転職エージェントや企業からのスカウトメールをもらいやすくする5つのコツ

f:id:wata0118:20170625151554j:plain

こんにちは、わたです。

転職を考えていて、転職サイトやダイレクトリクルーティングサービスに登録したのに全然転職エージェントや企業からスカウト来ない。「何だ、使えないな…」と嘆いている人もいるんじゃないでしょうか?

まあ、正直経歴に魅力がない人は、厳しいことを言うと今のままじゃ転職は難しいっていう意味なんですが…今回話をするのはそうでない人の場合。

実は、ちょっとした工夫をするだけでスカウトメールが来やすくなるんですよね。みんな上手く使えてないだけ。

スカウトメールが来ない理由は色々ありますが、これから話をするいずれかに該当してる可能性があります。

どうすればスカウトメールが来やすくなるのか、コツを紹介するので参考にしてくださいね。

スカウトメールが来やすくなる5つのコツ

1、定期的にログインする

そう、たったこれだけです。定期的にログインしてると、転職エージェントや企業にアクティブユーザーだと認識され、彼らの目に留まりやすくなります。

内容は充実してるのに全然スカウトメールが来ない方は、ログインを全然してなかったり、一週間に数回程度しかログインしてない可能性があります。

登録し初めの頃は、人によってはしつこいって思う程スカウトメールが来るかもしれませんが、それもしばらく経てば落ち着きます。

定期的にログインすることで、スカウトメールが来やすくなりますので、是非試してみてください。

2、プロフィールをしっかり書く

これは、履歴書と職務経歴書のことではなく、転職サイト上のプロフィールのことです。

ここを軽視している人もいて、中にはもったないことをしている人もいます。空欄などがないように漏れなく書くようにしましょう。

基本中の基本なんですが、これができてない人って割といるのでバカにできません。

プロフィールを書いてないよく分からない人にスカウトメールを送りたいという気持ちには普通なりませんから。

この機会にプロフィールがしっかり書いてあるかどうか、もう一度チェックしてみてください。

3、職務経歴書を充実させる

定期的にログインしていれば、スカウトメールが来やすくなるのは事実ですが、それだけでは不十分です。

職務経歴書が薄い内容だと、スカウトメールはあまり来ません。

スカウトメールを送る側の気持ちになってみれば分かると思います。

職務経歴書をしっかり書いてる人と書いてない人、どちらに興味を持つかなんて言うまでもありませんよね。

しっかり書いてない人は、転職意欲が低いのかな?って思われてます。経歴は悪くないのに、ここをないがしろにしてチャンスを逃すのはもったいない!

定期的にログインしているのにスカウトメールが思ったより来ないようであれば、一度自分が書いた職務経歴書を見直してみてください。

そんなこと言っても、転職が初めての人は職務経歴書なんて今まで書いたことないので、書き方が分からないと思います。

ネットで調べればサンプルがあるので、それを参考にするのも良いですが、やはりプロの力を借りることをおすすめします。

そこで、スカウトを待つのではなく、“自ら”転職エージェントに登録に行ってみてください。

あとは、キャリアコンサルタントに添削してもらい、ブラッシュアップした内容をそのままアップすればいいだけです。

これはかなり効果があります。ぼくは常にこれを実行して、内容を少しでも良くするように努めていました。

以下の記事で、転職エージェントを紹介してるので参考までに。

 

 

4、転職理由や希望条件をしっかり書く

転職をしたいのであれば、転職理由や希望条件も埋めるようにしましょう。まあ、ここは内容がまだ固まりきってない方もいると思うので、分かる範囲内で記載してみてください。

空欄だとスカウトメールが来る率が下がります。

転職理由を記載する上でのポイントは、以下の2つです。

  • いダラダラと長く書かない
  • 他責に聞こえることは書かない(悪口、人や環境のせいにするような内容など)

転職理由は改めて面談や面接でも聞かれますので、端的に整理して書くことを意識しましょう。

また、他責に聞こえる内容が書いてあると、会いたいとは思われなくなるので注意しましょう。文章だと伝わりにくい内容なら尚更です。

希望条件に関しては、転職サイトによって変わりますが、基本的にチェックをつけるくらいです。ここは明確でなくても構わないので、現時点での希望でも大丈夫です。

ここでの注意点は、あまり条件が厳しすぎると経験・スキルの割にわがままだと思われることもあるので、最低限譲れない条件に絞ってチェックを入れることに留めましょう。

5、定期的にレジュメを更新する

これは少なくとも半年に一度はやってください。どこの会社でも半年に1回のペースで振り返り面談や査定があって、振り返りと目標立てをすると思います。

更新日が新しい日付の人ほど、企業や転職エージェントに目に留まりやすくなります。そうすると、彼らから転職意欲の高い人なのかなと思ってもらえるからです。

どんなに自分では良い結果を残していると思っていても、それが相手に伝わらなければ何の意味もありません。

ちなみにこれをやると、自分の仕事の棚卸しにもなるのでおすすめです。反省もできますしね。

どこの会社でも四半期や半期毎に振り返り面談やフィードバック面談などやっているかと思いますが、それにも使えます。

ここは、自分の仕事の振り返りも兼ねてやってみてください。

まとめ:転職エージェントやダイレクトリクルーティングを上手く活用しよう

ここまでぼくが書いきたことをちゃんと実践すれば、転職エージェントや企業からスカウトメールが全然来ない…なんてことはないはずです。特別難しいこともなく、誰でもできることです。

今まで転職エージェントや企業からスカウトメールが来ないと感じていた人は、今回紹介した内容を試してみてくださいね。

 

▼転職エージェントは複数利用した方が転職の成功確率が高まります

関連記事:転職エージェントを利用するなら、必ず複数のエージェントを利用すべき3つの理由

投稿者: わた

新卒で航空会社のグランドスタッフを経験、今は人材系のベンチャー企業で営業の傍ら個人でメディア運営をするパラレルワーカー。20代で2度の転職と人材ビジネスの経験を活かし、20代のキャリアについてメインに発信。好きなことは一人旅とテニス、読書、グルメ巡り。2019年8月から世界一周と留学をします。