グランドスタッフをして分かった、グランドスタッフが一生できる仕事ではないと思う3つの理由

こんにちは、元グランドスタッフのわたです。

「体力的にいつまでも続けるの難しいな…」「グランドスタッフの将来性はどうなんだろう…」

今グランドスタッフとして働いてる方の中には、こんな風に悩んでいて転職を考えている方もいるんじゃないでしょうか。

どんなに頑張っても報われにくいからなのか、毎月辞めていく人が後を絶ちません。

羽田や成田空港などの大きい空港では、毎年新卒を100人近く採用しますが、その理由も何だかよく分かる気がします。ちょっと悲しい話ですが。

ぼくは、最近現役グランドスタッフの方や経験者の話を聞いていて思うことがあります。

それは、グランドスタッフは一生できる仕事じゃないということ。

理由については後程書きますが、それはぼく自身も現役の時に感じていたことですし、グランドスタッフ経験者や辞めたいと話してる方を見ていても感じることです。

ここから先は、グランドスタッフを辞めたいと思ってる方だけ読んでください。

グランドスタッフは一生できる仕事ではないと思う3つの理由

給料が低く、労働との対価が見合ってない

まずは金銭面の話。グランドスタッフにやりがいを感じてる人でも、給料に関しては不満に思う人は多いでしょう。

「あんなに大変な思いをして仕事してるのに…」と恐らくほとんどの人が感じているはずですし、大きな不満要素の一つかと思います。

「労働の対価に見合ってない」と愚痴をこぼす人も実際多いですし。友達の給料と比較して自分の給料の低さに驚きを隠せない人もいるんじゃないでしょうか。

お金は綺麗事抜きに言って誰にとっても大切。あなたが新卒1年目~入社3年目くらいなら、年収は240万~300万前後くらいのはずです。

新卒1年目の平均年収が約300万前後なので、明らかに低いのが分かりますよね。

ちなみにぼくも新卒で航空会社に入社した時、額面が16万弱で税金や会社の寮費など諸々引かれて手取りは11万円くらい。

下手したらアルバイトの方が稼げるっていう…。

貯金もそこまでできないし、ちょっと買い物する時もお金を気にしないといけない。これって結構ストレスです。

百歩譲って1年目や2年目の若手が低いのは分かりますが、その後頑張っても成果が見えにくいし、役職に就かない限り見返りが期待できるわけでもありません。

もちろん、お金が全てだとは思いません。とは言え、低いにも限度があるし、ぼくも転職して人材業界に身を置いてさまざまな業界や職種を見てきましたが、グランドスタッフはあまりにも低いという事実。

社会人になれば固定費や生活費以外にも交際費や冠婚葬祭など突発的な出費は避けられないし、人によっては奨学金や教育ローンなどの返済もあると思います。

そう考えると、グランドスタッフの給料からこれらを全て捻出するのは結構厳しい。

生活はできなくないし、たまの休みに旅行にも行けるでしょうが、いちいちお金のことを気にしながら生活しないといけないのはストレス、

あなたが「このままの生活は嫌…」と感じるようであれば、転職も視野に入れてみてください。

転職理由はお金が理由でも何ら問題ありませんので。実際、ぼくも辞めた理由の一つはお金です。

何より、ずっと年収が低いままだと転職する時に足元見られます。

そしてずっと年収低いままだと年収を上げにくくなります。それでもいいって人は構いませんが、今の仕事に見切りをつけてるのであれば、無理せず転職活動に踏み切りましょう。

