>【オンライン面談可】20代におすすめの転職サービスはこちら!

【2020年最新】ウズキャリ既卒の特徴や口コミ・評判は?実際に使った体験談を元にメリット・デメリットを紹介! 

今すぐ登録したい方へ

⇩当サイトから登録の多い転職サービスです

 

【1位】マイナビジョブ20’s《業界大手!20代からの支持率No.1!》

【2位】ウズキャリ《入社後定着率93%!第二新卒・フリーター・既卒に特化!》

【3位】リクルートエージェント《業界最大手!求人数・内定決定率No.1!》

>>新卒1年目で会社を辞めて役に立った、第二新卒・既卒・フリーターにおすすめ転職サイトと転職エージェント

※2020年6月4日更新

 

「ウズキャリのサービスって実際どうなの?」「どんなサービスが受けられるんだろう?」と思ってる人もいるのではないでしょうか?

ぼく自身、新卒の会社を半年で辞めてウズキャリを利用していましたが、第二新卒・既卒・フリーターの人には良い転職サービスだと思いました。

第二新卒の転職では書類選考で落ちることが多くて苦戦しがちですが、ウズキャリを利用することで転職を有利に進められる可能性が高まります。

この記事では、実際にウズキャリを使った経験を元に、特徴や口コミや評判、どんな人におすすめなのか、詳しくまとめました。

ウズキャリが気になってる人は参考にしてくださいね。

※現在、コロナの影響でオンライン面談が可能です。

目次

ウズキャリとは?特徴について

ウズキャリ(株式会社UZUZ)は、新宿と横浜、大阪にある20代の第二新卒・既卒・フリーター・ニートの就職、転職支援に特化したエージェントです。

遠方の方も電話面談やSkype面談などで対応してもらえるので、安心してくださいね。

ぼくが利用していた2013年の時は、まだキャリアコンサルタントも10人くらいしかいなかったのですが、今は30人くらいいます。

ホームページを見ると社員の方が載ってるので、事前にどんな人がいるのか分かりますよ。

また、新しいサービスが立ち上がっていたり、ぼくが利用していた時より確実にパワーアップしています。

当然、取引社数はぼくが利用していた時より増えているので、希望や志向性などにもよりますが、今利用される方はぼくの時より多く企業の紹介を受けられるはずです。

「第二新卒・既卒・フリーターの就職・転職支援ならウズキャリ」と言えるブランドが、確立されてきているように思えます。

というわけで、ウズキャリの特徴について詳しくご紹介します。

30秒で無料登録!/

特徴1.キャリアコンサルタント自身が全員20代・第二新卒・既卒で就職/転職経験がある

ウズキャリのキャリアコンサルタントは全員、第二新卒・既卒で就職や転職した人しかいません。

彼ら自身があなたと同じような経験をしているので、大変さや辛い気持ちに理解を示してくれるのは大きいですね。

ぼくもウズキャリを利用した時、第二新卒で転職したキャリアコンサルタントが担当してくれましたが、気持ちを理解しれくれた分、他の転職エージェントより話しやすかったです。

特徴2.一人当たり平均20時間以上の面談を実施し、サポートが手厚い

ウズキャリでは、面接対策のフィードバックを繰り返し行うことによって平均20時間のサポートをしていて、競合他社の5~10倍の時間をかけています。

その結果、内定率は83%と高い実績を誇っています。

ぼくはウズキャリ以外にも転職エージェントを利用してきましたが、今振り返ってもウズキャリ程アナログにこだわってやってる転職エージェントはないと思います。

ぼくが利用した時も1回の面談で最低でも1時間、長い時は2時間以上と結構長く時間を割いて面接対策をしてもらいました。

専任のキャリアコンサルタントが基本的にはいるのですが、場合によっては別の企業担当のキャリアコンサルタントが面接対策をしてくれることもありました。

また、面接当日にも直前に面接対策してもらったりと、とにかく最後まで見捨てず、親身になってサポートしてもらったのを今でも覚えています。

本当にここまでやってくれる転職エージェントは、他にありませんでした。

時には厳しいフィードバックをもらうこともありましたが、こうやって指摘してくれるキャリアコンサルタントはあまりいません。

それだけ求職者目線に立てているからこそできることだと思います。

特徴3.ブラック企業の徹底リサーチ&排除

ウズキャリは求人紹介前に全ての企業に必ず訪問していて、独自の審査基準で取引するか否かの基準を設けています。

例えば、離職率の高い業界や残業が多い企業、明らかにブラックで有名な企業などとは取引をしていません。

そのため、入社3年以内の定着率は93%超えとなっています。

初めて転職する20代の人や就職に失敗した人は、紹介される企業がブラックなんじゃないかと心配になるし、とても気になりますよね。

ですが、ウズキャリであれば事前にちゃんとリサーチした上で紹介してくれるので、その心配はいりませんよ。

特徴4.動画配信やメディアなどコンテンツがユニーク

最近では「UZUZ CHANNEL」というYouTubeで転職ノウハウ、特定の業界や仕事のこと、ブラック企業を診断する動画、視聴者からの質問などに答える動画配信を定期的に行っています。

