「どうしても今日は会社を休みたい…」当日会社を休む時に使える言い訳5選 

「今日は会社休みたいな…」

誰にでも会社を休みたいって思うことってありますよね?ぼくは何回もありました。笑

会社を休みたいと思う理由はさまざまだと思いますが、「何となく気分が乗らない」、「仕事でミスをして凹んだ」、「気分が憂鬱」など、大体こんな感じでしょう。

「会社を休むと周りに迷惑がかかる」、「社会人としてどうなんだ」というのはごもっともな意見ですが、そんなことは分かっていても、休みたくなる時ってあると思うんですよね。

もちろん、こんなことしない方が良いに決まってますが、会社を休むことで少しでも身体や気持ちが休まるなら無駄にはならないはずです。

仮病を使ってまで休みたいってことは、身体が何かしらのサインを発してるので、それを無視してはいけまけん。

ぼくも今まで何度か仮病を使って会社を休んだことがありました。

そこで今回は、どうしても今日は休みたいと感じた時に使えそうな言い訳を真剣に考えてみました。

一日で治らない病気は言い訳に適してない

会社を休む時の言い訳の話をする前に一つ注意点があります。

それは、同じ体調不良によるものでも一日で治らないものは言い訳として適していないということです。

例えば、風邪や腰痛とか。

こういった言い訳だど、翌日出勤した時に演技が必要だし、バレるかもしれないからです。

まあ、そこまで勘繰る人がいるのかって話ですが笑、マスクしたり面倒だと思うので、なるべく一日で復活できそうな理由がいいんじゃないかと思います。

会社を休みたい時に使える言い訳5選

倦怠感

だるさがひどくて、倦怠感があるっていうのは使えますね。「激しい倦怠感があって立ってるのも辛い…」と、少しオーバーに言うくらいがちょうどいいと思います。

ぼくもこれを言い訳に休んだことが何回かあります。笑

さすがにこれを言って、「良くなったら会社へ来い」とは言われないと思います。(もし言われたら早く辞めてください…)

頭痛

頭痛も使える言い訳です。

「 昨夜から頭痛がひどく、朝になってもまだ治まらない」と言えばいいでしょう。

頭痛は症状が外から分からないので、こっちが頭痛ひどいアピールをすれば、問題なく休めるはずです。

出社後も演技は必要ないし、慢性的な頭痛でなければ普通は一日で完治するものなので、怪しまれません。

腹痛

これはただ単に腹痛だからって言うだけだと、「腹痛くらいなら痛みが治まったら出勤しろ」とも言われかねません。

だから、「歩くのも辛い」、「腹痛に加えて下痢も酷いので今日は一日に安静にして休む」と言った方が説得力が増すと思います。

頭痛と同じく、他人からは分かりにくいのでこの理由も使えると思います。

吐き気

「吐き気がしてものすごく気持ち悪い」と言えば、普通それ以上何も言われないと思います。

実際、ぼくもこれは何度か使いました。

最近はノロウイルスなどの感染症も流行っています。吐き気の場合、感染症の疑いもあるので、むしろ会社に来られても困るはずです。

ただ、会社によっては診断書が必要なところもあるので、事前にルールは確認しておいた方が無難です。

子供が体調崩した

子供がいる人限定になってしまいますが、これ実際に結構いました。笑

本当か嘘かは分かりませんが、仮病の言い訳としては使えると思います。特に子供が小さいうちは誰も怪しんだりしません。

小さい子って本当によく体調崩すので。いちいち会社の人も確認しないので、この理由も使ってもいいと思います。

半年に一回くらい有給使っても罰は当たらない

この記事を読んでる人の中には、有給が全然使えないとか使いづらい会社に勤めてる人もいるかもしれません。

そんな人は、どうしても休みたいという状況でなくても、半年に1回くらい会社を休んでも罰は当たらないと思います。

日本の有給消化率が世界的に見て悪いのは有名ですが、有給は2年以上経つと消滅してしまいます。

なるべくそれまでに何か理由をつけてでも取っておきたいものです。

ぼくは体調不良で会社を休むことがほぼなく、有給を使う機会がありませんでした。ちゃんと使ったのは法事と会社を辞めた時くらい。

このままだと有給が消滅してしまうと思い、ぼくの場合、意図的に4ヶ月に1回くらいのペースで仮病を使って休んでました。

真面目な人ほど休んだら周りに迷惑がかかると思うでしょうが、もちろん迷惑はかかります。

でも、一日くらいいないからって案外どうってことないものです。いないならいないなりに周囲と助け合って回ります。

仕事休んだ人がいても、何とかなってませんか?少なくとも本当に苦しい人は、時には仮病を使ってでも休んだ方がいいと思います。

「会社を休みたい」と思うことが多い人は要注意

会社を休みたいと思うことがたまにならまだ良いんですが、そう思うことが多い人は、ちょっと気を付けた方が良いです。それは、今の会社と何かしら歯車が合ってないサインだと思います。

このケースの場合、一度会社を休んだくらいでは解決が難しいと思うので、社内で信頼できる人に相談するなり、それも難しいなら転職して環境を変えるというのも選択肢に入れてください。