動くなら少しでも早い方が良くて、できれば20代半ばまでにはキャリアチェンジした方がいいです。

体力的にいつまでもできる仕事ではない

次に体力的な話。あなたもご存知の通り、グランドスタッフって体力仕事じゃないですか。

シフト制の不規則勤務で朝早かったり、空港によっては深夜勤務もあって逆に夜遅かったり、重い荷物持ったり、空港を走り回ったり…など、かなり身体を酷使しますよね。

特に、荷物を持つ機会が多いので腰を悪くする方も多いと思います。

まだ20代や30代のような若いうちはできるかもしれませんが、年齢を重ねていったら体力的に厳しくて、いつまでもできるとは思えません。

もちろん、現場業務だけずっとやることはないと思いますが、異動する前に身体を壊したり、体力的にキツくて辞める人も多いのが現状です。そこまで持つかどうかという話。

また、それだけ酷使しても見返りが大きくないし、身体を壊すリスクを考えると(その上給料低い)、やってられないと思うのも無理もありません。

キツくても明確な目標があったり、一点の曇りなく仕事が楽しいと思えるなら良いですが、そうでないなら今後の自分のキャリアについて真剣に考えた方がいいと思います。

専門職だが将来性や需要は低くなる

最後に将来性や需要の話。個人的には、これが一生続けられない一番大きな理由だと思ってます。

グランドスタッフは、専門職ではあるもののエンジニアやWebマーケティングのように需要があるわけでも、あまり重宝される仕事ではありません。

新入社員の時にあんちょこまで作って必死に覚えた3レターや2レター、便名、端末操作などは、他の業界で活かしにくいんですよね。

これが同業他社や旅行業界などに転職する場合は別ですが、異業界に転職する時にキャリアにプラスになるかと言えば、残念ながらそこまで有利になることはありません。

また、グランドスタッフは今後需要が減る可能性が高いと思います。

もちろん、仕事自体がなくなることはないにしても、現場業務に関して言えば、確実にニーズは減ってくると思います。

今後は、イレギュラー業務やVIPを対応する人などに留まってくるんじゃないかと。

もうすでにオンラインでチェックインができたり、主要空港には自動チェックイン機がありますよね。

要は、人が介在しなくてもよくなってきてるわけです。

あらゆる世代の人がオンラインでチェックインをし、自動チェックイン機が全ての空港に普及すれば、わざわざ空港のカウンターに来てチェックインする必要はありません。

最近、巷では「AIや機械、ロボットに奪わる仕事」なんてものが話題になったりしてますよね。グランドスタッフもIT化が進めばもっと煩雑な業務すら人が介在しなくてもよくなるかもしれません。

いざ、転職するとなった時に20代であればまだ間に合いますが、30歳を超えた途端未経験で異業種・異職種の転職はハードルが高くなります。

将来のキャリアが見えなくなってきたと感じてる方は、まずは転職活動を始めてみてください。

少しでも違和感を感じるなら、早めに軌道修正しよう

グランドスタッフを一生続けるのは厳しいというのがぼくの本音です。

今回ぼくが書いた3つの理由は、実際にグランドスタッフを経験したことある方なら感じることでしょう。

どれか一つでも思い当たる節があり、「このままでいいのかな…」と思うようなら、早めに軌道修正しましょう。

時間は有限です。いつまでもあるわけではありません。

自分で変えられるものもありますが、それにも限界がありますし、今回ぼくが紹介した3つの理由については仕方ない部分もあります。

グランドスタッフという仕事に対して誇りがあり、今後も続けていきたいと思っているなら辞めなくても良いと思います。

でも、そうじゃないなら毎日時間を消費してるのと同じです。

あなたが少しでも「このままでは良くない」と思うなら、今この瞬間から動きましょう。

転職を考えている方は、転職のことに精通している転職エージェントに一度相談してみてください。あなたが理想とする働き方や仕事が見つかるはずです。

相談だけでも無料で利用できるので、安心してください。

マイナビジョブ20’s┃20代からの支持率No.1

マイナビジョブ20’sは、20代の転職支援に特化している転職エージェントです。

マイナビは20代から最も支持されている転職エージェントで、20代で初めて転職活動する方は登録するといいと思います。

求人数は僅かながらリクルートエージェントには劣りますが、それより丁寧なサポートを受けたい方はマイナビの方が合ってます。

ぼくも1社目を辞めた時にリクルートエージェントと併用でマイナビも利用してましたが、大手エージェントの中で一番懇切丁寧なキャリアサポートが受けられるという印象でした。

ちなみに、ぼくは1社目をわずか半年で辞めたほぼ新卒みたいな状態で利用していたのにも関わらず、見捨てず親身になって相談に乗ってもらい、精神的な面でもかなりサポートしてもらいました。