実際にぼくもいくつか動画を見たのですが、20代で転職やキャリアに迷う方には役立つと思いました。

以下のような動画が見られるので、興味がある人はチャンネル登録してみてくださいね。

また、動画以外にもコラムもあり、こちらも定期的に配信されています。

コラムも役立つ内容が書かれているので、自分の転職活動やキャリアを見直すために見ると良いと思います。

ウズキャリの強み・メリット

実際に使って分かった、ウズキャリアの強み・メリットを紹介します。

キャリアコンサルタントがフラットに接してくれる

ウズキャリのキャリアコンサルタントは年齢も近くて親しみやすいのが良いところだと思います。

上から目線で説教じみたことを言うキャリアコンサルタントがたまにいますが、ウズキャリの場合はあなたと同じ状況を経験しているキャリアコンサルタントしかいません。

そのため、求職者の目線に合ったキャリアカウンセリングをしてくれます。

また、他の転職エージェントだと無理やり求人を紹介して選考に進ませようとする強引なキャリアコンサルタントがいます。

ですが、ウズキャリの場合は辞めない方がいい人には「今の会社に留まることをおすすめします」と客観的に話してくれるので、焦って転職することがありません。

会社や自分の利益だけ考えるのではなく、求職者のことを本当に考えてキャリアカウンセリングをしてくれますよ。

就職・転職サポートがかなり充実している

ウズキャリは先程も紹介したように「キャリアカウンセリングに他社の20倍時間をかけている」と謳っていますが、これは本当です。

実際にぼくがウズキャリに登録に行った時は、初回面談で2時間ほど、その後の面接対策で会社によりますが、約1時間~2時間ほど対策をしてもらいました。

盛って言ってるのではなく、本当に時間を割いてサポートしてくれます。

ぼくの時は、同じ会社の選考のために対面と電話と合わせて2回対策をしてもらい、助かりました。

通常、面接対策は1回で終わることが多いのですが、ダメなところが改善されるまで何度も付き合ってくれて、フィードバックをもらえたので、選考に活かせました。

また、ウズキャリ以外のエージェントで選考が進んでいる企業のことも色々情報を教えてくれたり、本当に助かりました。

離職率の高い会社は紹介されない

ウズキャリでは離職率の高い会社は紹介されません。独自の選定基準があり、取引企業を選んでいます。

そのため、たとえ企業側から求職者の紹介を頼まれても断ることもあるので、いわゆるブラック企業を紹介されることがありません。

ウズキャリでは全社的に離職率を下げるポリシーを貫いていて、社員の評価社内システムとして「キャリアカウンセリングを通じて就職率の低さ」を評価指標の一つに掲げています。

安心して利用することができます。

ウズキャリの不満点・デメリット

悩む

逆に、ウズキャリを利用して感じた不満点やデメリットを正直に紹介します。

ウズキャリを利用するかどうか、判断してみてください。

大手に比べると求人数が少ない

ウズキャリの運営元のUZUZ自体がベンチャー企業であるため、大手に比べると求人数が少ないのは否めません。

発展途上中のエージェントなので仕方ないことですが、その分求人の垂れ流しではなく、数は少ないものの一人一人に合った求人をヒアリングを徹底的にした後に紹介してくれます。

ぼくが利用した時も、正直大手に比べるとは案件数は少なかったですが、希望をしっかりヒアリングしてくれた上で希望に合った求人を紹介してくれました。

そのため、満足度は高かったです。

IT系・営業求人にやや偏りがち

求人の特徴として、エンジニアなどIT系・営業に偏ってる傾向があります。

実際に、ぼくが登録しに行った時も営業とIT系を勧められました。

ぼくは営業志望だったので気になりませんでしたが、それ以外を志望される人にとっては物足りなさを感じるかもしれません。

事務やサービス業などは少なかったです。

ただ、エンジニアなどのIT系求人は伸びているし、営業がない企業はほぼないので、需要的には仕方ない部分はあります。

サポートなどの拘束時間が長い

ウズキャリは徹底したサポートが売りで、確かにフォローは手厚いですが、その分どうしてもサポートの拘束時間が長くなってしまいがちです。

そのため、スピーディーに選考を進めたく、手厚いサポートがいらない人にとっては少し煩わしいと感じるかもしれません。

事前に「今回の転職活動で求めるもの」や「どこまでフォローしてもらいたいのか」などを整理しておくことをおすすめします。

ただ、第二新卒や既卒で就活や転職活動が上手く進んでない人にとってはありがたいフォローだと思います。

ウズキャリの求人の特徴は?

