【完全無料】プログラマカレッジに通って未経験からエンジニアを目指そう! 

こんにちは、わたです。

「何のスキルもないし、このままじゃマズイ。でも、どうすればいいだろう?」

こんな風に悩んではいませんか?
・就職に失敗してしまい、早く会社を辞めて大したスキルがない
・就職して、特にこれと言ったスキルもないまま数年経ってしまった
・スキルを身に付け、年収も上げていきたい
・働き方を変えたいと思っている

もし、あなたがこのように考えているなら、プログラミングを学ぶことをおすすめします。

ぼくは普段、エンジニアを採用している企業の採用支援をしているのですが、今本当に多くの企業でエンジニア採用に苦戦してる企業が多いのを日々感じています。

それだけ今、IT/Web業界ではエンジニアが不足している状況なんですよね。企業の人事担当者やCTO、エンジニアの方からも悩みの声をよく聞きます。

すでに今も多くの企業でエンジニア不足が叫ばれていますが、2030年には、約59万人のエンジニアが不足すると言われています。本当にこれから、人材難になってくることが予想されてます。

企業にもよりますが、中途採用でも未経験から採用する企業も実際あって、意欲やポテンシャルを見ています。

そんな将来を見越してか、2020年から小学校でプログラミング教育が必須になりますしね。恐らく、今後ますますプログラミングを学ぶ人が増えてくると思います。

ぼく自身も仕事柄プログラミングの最低限の概要くらいは知っておかけなければと思い、実際にプログラミングスクールに通ったこともあります。

詳しくは、こちらの体験記を見てもらえればと思いますが、今回は完全未経験から無料で通えるProEngineer(以下、プログラマカレッジ)というプログラミングスクールを見つけたので紹介します。

ぼくがこのスクールの存在をもっと早く知っていたなら、通っていたと思うくらい良いサービスです。

ProEngineer (プログラマカレッジ)とは?



プログラマカレッジは、インターノウス株式会社が運営する、完全未経験からエンジニアの就職を目指せるプログラミングスクールです。

インターノウス社は、元々ITエンジニアに特化した転職支援会社で、3000社以上のIT/Web、ゲーム系企業との取引があります。

そのため、エンジニアとも相性が良いのは間違いないですね。

プログラマカレッジではどんなことをやるの?

カリキュラムについて

プログラマカレッジでは主に、下記のようなWeb開発に必要な技術を網羅的に学べます。

具体的には、

  • コンピューター基礎
  • アルゴリズム
  • JAVA、PHP(サーバーサイド、画面サイド)プログラミング
  • HTML、CSS(フロントエンド)
  • ウォーターフォールトアジャイル開発
  • フレームワーク(Struts、Smartry)
  • データベース(PostgateSQL、MySQL)
  • テストツール(JUnit)
  •  Linux、Apache
  • 仕様書、設計書の読み方、テスト項目の作り方
  • 実践(ECサイト・アプリ開発)

など。

プログラミングやったことない方からすると、今は何書いてるのか分からないかもしれませんが、これから学ぶので心配いりません。

基礎から一人でECサイトやアプリ制作できると思ってもらえるといいです。

▼プログラマカレッジの説明会はこちらから
【未経験歓迎】アプリ開発、ゲーム開発、web開発、短期集中型の無料プログラミング&就活スクール

コースは2種類ある

プログラマカレッジには、プログラマコース(プログラマカレッジ)とインフラコース(インフラカレッジ)の2つのコースがあります。

それぞれのコースの違いですが、プログラマコースは、主にプログラマーになるためにJAVAとPHPを学びます。

それに対してインフラコースは、主にLinuxについて学びます。

どっちが言い悪いはありませんし、適性や将来何をやりたいのかによってコースが違ってきます。

ただ、いわゆるプログラマーの方が論理的思考力を問われる傾向にあります。

この辺りは、どちらのコースがいいのか現時点で決まってる必要はありませんので、キャリアコンサルタントの方に面談時に相談してみてください。

プログラマカレッジの3つの特徴

特徴①:完全無料で学べる

一つ目は、完全無料で学べることです。なぜ無料で学べるのかと言うと、プログラマカレッジが企業に求職者を紹介して、その方の就職・転職が決まると、その対価としてフィーをもらってる仕組みなんですよね。

