グランドスタッフからオフィスワーク系職種の転職で、経験や強みが活かせる仕事6選

こんにちは、元グランドスタッフのわたです。

「転職を考えているけど、次に何をしようか迷ってる…」、「会社は辞めたいけど、これと言ってやりたいことが見つからない…」。

グランドスタッフから転職を考えてる方の中には、転職はしたいと思ってるけど具体的に何の職種がいいのか分からないという方もいるんじゃないでしょうか?

今まで何人かのグランドスタッフから異業界へ転職する人を見てきたのですが、正直転職の仕方があまり上手くない人が多いなと思ったんですね。

中にはグランドスタッフの時より状況が悪くなってる人もいて、転職に失敗する例も見てきました。

ぼくはそんな人達を見ていて、「もう少し視野を広げてみていれば、キャリアも年収も働き方も改善できたのに…」ともどかしさを感じていました。

せっかく大変な仕事をしていたのだから、今度は報われて欲しいと思うんですよね。

そこで、グランドスタッフの後に人材会社に在籍していた経験から、グランドスタッフの経験やスキルが活かせるオフィスワーク系の職種と転職後の年収、その仕事がどんな人におすすめなのかを詳しく書くことにしました。

これから紹介する職種は、全てグランドスタッフから転職事例があるものです。

中には知らない職種もあると思いますが、選択肢の一つとして入れてみてください。

この記事は、以下の方におすすめです。

  • 現在グランドスタッフでオフィスワーク系の職種に転職を考えている方
  • 転職して年収や働き方を改善したいと考えてる方

この記事を読むことで、キャリアの可能性を広げるきっかけになれば嬉しいです。

今までの経験は無駄ではない。人と接する仕事なら必ず経験が活きる

グランドスタッフは、他のサービス業に比べたら接客スキルの高さや対応力は評価に値します。

業務知識が直接他の仕事で活かせることはほぼないのが残念ですが、グランドスタッフの業務の中で培ったスキルや能力は決して無駄ではありません。

例えば、以下のようなスキルや能力が培われているんじゃないでしょうか。

  • 臨機応変な対応力
  • 英語などの語学力
  • コミュニケーションスキル
  • 正確性
  • 迅速な対応力
  • 観察力
  • 精神力

これらのスキルは異業界・異職種であっても、特に人と接する仕事であれば必ずどこかで今までの経験が活かせます。

グランドスタッフの人は「接客しかできない」と卑下しがちな人が多いのですが、そんなことはないので自信を持ってください。

女性の多くが志望する事務や受付などがおすすめできない理由

グランドスタッフなどサービス業出身者は、今までハードワークで疲れたこともあってか、土日休みで、定時で帰れて、自分の時間が取りやすい事務や受付などを志望する方が多いです。

この考え自体は否定しません。

グランドスタッフは不規則勤務で、ストレスも溜まりやすいので「次はイレギュラーな仕事はできれば避けたい。カレンダー通りで友達と休みを合わせたい」という気持ち、ぼくも理解できます。

ただ、だからと言って事務や受付と考えるのはあまりにも短絡的過ぎです。

この条件を満たす仕事は事務や受付だけではありません。世の中には他にも仕事がたくさんあります。

確かに事務や受付もグランドスタッフの経験やスキルは活きますが、個人的にはあまりおすすめしません。

理由は以下の通りです。

  • 年収が上がりにくい
  • 働き方に柔軟性がない
  • 将来的にキャリアの選択肢の幅が広がりにくい(転職で不利)
  • 正社員での採用数は少なく、特に事務は未経験だと厳しい
  • すでに需要が減っていて、機械やロボット、AIなどに替えられる可能性が高い

まだ他にもありますが、パッと思いつくだけでもこれだけあります。

キャリアもお金も働き方も関係ないというなら構いませんが、どれか一つでも変えたいと思うなら個人的にはおすすめしません。

もちろん個人の自由なので絶対ダメと言うつもりはありませんが、目先のことだけでなく、長期的なキャリアを考えて判断した方が賢明だと思います。

グランドスタッフの経験や強みが活きる職種6選

それでは、グランドスタッフの経験を活かせるオフィスワーク系の職種を紹介しますので、参考にしてもらえればと思います。

営業(フィールドセールス)

