休日が待ち遠しい人生なんて、何ともつまらない人生だと思う

金曜日が近づくにつれて「早く休みならないかなー」とか、そして金曜日になると「明日から休みだー!」という声を、会社や電車の中で聞くことがあります。

でも、これを聞くたびに思うんですよ。「休日が待ち遠しい人生なんて、クソつまらなくないか」って。

だって、少なくとも会社員の場合、1週間の半分以上を会社で過ごすわけですから、その時間全てつまらないってちょっと問題。というか、時間の無駄です。

周りも同じように言ってる人がいると感覚が麻痺してることに気付きにくいかもしれませんが。

もちろん、仕事をしていれば良いことばかりじゃなく、嫌なことや辛いことがあるのはぼくも会社員なので分かります。

一方で、会社員であっても仕事を楽しめてる人がいるのも事実です。ということは、誰にでも楽しめる可能性があるわけです。

普通に考えてみてください。休日が近くなるにつれてモチベーションが上がり、サザエさん症候群になって月曜日の朝を迎えるのが憂鬱な人生って面白くないじゃないですか。

それがあと何十年も続くなんて、生き地獄だと思いますが。ぼくには耐えらません。

もちろん休日を楽しむのは良いですが、寿命も延びてこれから仕事に割く時間も必然的に増えるわけですから、仕事も楽しまなきゃ人生もったないじゃないですか。

愚痴を言ってるだけでは、何も変わらない

当たり前の話ですが、愚痴を言ってるだけでは何も変わりません。また来週も再来週も同じように愚痴を言って、ただ時間が過ぎていくだけです。

ぼくもかつては、「早く仕事終わらないかな~」とか「早く休みにならない~」とそんなことばっかり考えてる時期がありました。

でも、それで現状が変わったかと言えば、何も変わりませんでした。

休日を迎えるのが楽しみで仕方なく、仕事がつまらないと感じてる人は、何かしら今の仕事や会社に対して不満や課題があるか、仕事への向き合い方や姿勢に問題があるんだと思います。

それらを変えない限り、何も変わりません。

今のままでいいと思ってる人には、この記事を読んでも得るものは何もありませんが、少なくとも休日に向けてモチベーションが上がる人生は、健全な状態とは言えません。

「どうすれば今より良くなるか?」を突き詰めて考えよう

休日を迎えるのが楽しみということは、あまり精神衛生上良くありません。ですので、これは改善した方がいいと思ってます。

あなただってできれば仕事も充実させたいと思うでしょう。

今の会社や仕事に不満や課題があると感じてる場合、その原因を探らないことには始まりません。そして、原因が分からなければ解決できません。

ぼくも前の会社にいた時、不満がめちゃくちゃ募ってて、辞めたくて仕方ない時がありました。

そこでぼくが実践したのが、「この不満の原因は何なのか?」、「ストレスを感じるのは、具体的にどんな時なのか?」を考えたことでした。

これが分かれば、「次にじゃあ、どうすれば解決できそうか?」が考えられます。ぼくの場合、次で紹介する転職活動もやったことにより、だいぶ気持ち的に楽になれました。

そうすると、自ずと仕事への向き合い方や姿勢も自然と変わってくるはずです。主体的になり、仕事が楽しくなってくるからです。

会社が嫌になると、すぐ転職しようとする人が特に若い人に多いのですが、はっきり言ってそれで転職しても失敗する可能性が高いので釘を刺しておきます。

その状況で転職した人で上手くいってる人を見たことがありません。なぜ上手くいかないかと言えば、自分には非がないと思っていて、環境や人のせいにしてることが多いからです。

また、耳の痛いことを言うと、仕事がつまらないと感じてる人の場合、そうしてるのは自分に原因があることが大半です。

これまでの決断の選択が今を作ってるわけですから、今の状況を生み出してる自分にも原因があるとも言えます。

だから、まずは原因を考えること。ここから始めてみてください。

改善が見込めないようなら、転職活動をして自分を客観視しよう

会社が嫌だからって勢いで辞めたり、転職することはおすすめしません。ですが、現実問題として改善が見込めないことや自分の力では今の不満や課題は解決が難しい場合もあるでしょう。

その場合は、まずは一度転職活動して外に世界を見てみましょう。ここまで来ると、毎日がつまらなくて、休日を迎えるのが生きがいみたいになってしまいます。

会社が不満があり、改善が難しい人にぼくがおすすめしてるのは、転職活動をすることです。

転職活動をしてみると、客観的に自分の置かれてる状況を見ることができます。それだけでなく、自分の考えが正しいのかどうか分かりますし、今後の方向性が定まります。

もしかすると、自分の考えが間違っていたことに気付くかもしれないし、今の会社は実は恵まれた環境だったと気付くかもしれません。

逆に、転職エージェントから「転職した方がいい」とアドバイスをもらい転職という結論に至るかもしれません。

いずれにせよ、これは動いてみて初めて分かることで、今までのように愚痴を言って何となく過ごしてた日々と近い、前進してるかと思います。

転職活動は、定期的に市場価値をチェックするのにも有効ですが、不満が大きい時や冷静に自分の置かれてる状況を客観視したい時にも有効です。

できれば前者が理想ですが、ぼくも不満が大きかった時に転職活動して自分の考えが本当に正しいのか冷静に見るようにしてました。

不満が募ると、愚痴ばっかり言って、仕事へのモチベーションも上がらなくなり、周りから「こいつ、やる気ないな」と思われかねません。

そうなると負のループで、ますます会社に行きたくなりますからね。

というわけで、あなたも転職活動をして客観的に自分の置かれてる状況を見るように努めましょう。

以下にぼくが利用していた転職エージェントを紹介するので、参考にしてみてください。

 

 

結果的に、転職しなくても良いのです。転職することが目的ではなく、仕事を楽しめている、充実感を味わる状態であるかが大切です。

それが今の会社では難しい場合、転職に踏み切ればいいわけなので。くれぐれもいきなり転職しないように冷静に判断してください。

休日を迎えるのが楽しみな人生ではなく、仕事も休日も楽しみな人生に変えていきましょう。

 

▼いつも「学生時代に戻りたい」と思ってる人はこちらもどうぞ

関連記事:「学生時代に戻りたい」はただの逃げ!これからをどうすれば楽しめるかを考えよう。