いわゆる人材紹介のビジネスモデルを取っているので、受講生から1円も取らないでも成り立っています。

ただし、これを受講した場合、プログラマカレッジ経由で就職することが前提になっているので、気を付けてください。

とは言え、20代の方ならスクールに通う価値は十分あると思います。後述するメリットを見て、参考にしてください。

特徴②:就職率96.2%という驚異的な高さ

元々、インターノウス社がIT領域の就職・転職支援に強く、取引社数800社、求人数3000以上あります。

また、それだけでなく、就職サポートも充実しているので、これだけ高い数値を維持できているようです。

特徴③:働きながら通学できる

会社辞めてる方やフリーターの方なら時間が取れやすいので問題ありませんが、社会人の方は通えないかと言えば、そんなことはありません。

以前までは働きながら通学することができなかったようなのですが、現在は就業中の方のニーズにも応えて夕方以降に通うこともできるようになりました。

「仕事が足枷になって転職活動できない」なんてこともこれでなくなったので、具体的な進め方については面談時にも相談してみるといいと思います。

プログラマカレッジに通うメリット・デメリット

それでは、プログラマカレッジに通うメリットをここでは紹介しますので、参考にしてみてください。

メリット①:プログラミング未経験から正社員への就職・転職が可能

何よりも良いのは、完全未経験から受講料無料で正社員を目指せることです。

無料って言うと、何か怪しいとか裏があるんじゃないかと思う人もいるかもしれませんが、全くそんなことはありません。

ここはいわゆる人材紹介ビジネスをしているので、受講生の転職先が決まったら、企業から対価としてフィーをもらってる仕組みなんですよね。

受講生からは一切お金を取らないのは、こういうことです。

だから安心してください。普通のプログラミングスクールだと1ヵ月で10万弱はかかるので、決して安い金額と言えません。

ですが、プログラマカレッジでは、それが無料で受講でき、且つスキルを身に付けて就職できるのですから、これを有効活用して欲しいと思います。

メリット②:サポート体制がかなり充実している

初めて就職、または転職するという方もいらっしゃるかもしれません。

せっかく頑張って勉強してスキルを身に付けても、それを面接の場で伝えられなければ意味がありません。

たくさん書類出しても、あなたの良さが伝われなければ無駄に終わります。

ですが、プログラマカレッジでは、履歴書や職務経歴書の書き方、SPI対策、面接対策まで一貫してサポートをしてくるのが嬉しいところ。

他に無料のスクールもありますが、受講の段階から手厚いサポートを受けられるのがプログラマカレッジならではかなと。

メリット③:保有求人数が圧倒的に多い

しかも未経験から応募できる求人数ですからね。

もちろん、時期やタイミングによって求人数に多少前後はあるものの、このエンジニア関連の職種だけでこれだけ取り揃えているのは、元々エンジニアの転職支援に力を入れてやっていたからだと思います。

デメリット ①:必ず就職・転職しなければならない

無料で通えるのはメリットで挙げましたが、その反面、プログラマカレッジに通った場合は必ず就職や転職をしないといけません。

ボランティアでやってるわけではないので、当たり前と言えば当たり前なんですけどね。

ただ、ここでスキルを身に付けて就職や転職するって人には、デメリットには感じないと思います。むしろメリットがデメリットを上回っているんじゃないかと。

デメリット②:都内のスクールに通わなければいけない

他のプログラミングスクールでは、オンラインで学習できたり、オンラインと自己学習ができるところが多いです。

ですが、プログラマカレッジは、必ず通わなければならないので、それがネックになる人にはおすすめできません。

ただ、これもプログラマカレッジを通じて就職や転職の意思がある人には、デメリットにはなりません。

①と同様、メリットがデメリットを上回っていると思います。

プログラマカレッジをおすすめする人

プログラマカレッジをおすすめするのは、下記のような思考を持ってる方だと思います。当てはまる方は、是非受講を検討してみてください。

▼こんな人におすすめ

  • 専門性の高いスキルを身に付けたい方
  • スキルを身に付けて市場価値を上げたい方
  • モノ作りやインターネットが好きな人
  • 将来的にフリーランスのような働き方をしたい方
  • 場所や時間に縛られない働きをしたい方

 

▼プログラマカレッジの無料説明会はこちらから
【未経験歓迎】アプリ開発、ゲーム開発、web開発、短期集中型の無料プログラミング&就活スクール

少しでも気になるなら、まずは無料説明会に参加してみよう

申し込みをしたからと言って、必ず通わなければいけないわけではないので、話を聞いてから判断してみることをおすすめします。

申し込む前から自分には無理だと諦めるのはもったいないので。

今なら無料見学会・無料プログラミング体験会を実施しているので、まずは無料見学会に参加して受講するかどうか決めてみてくださいね。

スキルを身に付けて、大きく羽ばたきましょう!

▼プログラマカレッジの無料説明会はこちらから
【未経験歓迎】アプリ開発、ゲーム開発、web開発、短期集中型の無料プログラミング&就活スクール

 

▼普通にプログラミングスキルを身に付けたいなら、ぼくも通ってたWeb Campがおすすめです

関連記事:プログラミング初心者のぼくが1ヵ月間WebCampに通ったら、簡単なサイト制作までできるようになった

 

▼20代で転職を考えてる人はこちらもどうぞ!

関連記事:【20代向け】20代で2回転職して分かった“本当に”役立つ転職サイトと転職エージェント