新卒1年目で会社を辞めたいと思っている人へ。合わない会社で働くくらいなら転職してもいい

f:id:wata0118:20171203221939j:plain

「もう会社辞めたい」。まだ入社して1年経ってないけど、会社の洗礼を受けてすでに辞めたいと思ってる人もいるかもしれません。

そう思う理由はさまざまだと思いますが、

  • 仕事が想像以上にキツく、身体が悲鳴を上げてる
  • 社風や環境、仕事内容がどうにも合わない
  • 今の会社で頑張っても将来が見えないと思ってきた

恐らく、こんな理由じゃないでしょうか。

実は、ぼくも新卒で入った会社をたった半年で辞めました。ぼくの場合は、環境は良かったのですが、仕事が合わなかったんですよね。

会社を辞めるというのは、人生でも大きな決断です。だから、あまり簡単に辞めて欲しくはないのですが、人によっては辞めた方がいい場合もあります。

詳しくは、後ほど書いていきます。

中には新卒1年目で辞めることに対してネガティブなことを言う人もいますが、それは理由を分かって言ってない場合もあるので、鵜呑みにする必要はありません。

ぼくは「辞めるな」なんて言わないし、ぼく自身わずか半年たらずで辞めてる身なので、そんなことを言う資格もありません。

転職自体は悪いことでもないし、合わない会社で働くのは時間の無駄なので、もう辛くて会社を辞めたいと思ってる人は、転職も視野に入れましょう。

この先を読み進め、自分の方向性を決めるための参考にしてもらえると嬉しいです。

新卒1年目で辞めても転職できるから大丈夫

新卒1年目ではたいしてアピールできることもなく、転職なんて本当にできるのかと疑心暗鬼な人もいらっしゃるかもしれません。そう思うのが普通です。

でも、今は第二新卒に特化した転職サービスもあり、第二新卒層を採用したい企業も増えてきているので、その心配は無用です。

もちろん、経歴が1年より3年の方が良いのは、言うまでもありません。だからと言って、合わない会社で無理するのは違います。

新卒1年目でも辞めるかどうかは、その人の置かれている状況によります。

特に、下記のような人は転職を考えてみてください。

  • 明らかにブラックな環境で働いている(ハラスメントの横行、休みが取れないなど)
  • 身体を壊した、または壊しそう
  • あらゆる手段を試したが、それでも仕事が合わない、適性がないと感じている
  • 社風や環境が合わなくて会社に行くのがかなりしんどい(出勤前に動悸や吐き気がする、自然と涙が出るなど)

ちなみにぼくが上記の状況に置かれているなら、さっさと逃げて別の会社に行きます。

そんなに無理して頑張ったところで、生産性は上がらないし、貴重な20代の時間を使うのが無駄だから。時間は無限にあるわけではなく、有限です。

あなたが感じている心配は理解できますが、たとえ新卒1年未満でも転職できるのでご心配なく。

冒頭でも書きましたが、ぼくは新卒で入った会社をわずか半年で辞めて転職してますし、ぼくの周りにも1年未満で辞めて転職してる人が何人かいます。

そして、意外に短期で辞めても大手やメガベンチャーのような企業にも転職できます。

合わない会社で働くのは辛いものです。これ以上働くのが辛いようであれば、逃げてください。

身体を壊し、働けなくなる方が問題です。命より大切なものはありません。

周りの批判の声や引き留めは一切気にしなくていい

世間では、「石の上にも三年」ということわざがあるからか、「3年は最低でも働け」とか言う人がいます。

でも、ぼくはこの意見に全面的に賛同できません。

冒頭でも書いたように、その人が置かれている状況によるからです。

状況も分からず、「3年働け」なんて適当なことは言えません。ぼくが相談されたらその人の状況をよくヒアリングした上で、お話をします。

周りで批判する人は、自分が同じ状況でないから辛さが分からないから言えるんですよね。当事者じゃないから辛さが分かるわけがありません。

また、恐らくあなたが会社を辞めようとしてることを親や会社に話すと、周囲の人間が必ず止めに入ってくるはずです。

ですが、その人たちが責任を取ってくれるわけではありません。

会社側すると、早く辞められると採用コストをかけて採用した手前、辞められると困るんですよね。

リクルートやマイナビの大手ナビの掲載費は、安くて数十万〜100万以上かかったりします。辞められて中途で新しく採用することになれば、また採用コストも手間もかかるから避けたいところ。

