまで読んだ方は厳しいと思われたかもしれませんし、親にも頼れず貯金があまりできなかった方もいるでしょう。

その場合は短期のアルバイトをするのも手です。

ぼくも貯金が全然なく、親もあまりあてにできなかった(というより迷惑をかけたくなかった)ので短期アルバイトに登録し、自分で何とかお金を稼いでやりくりしていました。

有名なところで言えば、フルキャストとかですね。

ぼくは面接後の夕方~夜、土日を一日使って月に10万くらい稼いでいました。

本当にお金がなく、親にも援助してもらえない場合の苦肉の策なので、できれば転職活動だけに専念した方が良いです。

でも、最悪貯金があまりなくても数ヵ月間であれば短期アルバイトで凌げると思います。

土日や夕方からできるバイトもあるので、上手く探してみてください。

準備をしてから転職活動に臨んだ方が成功確率は上がる

会社を辞めてから転職活動する場合、事前の準備が成功の鍵を握っています。

ここまで書いてきたことを忠実に実践すれば、転職活動の成功確率は上がると思います。

逆に何もしないまま辞めて転職活動をすると、お金も時間もかかる上にブランク期間が長引くて不利になります。

そうなると、焦って転職先を決めて転職に失敗する…なんてことにもなりかねません。

実際にこうなって転職を繰り返してしまうと、その内自分が転職したい企業や望んだ条件の企業に転職できなくなります。

グランドスタッフを辞めてから転職しようと考えてる方は、辞める前に準備をしてから臨めばちゃんと転職できるので必要以上に心配しなくても大丈夫です。

それでは、転職の成功を願っています。