営業の仕事のイメージは何となくついてると思いますが、一言に営業と言っても、新規顧客を獲得する「新規開拓営業」と既存顧客をフォローする「既存営業」の2つあります。

また、「法人と個人のどちらを担当するのか?」「商材が有形or無形か?」にもよって、営業のやり方は違います。

営業を志望する場合は、以下のどれに該当するか確認しましょう。

  • 法人営業×無形商材
  • 法人営業×有形商材
  • 個人営業×無形商材
  • 個人営業×有形商材

営業の目標は分かりやすく、売上や粗利、契約数(受注数)などが指標になることが多いです。

営業と聞くと、「ノルマ」のイメージが強いかもしれませんが、この世に成果を求めらない仕事なんてありません。

営業の場合、ただそれが売上や契約数など数値で分かりやすいだけの話です。

会社によっては、目標を達成すると毎月の給与に加えてインセンティブがもらえるところもあります。

ぼくがまさに今営業をしてるのですが、グランドスタッフの経験が活かせると思います。特に、顧客対応の場面では。

新規でも既存でもお客様対応する場面はありますし、営業でも良くも悪くもさまざまなお客様がいます。

それはグランドスタッフの時にも経験してきました。職務経歴書や面接でもそこを上手く伝えられると面接官に刺さります。

営業は嫌がられることが多いのですが、未経験でもチャレンジしやすい職種で、女性の営業は結構重宝されます。

というのも、営業をやる女性が少ないというのもあるのですが、対応や説明が男性より丁寧な人が多く、お客様から信頼されるケースが多いんですよね。

何より一度営業をやっておくと良いと思う一番の理由は、その後のキャリアの選択肢がかなり広がること。

例えば、将来的にマーケティングや人事、企画、経営企画、コンサルタントなどの職種へキャリステップの道も開けます。

他の職種でも営業のようなコミュニケーション力や思考力、課題解決力、周りを巻き込む力などが問われるのですが、営業ではこのような汎用性の高いスキルが身に付きやすいんですよね。

