会社を辞めたい人におすすめの気晴らし法5選 

こんにちは、キャリアブロガーのわたです。

あなたは会社を辞めたいと思ったことはありませんか?恐らく、誰もが一度はあるんじゃないかと思います。

ぼくも何回か会社を辞めたいと思ったことがあります。

Googleで「会社 や」と入力すると、一番先に出てくる言葉が「辞めたい」だから相当いるんでしょう。

「辞めたいなら辞めればいい」と言葉で言うのは簡単ですが、中には今すぐは辞められないって人もいるかと思います。

そこで今回は、会社を辞めたい時にぼくも実際に実践したことのある気晴らし法を紹介します。自分の合ったものを取り入れてみてください。

会社を辞めたい人におすすめの気晴らし法5選

1、会社を休む

いきなり何言ってるんだって思う人もいるかもしれませんが、ぼくはこれ結構真面目に言ってます。

本当に追い込まれて、心身共に疲弊してる状況なら最悪仮病使ってでも休んだ方がいいと本気で思っています。

ぼくはこれ、何度かやったことあります。本当に辛い時は一時的に逃げるのもアリです。

知っている人もいると思いますが、日本は有給消化率が先進国の中で韓国に次ぐワースト2位なんですよね。

普段有給がほとんど取れず、会社を休むのは何度もできるものではないんですが、季節毎か半年に1回くらい休んでも鉢当たりません。

開き直って、たまに使うくらいの強かさがあってもいいんじゃないでしょうか。

日本人は、良くも悪くも真面目な性格なので、これはマズイと思ったら一時的に逃げましょう。

ストレス過多で、無理して身体を壊してしまう方が問題です。働けなくなる可能性すらあります。自分の身体の違和感を大切にしてください。

2、打撃系スポーツをする

スポーツの中でも打撃系スポーツが特に良いんですよね。テニスやバドミントン、フットサルあたりがおすすめですね。

ぼくも土日に2時間〜4時間くらいテニスをしているんですが、適度な運動はストレス解消に良いです。また、運動不足解消にもなって一石二鳥です。

あ、あとむかつく人を思い浮かべてモグラ叩きも良いかもしれないですねw

ただ、運動は調子に乗ってやり過ぎると逆に疲れてしまうし、下手したら健康を害します。特に、久しぶりに運動する人はやり過ぎには気を付けましょう。

3、瞑想やヨガをする

女性の間でもヨガや瞑想が流行ってますね。公園でやっている人を見かけたりすので、それくらい流行ってるんだと思います。ぼくはまだヨガは経験はないのですが、瞑想はたまにやります。

また、最近では、欧米のIT企業を中心に取り入れられているようで、徐々に広まってきているようです。

瞑想やヨガのメリットは、精神を落ち着かせることができることです。

瞑想であれば夜に10~15分くらい時間を取ればできるので、少し時間を取ってやってみることをおすすめします。

4、何が嫌なのか紙に書いて整理する

実際に紙に書いて可視化すると、頭の中が整理されてスッキリします。ぼくも辞めたい理由や嫌なことを書きまくってました。笑

ただ愚痴や不満を言ってるだけでは、解決されません。紙に書くのが良いのは、科学的にも証明されているんです。

そして、この時に「じゃあ、どうすれば改善できるか?」も合わせて考えるともっと良いです。

これをやることで、自分がどういう時に腹が立つのかが分かるので、対処法も見えてくると思います。

いつも頭の中がゴチャゴチャしていて、収拾がつかない人はおすすめです。

5、転職活動をする

転職活動は、市場価値を知るためにも良いんですが、気晴らしの意味でも実はおすすめなんです。ここで本当に転職する必要はありません。

まずは、転職サイトに登録してみる、転職エージェントに行って話を聞きに行ってみる、こんなちょっとした行動で良いです。

ぼく自身も、めちゃくちゃ辞めたいという気持ちが強かった時は、転職エージェントに行ってました。

転職エージェントにキャリアコンサルタントと話をすることで、自分の今置かれてる状況が客観的に見えるんですよね。これは良くも悪くもです。

転職活動をするだけでは根本的な解決にはなりませんが、実際に動いてみることで、分かることや気付くことがあります。

案外自分の悩みは大したことがなかったり、自分にも問題があった、逆に、今の会社はやっぱり自分には合ってなかったなど。

何より、世の中に自分を拾ってくれる会社の存在を知れれば、それは心の支えになります。たとえ今の会社で嫌なことがあっても、強気でいられます。

そのため、辞めたい気持ちが強い時には、転職エージェントを利用するのはおすすめです。無料で誰でも利用できるので、自分を客観視する意味でもやる価値はあります。

下記にぼくが実際に利用した転職エージェントを紹介してるので、参考にしてみてください。

関連記事:現役人材営業マンおすすめの20代・第二新卒向け転職エージェント5選

もうしんどくて今にでも逃げ出したい人へ

ぼくが今すぐ辞めたいと考えている人におすすめしたいのが、千田琢哉さんの『仕事で「もうダメだ!」と思ったら最後に読む本』といです。

55の気張らし法が書かれていますので、全てやろうとするんじゃなくて、一つでもいいのでできそうなところから試してみるといいと思います。

そして、会社辞めたいと思った時に読むようにしましょう。

ぼくも辞めたいと思うことが何回かあったんですが、その度にこの本を読んで助けられましたwおかげですぐ辞めずに済みました。