それ以上無理して身体を壊せば、何もできなくなるかもしれませんしね。

辞めたい気持ちが強いなら真剣に転職を検討した方がいい

そもそもですが、常に辞めたいと思っているなら、真剣に転職を検討した方がいいと思います。

精神衛生的にも良くないですし、何より時間がもったないです。

「会社が嫌だとか、辞めたいと気持ちが強くて仕事に行くのが辛い」。毎日こういう風に思うならば、一度転職活動することをおすすめします。

実際に外の世界を見ることでリフレッシュもできますし、ぼくも辛くて仕方ない時に転職活動してました。

最後におすすめの転職サービスを紹介するので、参考にしてください。

リクルートエージェント┃求人数・内定決定率No.1

業界最大手リクルートの転職エージェント。

リクルートエージェント

先程上で紹介したリクナビNEXTは転職サイトですが、リクルートエージェントは転職エージェントです。

業界最大手ということもあり、求人数が多いのが特徴の一つです。非公開求人数は10万件にも及びます。

ぼくも1社目と2社目を辞めた時に利用してましたが、圧倒的な求人数だったのを覚えています。

初めて転職活動される方はリクルートエージェントに登録することをおすすめします。

リクルートエージェント経由で転職先を決めるというより、転職活動の全体的なスケジュール感や転職ノウハウ、市況感を掴むために使うのが、個人的におすすめの使い方です。

転職活動は就活とは違うので、まずは今後の動き方や市況感を理解するところから始めてみてください。

初めて転職活動する方や漠然とキャリアに悩んでいて相談したい方は、転職サイトのリクナビNEXTと合わせてリクルートエージェントも活用しましょう。

こんな人におすすめ

  • 初めて転職活動する全ての方
  • 転職するかまだ迷っていて、キャリア相談からしたい方
  • 大手からベンチャー、業界・業種問わず幅広く見たい方
\業界最大手!求人数No.1/

 

リクルートエージェント

パソナキャリア┃利用満足度96%の大手転職エージェント

パソナキャリアは、リクルートやマイナビ同様に総合型転職エージェントの一つです。

ここは是非、20代の女性に利用をおすすめします。というのも、パソナキャリアが女性の活躍推進に力を入れていて、女性からの評判が高いからです(もちろん、男性も利用できるのでご心配なく)。

希望があれば、女性のキャリアコンサルタントに相談することも可能なので、遠慮なく申し出てみてください。

女性の方が事情を理解しているので、相談もしやすいと思います。

ぼくも以前、パソナキャリアを利用したことがあるのですが、パソナキャリアには全体的に落ち着いていて、ホスピタリティマインドが高いコンサルンタントが多いのが特徴です。

それもあってか、親身に相談に乗ってくれるのもありがたいですね。また、利用満足度は96%と高く、質の高さが数値に表れています。

パソナキャリアのおすすめポイント

  • 女性のキャリア支援に力を入れている
  • 懇切丁寧なキャリアカウンセリングに定評あり!利用満足度は96%!
  • 業界・業種を問わず、約6,000件の公開案件・約15,000件の非公開求人を保有

\利用満足度は96%/

パソナキャリア

マイナビジョブ20’s┃20代からの支持率No.1

マイナビジョブ20’sは、20代の転職支援に特化している転職エージェントです。

マイナビは20代から最も支持されている転職エージェントで、20代で初めて転職活動する方は登録するといいと思います。

求人数は僅かながらリクルートエージェントには劣りますが、それより丁寧なサポートを受けたい方はマイナビの方が合ってます。

ぼくも1社目を辞めた時にリクルートエージェントと併用でマイナビも利用してましたが、大手エージェントの中で一番懇切丁寧なキャリアサポートが受けられるという印象でした。

ちなみに、ぼくは1社目をわずか半年で辞めたほぼ新卒みたいな状態で利用していたのにも関わらず、見捨てず親身になって相談に乗ってもらい、精神的な面でもかなりサポートしてもらいました。

経歴が浅く、スキルに自信のない20代の方や丁寧なキャリアカウンセリングを受けたい方に、おすすめの転職エージェントです。

※サポート範囲は1都3県、関西、東海エリア在住の24歳~29歳までの方が対象です。

マイナビジョブ20’sのおすすめポイント

  • 20代・第二新卒の転職支援に強い
  • 求人数が多く、業界・職種に精通してるキャリアコンサルントに相談ができる
  • 定期的に転職セミナーを無料で開催してるので、転職ノウハウを得られる

\20代の支持率No.1/

 

マイナビジョブ20's

type女性の転職エージェント┃年収アップ率は脅威の71%

type女性の転職エージェントは、キャリアデザインセンター社が運営している首都圏特化型の転職エージェントです。

リクルートエージェントやマイナビに続く規模のエージェントで、業界の中では中堅にあたります。

最大の特徴は、年収アップ率71%という驚異の転職支援実績を誇っていること。

そのため、転職して年収アップを考えている女性に特におすすめします。

ただ年収アップの転職ができるだけでなく、年間5000名以上のキャリアカウンセリングと年間数百名の転職実績があります。

女性の転職に関するさまざまなノウハウがあるので、働き方を変えたい方は一度相談してみる価値があると思います。

※サポート範囲は1都3県在住の方が対象です。

type女性の転職エージェントのおすすめポイント

  • 年収アップ率71%と他の転職エージェントより高い
  • 女性に人気の事務系の職種(総務、庶務、経理事務、人事アシスタント、営業事務)が豊富
  • 未経験で応募可能な求人が多い

\年収アップ率71%/