年収に関しては業界にもよりますが、未経験だと300万代前半~400万前後くらいが相場です。

ここでは詳しく説明しませんが、営業の中で一番市場価値と年収が高いのは、「無形商材を扱う法人営業」と覚えておくと役に立つと思います。

こんな人におすすめ

  • 数字を追いかけることが好きで、目標達成意欲が強い方
  • 将来的にキャリアの選択肢を広げたい方
  • 年収アップの拘りが強い方

インサイドセールス

インサイドセールスという職種を始めて聞く方もいると思うので、簡単に説明しますね。

インサイドセールスは、見込み顧客に対して電話やメール、コミュニケーションツールなどを用いて非対面で営業活動を行う内勤型の営業です。

「結局営業じゃないの?」と思った人がいるかもしれません。が、それは半分違います。

いわゆる営業は訪問しますが、インサイドセールスは完全に内勤営業。全く外に出ません。

①の営業は訪問するため、インサイドセールスと分けてフィールドセールスという呼び方もします。

そして、インサイドセールスは営業的な要素だけでなく、半分マーケティング要素もあり、業務内容も異なります。

もちろん営業のように数字目標はありますが、いわゆる営業と違います。というか、それでは成り立たないんですよね。

仕事のイメージとしては、自社サービスや製品に興味を持ってくれた見込み顧客に対して、状況を伺いつつ、契約できそうか温度感を図るような役目です。

そして、興味を持ってくれたら①の営業にパスしてクロージングしてもらい、興味を持ってくれなければ定期的に状況をヒアリングし、再度提案を試みます。

インサイドセールスはアメリカで主流なのですが、近年日本でもIT・Web業界を中心に浸透しつつある新しい職種です。

つまり、まだインサイドセールスができる人が少ないので、これができると重宝されるだけでなく、市場価値が高まります。

近年、このインサイドセールスのポジションとニーズが急速に増えていて、ぼくが個人的に女性におすすめなのがこのインサイドセールスです。

というのも、内勤ということもあり女性の割合の方が多く、会社によってはリモートワークもできるので、働き方の多様性があるから。

将来的に結婚や出産を考えているなら、このような働き方ができるのは嬉しいかと思います。

実は、ぼくも今通常の営業とインサイドセールスを兼務してるのですが、内勤の日は服装も自由なのも嬉しい点です。

営業同様、顧客対応の場面ではグランドスタッフの経験が活かせます。

年収に関しては、20代未経験だと300万台スタートが多く、経験を積めば20代で年収400~600万くらいになります。

こんな人におすすめ

  • 営業よりマーケティングに近い仕事がしたい方
  • 新しい職種で市場価値を高めたい方
  • 働き方も重視したいと考えている方

カスタマーサクセス

カスタマーサクセスもインサイドセールス同様、最近IT・Web業界を中心に増えつつある職種です。

恐らく、よく聞くカスタマーサポートとの違いについて疑問に思う方もいると思うので、簡単に説明しますね。

カスタマーサクセスは直訳すると「顧客の成功」。

カスタマーサポートは問い合わせ対応やクレーム対応するのに対して、カスタマーサクセスは自社サービスや製品を継続的に利用していただくために、こちらからアクションを起こしてお客様に自発的に動いてもらえるようにサポートしていくイメージです。

こちらの記事にカスタマーサクセスとカスタマーサポートの違いが載ってるので、興味がある方は参考までにどうぞ。

カスタマーサクセスには営業要素は全くありません。顧客対応が多く、丁寧さやきめ細かなフォローができる人がが良いです。

どちらかと言うと、全面に出て私がというタイプより、縁の下の力持ち的タイプの方の方が向いてます。

サポート思考が強く、お客様のことを真剣に考えられる方だとハマります。

また、カスタマーサクセスもリモートワークできるのが女性には嬉しい点かもしれませんね。

年収に関しては、20代未経験だと300万前半~350万くらいが相場ですが、経験を積めば20代で400万~500万も到達可能です。

こんな人におすすめ

  • 人のサポートをするのが好きで、主体的にお客様のために良い働きかけをしたい方
  • 周りから縁の下の力持ちと言われる、または自分でそう思う方
  • 働き方も重視したいと考えている方

