「人生でやりたくないことリスト30」を作ってみたら、何が嫌なのか明確になった

※2018年8月12日更新

こんにちは、わたです。

前回、「人生で死ぬまでにやりたいことリスト100」という記事を書きました。

このリストを作ることにより、「自分が人生で何をしたいのか?」、「何を大切に生きたいのか?」などが見えてきました。

あなたがまだ人生でやりたいことリストを作ったことがないなら、面倒臭がらずに作ってみることをおすすめします。

で、今回は「やりたいことリスト」ではなく、「やりたくないことリスト」を書いてみました。

やりたいことを考えてみたけど、やりたいことが100個も思い浮かばないという人は、先にこっちのやりたくないことリストを書くのもありです。

むしろ、やりたくないことの方が思い浮かぶかもしれません。笑

「やりたくないリスト」を作ろうと思ったきっかけ

ぼくが「やりたくないことリスト」を作ろうと思ったきっかけは、神田昌典さんというマーケッターの『非常識な成功法則』【新装版】 という本を読んだことです。

この本に「やりたくないことリスト」を作成する重要性が理由が書かれています。神田さんは、「実は、やりたいことの中にやりたくないことが含まれていることがある」と言ってます。

詳しくは本を読んでいただきたいのですが、やりたいこととやりたくないことが混在しないためにも、やりたくないことも考える必要があることがこの本を読むと分かります。

やりたくないことリスト」を作るメリット

「やりたくないことリスト」を作るメリットは、自分の人生が望んでない方向に進まないよう未然に防げることです。

意識してないと、気付かないうちにやりたくないことをやろうとしてる道に進んでしまう可能性があります。

でも、やりたくないことリストを書くことで、軌道修正ができます。

それでは、ぼくのやりたくないことリストを紹介します。

人生でやりたくないことリスト30

1.口癖がネガティブな人と付き合うこと
2.添加物の多い食事を採ること
3.満員電車通勤
4.スーツを着る仕事(ただし、今すぐでなくてもいい)
5.苦手な仕事をすること
6.嫌いな人と仕事をすること
7.気乗りしない飲み会や集まりに参加すること
8.住宅ローンを組むこと
9.縛られる生活を送ること
10.働き方の柔軟性のない会社で働くこと
11.お金に困った生活をすること
12.人に媚びを売ってまでお金をもらうこと
13.下請け
14.ソルジャー営業
15.イケイケドンドン系な会社で働くこと
16.病院にすぐ頼ること
17.何でも悪い方向に考えること
18.嫌なことは嫌と言えない生き方
19.精神的にも肉体的にも余裕のない生活
20.時間の浪費
21.誰でもできる単純労働
22.飛び込み営業
23.人を蹴落としてまで上に上がること
24.嫌なお客様と取引すること
25.締め切りに追われ続ける仕事
26.乱暴な人との付き合い
27.堅い会社で働くこと
28.無駄な残業
29.緻密さが求められる仕事
30.睡眠時間を削ってまで疲弊する仕事

やりたくないことリストを作ると、自分が望まない生き方が明確になる

やりたくないことたくさんを書いてると、自分が望んでない生き方や次第に明確になってきます。

当たり前ですが、やりたくないことは嫌だと感じることだと思うので、やりたくないことをやってる時はストレスが溜まるはずです。

だから、やりたいことだけでなく、やりたくないことも考えてみてください。

やりたいことを考えるのも大切ですが、それと同じくらいやりたくないことを考えるのも大切です。

ぼくは、「やりたくないことリスト」も「やりたいことリスト」と同じく、手帳の裏に書いてたまに見直しています。

あなたも時間がある時に、是非「やりたくないことリスト」リストと合わせて書いてみてくださいね。

 

▼「やりたいことリスト」も作ってみよう!

関連記事:「人生で死ぬまでにやりたいことリスト100」を作ってみたら、気付いたら実現していた