給料が低いと嘆くグランドスタッフが転職して年収を上げるためにやるべきこと

「給料低くてもうキツイな…」、「あともう少し給料上げたい…」、「頑張りが報われてる感じがしない…」

グランドスタッフの方は、こんな不満があるんじゃないでしょうか。

友達や同世代の人と給料を比べて、低いことを知って愕然とした人もいるかもしれません。

給料が低いことは入社前から分かっていたとはいえ、いざ働いて生活してみるとやはり厳しいと感じている人もいるでしょう。

ぼくも1年目は手取りで11万くらいで、そこから生活費や奨学金や教育ローンの返済に充てていたので、貯金なんて全くできませんでした。

大手航空会社で11、12万くらいなので、地方系航空会社はもっと低いはず。

この話を周りにすると、かなり驚かれますね。(経験あり)苦笑

新卒の平均初任給って大体20万くらいだから、手取りは16、7万くらい。どれだけ低いかが分かると思います。

下手したら、バイトの方が稼げるんじゃないかと思うくらい。しかも休日数も20日程一般企業より少ないですからね。

正直、もう少し収入を上げたいと思ってる人が多いでしょう。実際にそんな声をよく聞きますし、そう思うのが普通です。明らかに低過ぎなので。

ぼくは給料低いとただ愚痴言ってるだけの人は嫌いなんですが、グランドスタッフの場合は頑張ってもあまり報われないし、そもそも元々の給与水準が低いので不満に思う気持ちは理解できます。

いつまでも給料安いまま年齢重ねていくと、転職して年収上げるのがどんどん難しくなってきます。

言葉は悪いですが、安く買われる可能性が高くなります。グランドスタッフは、専門職で大変な割にはそこまで市場価値の高い職種でもないので。

ここから先は、グランドスタッフから転職して今より年収を上げてスキルも高めていきたいと思ってる方や今の年収に不満を感じてる方だけ読み進めてください。

綺麗事抜きに言ってお金は大切

まず、綺麗事抜きに言ってお金はめちゃくちゃ大切です。生活する上でも必要というのもありますが、それ以外にも、年収がその人の価値を表す一つの指標になるから。

たまに「お金よりやりがい」という聞こえの良い言葉を聞きますが、それは稼いでから言える台詞だと思ってます。

何をするにしても生きるためにはお金が必要だし、お金がないと生活できなくなって最悪死にます。

お金がもっと欲しいと思うのは、至って普通の感情です。

別に「金の亡者になれ」って言ってるわけではありません。少なくとも、同世代の平均年収くらいは稼げるようになって欲しいと思います。

今は低くても大丈夫。キャリアの積み方次第でこれから挽回できるから

グランドスタッフの給料が低いのは、あなたのせいでもなければ、能力が低いからでもありません。

業界や職種によって給料が決まっているので、仕方ないんですよね。こればっかりは自分の力でどうすることもできません。

会社にもよるかと思いますが、今グランドスタッフとして働いている方が20代半ばくらいの年齢なら、恐らく年収は250万〜300万弱くらいでしょうか。

転職する業界や職種にもよりますが、転職すれば今よりプラス50万~100万以上アップします。これだけ上がれば、今より貯金できる額が増えるだけでなく、生活にだいぶゆとりができます。

実際、ぼくの同期で1年で辞めて年収150万アップに成功した同期がいました。

詳しくはこの後紹介しますが、今の年収が低いからって悲観しないでください。

20代ならまだ挽回できる年齢です。まずは、「どうすれば今より年収を上げられるか?」をよく考えましょう。

転職して年収を上げたいなら、業界・職種選びを意識しよう

転職する時に意識して欲しいことがあります。それは、業界や需要のある職種に就くことです。

ここを間違えると大して上がらないどころか、ついでに市場価値も上がらないから一生低いまま終わります。

もちろん、実際に転職する時にはこれ以外の選択軸も関わってきますが、”年収”に焦点を当てた場合は、業界や職種選びがかなり大切になってきます。

このことは念頭に置いておきましょう。

同じ能力やスキルを持っていても、それどころか低かったとしても、自分が属している会社によって年収に差が出てきます。

ぼくがおすすめする業界は、I T/Web業界、広告業界、人材業界などです。

分かりやすく会社名を出すと、サイバーエージェント、リクルート、マイナビ、ビズリーチ、DeNA、LINEみたいな会社ですね。

今紹介した会社は、どこも採用ハードルが高いので簡単には行けませんが、他にも似たよう会社はあります。

職種で言えば、ビジネス職なら営業や秘書、マーケティング、IT系ならWebデザイナーやエンジニアなどは今ホットですね。

営業を嫌がる人は多いですが、会社や商材によってやり方も全く違います。

これは、ぼく自身が経験していて感じています。営業を経験しておくと、他のビジネス職への転職が有利になるので個人的にはおすすめです。

そして、逆におすすめしないのは、事務や販売、受付などです。

というのも、これらも給料がそこまで高くないからです。まあ、ちょっとは上がるかもしれませんが。

それだけでなく、将来的なキャリアの選択肢と働き方の観点からもおすすめしません。

これらの職種は、これから機械やロボット、AIに代替される職種なんて言われてますよね。つまり、需要が減っていくことが予想されます。

女性は事務や受付を希望する人が多いですが、周りを見て「だから自分も事務」という考えはあまりにも短絡的過ぎです。

世の中にはもっとたくさんの職種があるので、もっと視野を広げて見てみてください。

上手くキャリアを積んで、年収だけでなくスキルも高めていこう!

