今すぐ登録したい方へ

⇩当サイトから登録の多い転職サービスです

 

【1位】マイナビジョブ20’s《業界大手で20代から一番支持を得ている!》

【2位】ウズキャリ《20代・第二新卒・既卒の転職支援に強い!》

【3位】パソナキャリア《利用満足度96%!丁寧なキャリアカウンセリングが定評!》

 

>>20代・第二新卒向けのおすすめ転職サービスの記事はコチラ

 

「とりあえず3年は働け」って言葉、言われたことがある人やどこかで聞いたことある人も多いんじゃないでしょうか?

せっかく新卒で入った会社を3年以内で辞めるなんてもったいない。「石の上にも3年」って言葉の通り、まずは3年頑張るべきだと。

もちろん、ぼくも安易に辞めないで欲しいとは思いますが、その人の置かれてる状況や理由にもよるので、一概に3年以内に辞めることがダメとは思いません。

それにもう一つ言っておくと、とりあえず3年働いても意味はないです。

ただ年数だけ働いたところで、合わない会社で無理して働いて身体を壊したら本末転倒だし、成果出せないなら会社にとっても迷惑極まりないですからね。

この「3年働け」の意味って、その会社でルールや社会人として最低限身に付けるべきマナーみたいなものを指しているだけの話です。

そもそも、「とりあえずって何?」って感じじゃないですか。もちろん、安易に会社を辞めるのはおすすめしませんよ。

でも、「石の上にも3年」って言葉に苦しめられる人も少なからずいると思うんですよね。

3年働けないからって人生は詰まないし、転職だって普通にできる

3年働けないと、そんな自分のことを責めたくなったり、「もう終わりだ…」と思う人もいるかもしれません。

でも、そんなことは全くありません。3年働けなくても人生は詰みませんし、転職も普通にできるので安心してください。

ぼくも新卒で入った会社を半年で辞めたので、ネガティブに考えてしまう気持ちは痛いほど分かります。

でも、あなたが思ってる以上に今は3年以内に転職してる人は増えています。

仕事に関しても、今は第二新卒向けの求人や転職エージェント増えてきてるので、そこまで心配する必要はありません。

経歴だけ見たら不利に見えるかもしれませんが、若さはかなり武器です。むしろ合わないと思うなら、早めに軌道修正した方がいいと思ってます。

もちろん、安易に辞めるのはダメですが、何が何でも無理してでも3年働かないといけないかと言えば、そんなことはありません。

仕事を辞めようかどうか悩んでる方は、まずは転職活動を始めてみて辞めるかどうか判断しても遅くはありません。

特に、ぼくらの親世代以上の年齢が高い方は「とにかく3年働け」って言う方が多いですよね。

これは世代における考え方や価値観の違いだと思いますが、この言葉を鵜呑みにするのはちょっと危険です。

例えば、以下に該当する方に「とにかく3年働け」とはぼくなら言えません。

  • 身体を壊した、または壊しそう
  • パワハラやセクハラなどのハラスメントが横行してる
  • 会社のビジネスが人を騙してる、バカにしてる
  • 他にやりたいことが明確にでき、それが今の会社では叶えられそうにない
  • 仕事や環境、社風が明らかに合ってない

など。

3年働くかどうかは、その人の状況によっても変わってきますので、妄信する必要はありません。

身体を壊したら元も子もない

日本人は良くも悪くも真面目だから、頑張って限界まで働く人が多いんですよね。

「石の上にも3年」という言葉を信じて、身体を壊したり、鬱になってからじゃ遅いです。

先日、ニュースやメディアでも話題になった電通の事件だってそうですが、あそこまで極限状態にいくと転職活動する気力や思考停止して、会社を辞めるという考えすらなくなってしまいます。

世間にはニュースになってないだけで、電通みたいに過酷な労働環境下で働いている人もいるはずです。

身体を壊す前に勇気を持って逃げて欲しいですし、そもそも頑張る方向が間違ってます。

自分の力が発揮できる環境で働く方が、活き活きと人間らしく働けるのは間違いありません。

20代なら一度や二度の失敗は気にしなくても大丈夫

それでもまだ会社を辞めるのが不安だと感じてる人もいると思います。でも、若いうちなら軌道修正はいくらでもできます。

過酷な労働環境下で働いている人だけでなく、途中でやりたいことが変わったという方もいるでしょう。

また、現職の不満や課題がどうしても改善の見込みが難しそうなら、たとえ3年経ってなくても転職に踏み切ってもいいと思います。

3年以内に辞めようとすると、周りから「もったいない」とか「大丈夫なのか?」と言われたりします。

中には、本気で心配して忠告してるくれる人もいるとは思うので、それを無視しろとは言いませんが、その人が責任を取ってくれるわけではありません。

最終的にどうするか決めるの自分です。

たいてい3年以内に辞めて転職することに否定的な人は、自分自身が一度も転職を経験してないことが多いです。

転職した人にも話を聞いてみてください。頭ごなしに否定することはないと思いますし、違った話が聞けるはずです。

働く期間より「自分がどうしたいのか?」が大切

ぼくは、「石の上にも3年」という言葉を信じて突き進むよりも、「自分がどうしたいのか?」を考える方が大切だと思っています。

それを考えた上で、今の会社や仕事がどうしても合わないのであれば、辞めるのも選択肢の一つです。

世の中には何万もの会社があるわけなので、今いる会社で働くだけが全てではありません。

そして、3年経たずして辞めることは別に悪いことでもありません。

ぼくも最初の会社は半年で辞めて、その後もう一度転職し、20代で2回転職を経験しています。でも、今は前よりも楽しく働いています。

会社を辞めることが正解とは言いませんが、辞めても問題はないということ、転職というカードをあるんだということを知ってもらえると嬉しいです。

 

▼会社が合わないのに無理する必要はありません

関連記事:新卒1年目で会社を辞めたいと思っている人へ。合わない会社で働くくらいなら転職してもいい

 

投稿者: わた

新卒で航空会社のグランドスタッフを経験、今は人材系のベンチャー企業で営業の傍ら個人でメディア運営をするパラレルワーカー。20代で2度の転職と人材ビジネスの経験を活かし、20代のキャリアについてメインに発信。好きなことは一人旅とテニス、読書、グルメ巡り。2019年8月から世界一周と留学をします。