中には本当にあなたを考えて忠告してくる人もいるかもしれませんが、建前もあるってことは頭の片隅に入れておいてください。

自分の人生なんだから、周りが何て言おうが、最終的にどうするか決断するのは自分です。

あと、これを一番覚えておいて欲しいのですが、「会社を辞める」って話をして、辞めなかったらその後働き辛くなります。

退職の意向を話すというのは、それだけ大きなことだということです。

会社を辞めたくらいで人生は詰まない。20代の失敗ならいくらでもやり直せる

ぼく自身、1社目を辞めた時はもう人生詰んだかなって正直思いました。

転職した会社でも、3年近く働きましたが、最後は環境が合わなくて辞めました。

そういう意味で言うと、ぼくは2回失敗してます。

でも、この失敗は無駄ではありませんでした。合わない環境や仕事、何にストレスを感じるかを、身をもって知ることができたからです。

今の会社に入社したことが失敗したと感じている人は、何が合わないか分かったのではないでしょうか。

ぼくは、新卒で自分に合った会社に入れる人はものすごく恵まれていると思ってます。就活で自分に合った会社に入れる確率は、おみくじみたいなものです。それだけ低いってこと。

中には不本意な形で就活を終えている人もいると思うので、今回の失敗を糧にして次の会社で頑張ればいいだけの話です。

20代での1回や2回くらいの失敗なんて長い目で見たらどうってことありません。

もちろん、会社を辞めるというのは新卒1年目に限らず、良くも悪くも人生のターニングポイントにもなるので、慎重に判断して欲しいと思ってます。

だから、会社を辞めるくらいで人生詰むなんて決して思わないでください。たかが仕事なんですから。

転職を少しでも考えているなら、転職エージェントに相談しよう!

もう転職を考えているようであれば、まずは転職エージェントに相談に行きましょう。

転職を考えている人は、もう失敗したくないという気持ちが強いかと思います。ぼくもそうだったのでめちゃくちゃ気持ちは分かります。

転職エージェントなら、書類の添削や面接対策、転職活動を上手く進めるためのノウハウを伝授するセミナーなどもやっています。

また、自分で企業を探して応募するのは手間もかかるし、自分に合った会社も中々分かにくいんですよね。これがとても骨の折れる作業だったりします。

ですが、転職エージェントは面倒な求人探しも代行してくれて、企業の紹介から内定後までサポートしてくれるとても頼もしい存在です。

効率的に且つ転職の成功確度を高めたいと思うのなら、迷わず転職エージェントを利用しましょう。

ぼくは、1社目を辞めた後、大手転職エージェントのリクルートエージェント マイナビジョブ20’s 、第二新卒に特化したウズキャリ第二新卒などを利用してました。

以下の記事でぼくが実際に利用した転職エージェントを紹介しているので、参考にしてください。

 

転職を迷ってる場合はどうすればいいのか

まだ転職するかどうか迷ってる人もいるかもしれません。そんな人も転職エージェントに相談に行くことをおすすめします。

転職エージェントは、完全無料で利用できるし、相談ベースで利用できます。ぼくも相談ベースで利用していたことがありました。

また、相談に行ったからって、絶対に転職しなくちゃいけないわけではありません。

まず、自分の状況を客観視し、その課題は本当に転職でないと解決できないのかを知ることが大切です。

今、自分が抱えている悩みや課題は、本当に転職しないといけないのかキャリアコンサルタントに話すだけでもすっきりします。

仮に今転職しないという決断に至ったとしても、その後もキャリアコンサルタントと良好な関係を築いていれば、いざとなった時に力を貸してくれるはずです。

一人で悩んでいても良い方向に向かわないので、是非転職エージェントを上手く活用してください。

 

▼20代におすすめの転職エージェントとダイレクトリクルーティングサービスです

関連記事:転職エージェントと合わせて利用をおすすめするダイレクトリクルーティングサービス5選