ウズキャリの良さは分かったけど、実際どれくらい企業を紹介されるのかも気になると思います。

その人の経歴や志向性によっても変わるので一概には言えませんが、思ってるより多く紹介されるんじゃないかと。

他の転職エージェントだと、経歴が理由で支援が難しく、1、2社紹介してその後連絡がないということがあったりします。(経験済み)

まあ、これはその転職エージェントが悪いというわけではなく、それぞれエージェントには強みがあるので、むやみやたらに登録しても意味ないんですよね。それを当時のぼくは知らなかっただけの話です。

当時のぼくは、1社目をわずか半年というかなり短期で辞めていて、市場価値なんて皆無に等しかったです。

新卒に毛が生えてたようなスキルレベルでした。

そんなぼくでも15社ほど紹介がありました。たった半年しか経歴がないのにです。

そこから、実際に応募した会社は10社くらいで、そのうち半分くらいは面接に行きました。

1年以上経験している人は、もっと紹介されるはずです。

経歴を重視してる企業もありますが、むしろ若さは強みで、最近は第二新卒を受け入れる企業も増えています。

求人数を気にされていた方は、ぼくの事例を見れば悲観することはないですよ。

ウズキャリと他の転職エージェントとの違い

実際にウズキャリを利用して、他の転職エージェントとどう違うのかまとめてみたので参考にしてください。

  • 第二新卒・既卒・フリーターのキャリア支援に完全特化している
  • キャリアコンサルタント自身が20代で転職経験がある、または既卒で就活経験がある
  • アナログマッチングを重視していて、一人当たり平均で時間以上のカウンセリングに時間を割いてる
  • ブラック企業を徹底的に排除。求人紹介前に全ての企業に訪問し、紹介に値するか基準を設けている

転職エージェントを嫌がる人の中には、無理に転職を勧めてくるのかと懸念する人もいるかもしれません。

ぼくも残念な転職エージェントに何度か出会ったことがあるので、その気持ちは理解できます。

ですが、ウズキャリのキャリアコンサルタントは決してそんなことはしません。

むしろ転職しない方がいい人にははっきりその旨伝えてくれるので安心してください。

ウズキャリの評判・口コミについて

ここでは、ウズキャリの良い評判と悪い評判をまとめてみました。

ウズキャリの良い口コミ・評判

まずは、ウズキャリの良い点からご紹介します。

良い評判と口コミをまとめると…

  • 全体的にサポートが厚い
  • 登録30秒と楽で早い
  • キャリアコンサルタントが親身になってくれる

といったことが挙げられます。

初めての就職や転職は不安がつきものですが、ここまで手厚くフォローしてもらえれば不安が軽減されますよ。

ウズキャリの悪い口コミ・評判

次は、悪い口コミ・評判です。

当然、良い点ばかりではないので、正直にネガティブな面も書きます。

悪い評判・口コミをまとめると、

  • IT/Web業界以外の求人が少ない
  • サポート範囲が首都圏(東京、埼玉、千葉、神奈川)と大阪と限定されている
  • キャリアコンサルタントによって質にバラつきがある

といった口コミ・評判があるように、少し業界や地域に偏りがありますね。

ただ、IT/Web業界は今伸びていて、市場価値や年収も上がりやすいのが特徴的です。

また、働き方の多様性がある企業が多いので、全体的に見たらプラスに働くことの方が多い業界ではあります。

ウズキャリをおすすめする人・おすすめしない人

ウズキャリをおすすめする人

実際にぼくが利用して感じた、ウズキャリをおすすめするのは下記のような人です。

おすすめする人

  • 第二新卒、既卒、フリーター、ニートで初めて就職/転職活動する人
  • 他のエージェントに登録して、相手にされなかった人
  • IT/Web業界や営業の仕事を希望する人

ウズキャリをおすすめしない人

逆に、以下のような人にはウズキャリはおすすめできません。

おすすめできない人

  • たくさん求人を紹介してほしい人
  • 親身なサポートは不要な人
  • IT/Web業界以外の求人をメインに考えている人

もっと求人を紹介してほしい人は、業界最大手のリクルートエージェントマイナビジョブ20’sに登録した方がいいです。

以下の記事で、第二新卒・既卒・フリーター向けの就職・転職エージェントも紹介しているので、参考にどうぞ!