ここで一つ、あなたに伝えたいことがあります。ぼくは先からお金は大切だと散々言ってきましたが、それよりも大切なことがあります。

それは、スキルを上げることにこの先3年くらいコミットして欲しいってことです。当たり前ですが、スキルないよりある人の方が企業からも声がかかるし、年収も高くなります。

次の会社でちゃんと目に見えた実績を残し、ある程度経験を積めば、次の転職でさらに年収アップが見込めます。それだけでなく、キャリアの選択肢も広がります。

少しぼくの話をするとぼくは1社目をたった半年で辞めました。しかも辞めてからの転職で、ブランクも作って経歴に傷を作ってしまいました。

今振り返ると、何て無茶なことをしたんだと自分でもバカだと思ってますが、こんなぼくでも初めての転職で年収が40万くらい上がりました。

そして、2社目では、営業を約3年経験しました。ここで営業を経験し、アピールできる経歴を作れたことが大きく、2社目から3社目の転職では、年収が100万くらい上がありました。

だから今は、「どんな経験を積んでいきたいのか?」、「磨きたいスキルは何なのか?」ってことを明確にし、転職して欲しいと思ってます。

年収を上げたいなら、転職エージェントに間に入ってもらって年収交渉してもらおう!

グランドスタッフは元々の給料が低いので、どこに転職しても今より年収が上がる確率が高いです。

その確率をもっと高めたいという方は、転職サイト経由ではなく転職エージェントを活用しましょう。

というのも、転職エージェント経由だと間に入ってくれるので年収交渉をしてくれるからです。

ぼくが2回の転職で年収を上げられたのも、転職エージェントを利用した影響は大きいと感じてます。

年収交渉は自分ではしにくいところ、そこをあなたに代わって転職エージェントが交渉してくれます。

先程も書いたように、業界や職種選びさえ間違えなければ、年収を上げることは難しくありません。

特に、20代や第二新卒の方なら上げやすいです。転職で年収を上げたい方は、是非転職エージェントを利用すると良いです。

年収アップが見込める転職エージェントを紹介しますので、登録してみてください。転職エージェントの利用は完全無料なので、積極的に利用しましょう。

マイナビジョブ20s┃20代から一番支持が高い

マイナビジョブ20’sは、20代の転職支援に特化している転職エージェントです。

マイナビは20代から最も支持されている転職エージェントで、20代で初めて転職活動する方は登録するといいと思います。

求人数は僅かながらリクルートエージェントには劣りますが、それより丁寧なサポートを受けたい方はマイナビの方が合ってます。

ぼくも1社目を辞めた時にリクルートエージェントと併用でマイナビも利用してましたが、大手エージェントの中で一番懇切丁寧なキャリアサポートが受けられるという印象でした。

ちなみに、ぼくは1社目をわずか半年で辞めたほぼ新卒みたいな状態で利用していたのにも関わらず、見捨てず親身になって相談に乗ってもらい、精神的な面でもかなりサポートしてもらいました。

経歴が浅く、スキルに自信のない20代の方や丁寧なキャリアカウンセリングを受けたい方に、おすすめの転職エージェントです。

マイナビジョブ20’sのおすすめポイント

  • 20代・第二新卒の転職支援に強い
  • 求人数が多く、業界・職種に精通してるキャリアコンサルントに相談ができる
  • 定期的に転職セミナーを無料で開催してるので、転職ノウハウを得られる

 

マイナビジョブ20's

 

パソナキャリア┃利用満足度96%の大手転職エージェント

パソナキャリアは、リクルートやマイナビ同様に総合型転職エージェントの一つです。

ここは是非、20代の女性に利用をおすすめします。というのも、パソナキャリア女性の活躍推進に力を入れていて、女性からの評判が高いからです(もちろん、男性も利用できるのでご心配なく)。

希望があれば、女性のキャリアコンサルタントに相談することも可能なので、遠慮なく申し出てみてください。

女性の方が事情を理解しているので、相談もしやすいと思います。

ぼくも以前、パソナキャリアを利用したことがあるのですが、パソナキャリアには全体的に落ち着いていて、ホスピタリティマインドが高いコンサルンタントが多いのが特徴です。

それもあってか、親身に相談に乗ってくれるのもありがたいですね。また、利用満足度は96%と高く、質の高さが数値に表れています。

パソナキャリアのおすすめポイント

  • 女性のキャリア支援に力を入れている
  • 懇切丁寧なキャリアカウンセリングに定評あり!利用満足度は96%!
  • 業界・業種を問わず、約6,000件の公開案件・約15,000件の非公開求人を保有

type女性の転職エージェント┃年収アップ率は脅威の71%

type女性の転職エージェントは、キャリアデザインセンター社が運営している首都圏特化型の転職エージェントです。

リクルートエージェントやマイナビに続く規模のエージェントで、業界の中では中堅にあたります。

最大の特徴は、年収アップ率71%という驚異の転職支援実績を誇っていること。

そのため、転職して年収アップを考えている女性に特におすすめします。

ただ年収アップの転職ができるだけでなく、年間5000名以上のキャリアカウンセリングと年間数百名の転職実績があります。

女性の転職に関するさまざまなノウハウがあるので、働き方を変えたい方は一度相談してみる価値があると思います。

type女性の転職エージェントのおすすめポイント

  • 年収アップ率71%と他の転職エージェントより高い
  • 女性の立場に立ったキャリアカウンセリング
  • 関東圏の転職支援に強い