『死ぬまでにしたい10のこと』を観て、自分がやりたいことをやろうと強く思った

こんにちは、わたです。

あなたは、『死ぬまでにしたい10のこと』という映画を観たことがありますか?

今から10年以上前の映画ですが、とても気付きが多かったんですよね。

一言で言うと、「人はいつ死ぬか分からない」、「時間は有限」ってことに改めて気付かされる映画です。

「時間は有限」ってことは誰もが理解していることで、多くの人はやりたくないことをやってたり、本当はやりたいことがあるのに我慢しながら生きている人が多いと思うんですよね。

それってものすごく時間がもったいない。

だって、ぼくら人間はいつか必ず死ぬことは決まっているのだから、やりたくないことやるのは本望じゃないはずです。

でも、この映画を観れば果たしてそんな生き方していて本当にいいのか?って思わせてくれると思います。

映画のあらすじ

まずは知らない方のために、簡単に映画のあらすじをご紹介します。

主人公のアンは23歳。失業中の夫と幼い娘2人とトレーラーハウス暮らし。

彼女は家族の面倒を見ながら、夜遅くまで大学で清掃の仕事に従事。

だがある日、突然激しい腹痛に襲われて倒れ病院へ運ばれる。検査の結果、医師に「余命2ヶ月」と宣告される。末期ガンだった。

アンはショックを受けるが、感情的になることなく、その事実を静かに受け止め、家族にも誰にも話さずに最後の日々を送ることを決める。

彼女は「死ぬまでにすること」というリストを作り、これまでと同じ日常生活を送りながら、その10項目をこなしていく。

人はいつ死ぬか分からない

映画の中でアンは、余命宣告を受けてから死ぬまでにしたい10個のリストを順番に行動に移していきます。そして、全部やり遂げることができます。

ぼくがこの映画を観て初めに思ったのは、「いつ死ぬか分からないのにやりたいことをやらずに死ぬのは嫌だな」ってことでした。

もちろん、そうは言っても金銭的・物理的な理由から今すぐできないことはあるかもしれません。ぼくもそうやってやりたいことを我慢して、自分に言い訳していました。

できない理由を考え、言い訳するのはとても簡単です。でも、果たして本当にそれでいいのか。

そんなことはないはです。できない理由を考えるのではなく、「じゃあ、どうすればできるか?」ってことを考える方がよっぽど有意義です。

やりたいことをやらずに死ぬのは、死ぬ時に絶対に後悔すると思います。

やりたいことを先延ばしにしていいのか

「人生100年時代」と言われてますが、今の20代以下の人は今後平均寿命が伸びることが予想され、90~100歳くらいまで生きる可能性があります。

でも、全ての人が平均寿命まで生きるとは限りません突発的な病気、事故や災害に巻き込まれて明日死ぬこともありえます。絶対に自分が死なないとは言い切れませんよね。

それなのに、やりたくないことを嫌々やっていたり、仕事の愚痴をいつまでも言ってる人生は有意義とは思えません。これじゃあ、生きてるのか死んでるのか分からないです。

やりたいことがあるなら、先延ばしにするメリットって何もありません。その時には気持ちが薄れていたり、結局やらない可能性もあるからです。

最後に

普段の生活の中で、「死」や「時間の有限さ」を意識することってそんなにないです。

そうすると、ついつい時間を無駄にしたり、やりたいことを先延ばしにしがいがちです。

「今の自分はどうなのか?」そんなことを考えさせてくれるので、自分の本心に従って生きれてない人に見てもらいたいです。

▼死ぬまでにやりたいことリストを作るのもおすすめです

関連記事:「人生で死ぬまでにやりたいことリスト100」を作ってみたら、気付いたら実現していた