 

ウズキャリ登録の手順・流れ

ウズキャリを利用する手順は、以下の通りです。

  1. ホームページから会員登録
  2. 日程調整を行い、キャリアコンサルタントと面談
  3. 求人紹介後に、書類添削・面接対策をしてもらう
  4. 求人応募、面接
  5. 内定・条件交渉
  6. 就業開始・アフターフォロー

それでは、登録から順番に見ていきましょう。

STEP1.ホームページから会員登録

まず、公式サイトにアクセスして会員登録します。登録は30秒ほどで簡単に終わりますよ。

登録の際は、下記の項目を入力します。

ウズキャリ会員登録で入力する項目

  • 名前
  • 生年月日
  • 希望勤務地
  • 最終学歴
  • 就業状況
  • 連絡先(電話番号とメールアドレス)
  • 電話が繫がりやすい時間帯
  • その他何か伝えたいこと(任意)

STEP2.日程調整を行い、キャリアコンサルタントと面談

会員登録したら、数日以内にウズキャリの担当者から電話(03-5333-0802)やメールで連絡が来ます。

この時に「現在、何をしているのか」「どのような仕事に就きたいのか」などを簡単に聞かれますので、見栄を張らず素直に答えましょう。

簡単なヒアリングを終えたら、最後に個別面談の日程調整をします。

日程が合わない場合や遠方にお住まいの方は、スカイプや電話などでの面談もできるので安心してくださいね。

ウズキャリの面談オフィス3拠点

  • UZUZ本社オフィス:東京都新宿区西新宿3丁目11-20 オフィススクエアビル新宿3階
  • UZUZ横浜オフィス:神奈川県横浜市西区南幸2-21-5 ヤナガワビル 8-3
  • UZUZ大阪オフィス:大阪府大阪市西区阿波座1-3-18 エッグビル本町 2F 201

 

STEP3.求人紹介後に、書類添削・面接対策をしてもらう

初回面談は約2時間かけて行われ、あなたの悩みや希望をじっくりヒアリングしてくれます。

この時に、「転職理由」「転職によって叶えたいこと」「希望年収」などが聞かれるかと思います。

その後に、ウズキャリが保有している求人の中からあなたに合った企業を紹介してくれます。

面接前には、

  • 自分が受ける企業の面接官の特徴
  • 面接で聞かれる内容や注意点
  • 過去に受かった人

などについて共有してもらえますよ。

そして、企業ごとに応じて面接対策を念入りにしてから面接に臨みます。

STEP4.求人応募、面接

求人に応募し、書類選考に選考したらいよいよ面接です。

面接前に何度か面接のロールプレイングを経てから面接に臨みます。

仮に面接に落ちたとしても、どこがダメだったのかフィードバックしてくれるので、次の選考に活かすことができます。

STEP5.内定・条件交渉

内定後も入社日の調整や年収など条件交渉などもしてくれます。

人によってはすぐに会社を辞められなかったり、年収の希望などがあると思いますが、自分では言いにくいこともウズキャリが間に入って企業に伝えてくれます。

最後まで気を抜かずに自分の希望や条件など譲れないものは明確にして、入社を決めましょう。

STEP6.就業開始・アフターフォロー

内定をもらい、条件交渉も終わったら、いよいよ入社です。

サポートは就業開始後でもしてもらえるので、入社後に何か不満や悩みがあればいつてもウズキャリのキャリアコンサルタントに相談することができます。

他の転職エージェントでは、入社まででサポートが終わってしまうことが多いのですが、ウズキャリでは入社後も親身になって相談に乗ってくれるのでありがたいところですね。

 

30秒で無料登録!/

第二新卒・既卒・フリーターの就職・転職ならウズキャリにまずは相談しよう!

ウズキャリは、キャリアに悩む20代に自信を持っておすすめできる転職エージェントです。

別に登録にしたからといって、絶対に転職しないといけないわけじゃないですからね。

他の転職エージェントに登録したけど相手にされなかった、書類選考に全く通らない人は、一度ウズキャリに相談しましょう。

あなたと歳が近いキャリアコンサルタントばかりなので、話しやすく、相談しやすいと思いますよ。

具体的に転職を考えてる人だけでなく、転職しようか迷ってる人や今の会社での働き方に迷ってる人は、相談してみてくださいね。

 

30秒で無料登録!/