経歴が浅く、スキルに自信のない20代の方や丁寧なキャリアカウンセリングを受けたい方に、おすすめの転職エージェントです。

※サポート範囲は1都3県、関西、東海エリア在住の24歳~29歳までの方が対象です。

マイナビジョブ20’sのおすすめポイント

  • 20代・第二新卒の転職支援に強い
  • 求人数が多く、業界・職種に精通してるキャリアコンサルントに相談ができる
  • 定期的に転職セミナーを無料で開催してるので、転職ノウハウを得られる

\20代の支持率No.1/

 

マイナビジョブ20's

パソナキャリア┃利用満足度96%の大手転職エージェント

パソナキャリアは、リクルートやマイナビ同様に総合型転職エージェントの一つです。

ここは是非、20代の女性に利用をおすすめします。というのも、パソナキャリアが女性の活躍推進に力を入れていて、女性からの評判が高いからです(もちろん、男性も利用できるのでご心配なく)。

希望があれば、女性のキャリアコンサルタントに相談することも可能なので、遠慮なく申し出てみてください。

女性の方が事情を理解しているので、相談もしやすいと思います。

ぼくも以前、パソナキャリアを利用したことがあるのですが、パソナキャリアには全体的に落ち着いていて、ホスピタリティマインドが高いコンサルンタントが多いのが特徴です。

それもあってか、親身に相談に乗ってくれるのもありがたいですね。また、利用満足度は96%と高く、質の高さが数値に表れています。

パソナキャリアのおすすめポイント

  • 女性のキャリア支援に力を入れている
  • 懇切丁寧なキャリアカウンセリングに定評あり!利用満足度は96%!
  • 業界・業種を問わず、約6,000件の公開案件・約15,000件の非公開求人を保有

\利用満足度は96%/

 

パソナキャリア

type女性の転職エージェント┃年収アップ率は脅威の71%

type女性の転職エージェントは、キャリアデザインセンター社が運営している首都圏特化型の転職エージェントです。

リクルートエージェントやマイナビに続く規模のエージェントで、業界の中では中堅にあたります。

最大の特徴は、年収アップ率71%という驚異の転職支援実績を誇っていること。

そのため、転職して年収アップを考えている女性に特におすすめします。

ただ年収アップの転職ができるだけでなく、年間5000名以上のキャリアカウンセリングと年間数百名の転職実績があります。

女性の転職に関するさまざまなノウハウがあるので、働き方を変えたい方は一度相談してみる価値があると思います。

type女性の転職エージェントのおすすめポイント

  • 年収アップ率71%と他の転職エージェントより高い
  • 女性の立場に立ったキャリアカウンセリング
  • 関東圏の転職支援に強い

\年収アップ率71%/

 

リブズキャリア┃女性の転職支援に特化した貴重な転職エージェント

リブズキャリアは、渋谷にある2014年にできた女性の転職支援に特化した数少ない転職サービスです。

転職サービスは他にもたくさんありますが、女性のキャリア専門にやってる転職サービスは数少ないのでかなり貴重かと。

リブズキャリアは、全体的に女性の働き方に理解あるコンサルタントが多いのが特徴で、女性にとって頼りになる存在です。

また、リブズキャリアは転職エージェントだけでなく、転職サイトのアプリもあるので転職サイトのような形で利用もできます。

アプリに登録すると、企業からスカウトメールが来ます企業から書類選考なしの面接確約オファーが来ることもあり、面倒な書類選考を飛ばすことができます。

求人を見てみると、週3、4~や時短、リモートワークなど柔軟な働き方が多いが特徴。

働き方に制約がある、仕事もプライベートも両立したいと考えている女性には、特におすすめの転職エージェントです。

リブズキャリアのおすすめポイント

  • キャリアコンサルタントも女性が多いので、女性の働き方を理解してもらえる
  • 女性の働き方に理解ある企業が多い
  • 転職サイトに登録すれば、企業から面接確約メールが届く
\女性に特化した転職サービス/