>20代におすすめの転職サービスはこちら!

「学生時代に戻りたい」が口癖の社会人はどうすればこの先楽しめるかを考えよう

社会人の愚痴の上位に挙がってくるであろう「学生時代に戻りたい」。

あなたの周りにもこんな愚痴言ってる人がいるんじゃないでしょうか?

社会人1年目ならともかく、社会人になって何年も経ってるのにこの愚痴言ってる人は、少し危機感を持った方がいいと思います。

だって、これって言い換えると今がつまらない=自分の人生はつまらないと言ってるのと全く同じだからです。

そんな愚痴を言ったところで、当たり前ですが過去には戻れませんし、多分考え方や行動を変えない限り同じ愚痴をずっと言い続けるだけかと。

ぼくは、学生時代が人生で一番楽しかった時だったなんて絶対嫌です。

だって、それじゃあこの先の人生は下降していくってだけってことじゃないですか。そんな人生でいいのか?って話です。

今の自分があるのは過去の自分が選択した結果

ぼくも社会人になったばかりの頃は、口には出さずとも「学生時代に戻りたいな」と思うことがありました。

今振り返ると、本当にバカだったなって思います。でも、社会人になって数年経ったある時気づいたんですよね。

「今までの選択が今の自分を形成している」ってことに。つまり、今の人生や仕事が楽しくなくて、何かしら不満があると感じている人は、全部自分に原因があるわけです。

「会社がつまらない」、「学生は良いよな~」なんて愚痴言ってる時間があったら、これからどうすれば充実させることができるのか?ってことを考えるべきだし、その方が有意義です。

「学生時代に戻りたい」と言ったところで何も変わらない

あなたもお分かりだと思いますが、愚痴を言ってるだけでは何も変わりません。明日からいきなり楽しいことが始まるなんてことはありません。

本気でこれからの人生をもっと充実させたいと思うのであれば、まずはその愚痴をやめるのが第一歩です。

今よりももっと楽しもうと変える努力をしている人は、こんな愚痴は言ったりしません。

愚痴を言って嘆く前に、現状の何に不満があるのか考えて原因を探ってみてください。その原因が分かったら、あとは解決していくためにアクションを移していくだけです。

社会人でも人生を楽しめている人はいる

ぼくも学生の頃や社会人になったばかりの頃は、社会人になったら辛いことばかりで、学生時代が人生のピークだと本気で思っていました。

ですが、それは間違いだということに社会人4年目くらいから社外の人と交流するようになってから思うようになりました。

たとえ不満があるにしても、今を少しでも変えようとしてる人が多くいて、ただ愚痴を言ってるだけではありませんでした。

社会人でも仕事に熱中し、自分の好きなことをやり、人生を充実させている人はいます。

「類は友を呼ぶ」と言いますが、やっぱり楽しめている人の周りには前向きな人が、愚痴を言ってる人の周りには後ろ向きな人が集まります。

周りの人間関係を見渡して、ネガティブなことを言う集団の中にいるのなら、一度人間関係を見直すことをおすすめします。

人生を楽しむ上で、誰と付き合うかってとても大事なこと。

過去には戻れないんだから、それよりも今をいかに楽しめるかを充実させることを考えた方がよっぽど有意義じゃないでしょうか。

結局、人生を楽しくするのもつまらなくするのも自分次第です。

今以上に人生を楽しくするためにやる3つのこと

①社外の人脈を作る

社会人になったら社内の人間関係だけで、新しく友達はできないと思っていませんか?

ぼくも初めはそう考えていましたが、実際はそんなことありません。

例えば、以下のようなところで、自分が興味のあるイベントに参加してみるのも良いと思います。

  • 趣味や習い事を始めてみる
  • 読書会に参加する
  • peatixトリッピースなどのイベントに参加する
  • DMMのオンラインに入る

実際、ぼくも社会人3年目頃から社外の繋がりが少しずつできるようになりました。

社外の人には年代を超えた友達を作りやすいというメリットもがあり、同い年だけでなく、年下や年上で仲良くなった人が何人かできました。

ぼくの場合は旅が好きなので、旅好きな人が集まるイベントに参加したり、土日の午前中に読書会に参加などしました。

初めは新しい場所に飛び込むのは勇気がいるかもしれませんが、会社では出逢えないような人に出会えるのが面白いと思います。

そこで仲良くなった人と一緒にご飯に行ったり、時には仕事やキャリアの相談に乗ることもあったり、仕事では決して繋がることができない人脈ができたのは良かったと思うことです。

②転職する

もしあなたが今の会社や仕事がつまらないと感じているなら、転職するのも一つの手です。

安易な転職は良くないですが、いつまでも楽しいと感じない、やりがいを全く見出せないなら、ここは思い切って転職した方が精神衛生的にも良いかと思います。

愚痴を言いながら働く時間が何よりもったないですからね。

いきなり転職はちょっと…という方も、まずは転職活動を始めてみましょう。外の世界を見るだけでも気分転換になりますし、実際に動いて分かることや気付きががあるはずです。

ぼくも社会人になって3年目くらいまで「学生時代に戻りたい」とじていましたが、それは仕事が楽しいと感じられなかったことが原因でした。

でも、その後転職した会社では仕事にやりがいを感じ、それからは「学生時代に戻りたい」とは全く思わなくなりました。

転職を少しでも考えてるいるなら、以下の転職サイトや転職エージェントを参考にしてください。

関連記事:【20代向け】20代で2回転職して分かった“本当に”役立つ転職サイトと転職エージェント

 

③副業を始めてみる

最後は、副業を始めてみることです。今は個人で稼ぐハードルがかなり下がってきています。

例えば、以下のような副業がおすすめです。

  • 何かスキルに強みがある人はココナラで自分の得意なことを売る
  • A8.netなどのアフィリエイトを始める
  • メルカリでいらなくなった物を売る
  • 書くことが好きならクラウドワークスでWebライティングに挑戦する

ぼく自身、アフィリエイトとライティング、ココナラでキャリア相談などをしていますが、自分の好きなことでお金を稼げるのは、やらされがないので楽しいです。

いきなり大きく稼ごうと意気込むとすぐに挫折するので、まずはやってみるという初めの一歩を踏み出してみてください。

また、副業をやっていく過程で新しい人脈やスキルが付いたりするので、何か興味のある分野の副業にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。