秘書

グランドスタッフの人は、ホスピタリティ精神やコミュニケーションスキル、英語力に自信ある人が多いと思います。

これらのスキルは秘書でも求められます。

英語力に関しては全ての企業ではありませんが、外資系企業や日系企業であっても海外支社があったり、海外の企業と取引してる場合だと英語力が求められます。

企業にもよりますが、TOEIC750以上で最低でもビジネスレベルの会話力と読み書きができないと厳しいです。

ぼくが人材会社にいた時に秘書志望の求職者の方の転職支援していました。

その時に思ったのは、秘書はホスピタリティ精神やコミュニケーションスキルも大切ですが、それと同じくらい就く人との相性もめちゃくちゃ大切だということ。

たいていは社長や役員クラスの人に就くことになります。

面接では必ず自分が就くことになる人が出てくるので、そこである程度判断はできます。

転職エージェント経由で応募してるなら、事前にキャリアコンサルタントに就く人の性格や好みなどを聞いてみてください。教えてくれるはずですから。

年収に関しては、英語ができる方が高い傾向にあり、20代で未経験だと300万前半~後半スタートが多いです。

もちろんキャリアを積んでいけば、年収600万以上と割と高年収が狙える職種でもあります。

こんな人におすすめ

  • 英語力に自信があり、これからも活かした方
  • 周りから気が利くと言われることが多い方
  • 柔軟な対応力に自信がある方

通訳・翻訳

英語に限らず、何か語学が堪能なのであれば通訳や翻訳にチャレンジするのも良いかもしれません。

通訳や翻訳なら正社員だけでなく、派遣やフリーランスでも良いと思います。

ただ、いきなり派遣やフリーランスとして働くのは厳しいので、まずは正社員として経験を積んでから、チャレンジしてみる価値はあります。

通訳や翻訳は、秘書以上に英語力が必要で、TOEICは900以上ないと厳しいです。ただし、英語力が堪能な人にとっては力を発揮できる仕事ではあります。

派遣やフリーランスの場合、時給2500円〜と割と高めなのも嬉しいところ。

経験を積めば、正社員として働く必要もなく、派遣やフリーランスとして働くこともできるので、自分で働き方も選びやすくなります。

こんな人におすすめ

  • 語学力に自信があり、英語を使った仕事に拘る方
  • 将来的にフリーランスなどの働き方も視野に入れてる方

人事採用

管理系職種の中で女性に人気の採用の仕事。

人事と一言に言っても、実は業務内容は幅広いのですが、ここでは採用についてお話します。

人事と言うと面接官のイメージが強いかもしれませんね。ですが、人事の仕事はそれだけではありません。

他にも、求人媒体選定や人材紹介会社と打ち合わせ、自社の求人票作成、候補者に応募してもらうためにスカウトメールを打つ、入退社対応など…

意外にも裏方の仕事も多いんですよね。

オフィスワーク系の中で華やかなイメージを持つ人が多いのですが、航空業界同様にそのイメージで入ると失敗します。

採用がメインの場合は、目標は採用人数です。

まずは自社に興味を持ってもらう人を集めるためにスカウトを打ったり、面接で応募者の動機付けをし、内定出しのタイミングでクロージングをかける。

人事って実は、営業やマーケティング要素もある仕事なんです。

言い方変えれば、人事という仕事を通じて営業とマーケティング思考も身に付くとも言えます。

採用の仕事は企業が成長していくには欠かせないポジションです。

今度はお客様の「旅」ではなく、「採用」という側面から企業の成長をサポートしていきたい方には向いてると思います。

裏方の仕事もあると言いましたが、人事も打ち合わせや面接では対人の仕事で、人事にとって対応力や第一印象の良さは大切な要素です。何たって会社の顔ですからね。

グランドスタッフ経験者は対応力やコミュニケーションスキルが高く、更に第一印象が良い人が多いので、これは大きなアドバンテージです。

年収に関しては、20代で未経験だと300万代スタートになるかと思いますが、経験を積んで専門性を高めていけば500万以上になります。

こんな人におすすめ

  • 人の人生の転換期に携わりたい方
  • 裏方で地味な仕事も苦にならない方
  • 「採用」という側面から企業の成長をサポートしたい方

グランドスタッフと興味ある職種の共通点を見出そう

自分が興味ある仕事が決まったら、グランドスタッフとその仕事の共通点を自分なりに考えてみましょう。

案外、全く違う仕事でも細分化していくと共通点があります。

そのためには、その仕事が何を行っているのか正確に理解する必要がありますが、ぼくが書いた内容も参考にしてもらえればと思います。

面接でも、「今までの経験がどう活かせると思いますか?」と聞かれることがあります。

特に、未経験の業界や職種の転職の場合、仕事の理解度や本気度を問うために聞かれます。

ぼくも何度か聞かれたことがあったので、面接に臨む前に是非考えてみてください。

もし自分では中々思いつかないという方は、転職エージェントに相談したり、実際にその仕事に就いてる方が周りにいたら聞いてみるのが良いですね。

オフィスワーク系の職種へ転職すれば、今の悩みの多くは解決できる

たとえ今の年収や市場価値が低くても、オフィスワーク系の職種へ転職することで大幅に今の悩みや不満は改善されると思います。

もちろん、やり方を間違わなければですが。

実際、ぼくがグランドスタッフから人材会社への営業に転職しました。

その後20代でもう一度転職し、キャリアと年収、働く環境が良くなってきました。

是非、あなたにも自分が望んだキャリアや働き方を手にしてもらえると嬉しいです。

それでは、あなたの転職の成功を願っています。

転職エージェントに登録すれば効率良く転職活動を進められる

日常の業務で忙しいグランドスタッフは、転職エージェントを利用しましょう。

不規則勤務でスケジュール管理が大変かと思いますが、あなたに代わってサポートをしてくれます。

転職エージェントは完全無料で利用できるので、是非活用しましょう。転職エージェントは以下のようなサポートしてくれます。

  • 自分に合った企業や仕事を紹介してくれる
  • 書類添削、面接対策をしてくれる
  • 年収交渉をしてくれる
  • 転職活動の進め方について全面的にアドバイスをくれる

グランドスタッフの経験を活かして良い転職してください。あなたの転職の成功を願ってます!

パソナキャリア┃利用満足度96%の大手転職エージェント

パソナキャリアは、リクルートやマイナビ同様に総合型転職エージェントの一つです。

ここは是非、20代の女性に利用をおすすめします。というのも、パソナキャリアが女性の活躍推進に力を入れていて、女性からの評判が高いからです(もちろん、男性も利用できるのでご心配なく)。

希望があれば、女性のキャリアコンサルタントに相談することも可能なので、遠慮なく申し出てみてください。

女性の方が事情を理解しているので、相談もしやすいと思います。

ぼくも以前、パソナキャリアを利用したことがあるのですが、パソナキャリアには全体的に落ち着いていて、ホスピタリティマインドが高いコンサルンタントが多いのが特徴です。

それもあってか、親身に相談に乗ってくれるのもありがたいですね。また、利用満足度は96%と高く、質の高さが数値に表れています。

パソナキャリアのおすすめポイント

  • 女性のキャリア支援に力を入れている
  • 懇切丁寧なキャリアカウンセリングに定評あり!利用満足度は96%!
  • 業界・業種を問わず、約6,000件の公開案件・約15,000件の非公開求人を保有

\利用満足度96%

パソナキャリア

マイナビジョブ20’s┃20代から一番支持が高い

マイナビジョブ20’sは、20代の転職支援に特化している転職エージェントです。

マイナビは20代から最も支持されている転職エージェントで、20代で初めて転職活動する方は登録するといいと思います。

求人数は僅かながらリクルートエージェントには劣りますが、それより丁寧なサポートを受けたい方はマイナビの方が合ってます。

ぼくも1社目を辞めた時にリクルートエージェントと併用でマイナビも利用してましたが、大手エージェントの中で一番懇切丁寧なキャリアサポートが受けられるという印象でした。

ちなみに、ぼくは1社目をわずか半年で辞めたほぼ新卒みたいな状態で利用していたのにも関わらず、見捨てず親身になって相談に乗ってもらい、精神的な面でもかなりサポートしてもらいました。

経歴が浅く、スキルに自信のない20代の方や丁寧なキャリアカウンセリングを受けたい方に、おすすめの転職エージェントです。

※サポート範囲は1都3県、関西、東海エリア在住の24歳~29歳までの方が対象です。

マイナビジョブ20’sのおすすめポイント

  • 20代・第二新卒の転職支援に強い
  • 求人数が多く、業界・職種に精通してるキャリアコンサルントに相談ができる
  • 定期的に転職セミナーを無料で開催してるので、転職ノウハウを得られる

\20代からの支持率No.1/

マイナビジョブ20's

リブズキャリア┃女性の転職支援に特化した転職エージェント

リブズキャリアは、渋谷にある2014年にできた女性の転職支援に特化した数少ない転職サービスです。

転職サービスは他にもたくさんありますが、女性のキャリア専門にやってる転職サービスは数少ないのでかなり貴重かと。

リブズキャリアは、全体的に女性の働き方に理解あるコンサルタントが多いのが特徴で、女性にとって頼りになる存在です。

また、リブズキャリアは転職エージェントだけでなく、転職サイトのアプリもあるので転職サイトのような形で利用もできます。

アプリに登録すると、企業からスカウトメールが来ます企業から書類選考なしの面接確約オファーが来ることもあり、面倒な書類選考を飛ばすことができます。

求人を見てみると、週3、4~や時短、リモートワークなど柔軟な働き方が多いが特徴。

働き方に制約がある、仕事もプライベートも両立したいと考えている女性には、特におすすめの転職エージェントです。

リブズキャリアのおすすめポイント

  • キャリアコンサルタントも女性が多いので、女性の働き方を理解してもらえる
  • 女性の働き方に理解ある企業が多い
  • 転職サイトに登録すれば、企業から面接確約メールが届く

\女性に特化した転職サービス/

 

type女性の転職エージェント┃年収アップ率は脅威の71%

type女性の転職エージェントは、キャリアデザインセンター社が運営している首都圏特化型の転職エージェントです。

リクルートエージェントやマイナビに続く規模のエージェントで、業界の中では中堅にあたります。

最大の特徴は、年収アップ率71%という驚異の転職支援実績を誇っていること。

そのため、転職して年収アップを考えている女性に特におすすめします。

ただ年収アップの転職ができるだけでなく、年間5000名以上のキャリアカウンセリングと年間数百名の転職実績があります。

女性の転職に関するさまざまなノウハウがあるので、働き方を変えたい方は一度相談してみる価値があります。

type女性の転職エージェントのおすすめポイント

  • 年収アップへの拘りが強い方
  • 女性に人気な事務系の職種(総務、庶務、経理事務、人事アシスタント、営業事務)を希望してる方
  • 首都圏への転職を考えてる方

\年収アップ率71%/