【リゾバ体験談】リゾートバイトをやってみて感じた3つのメリット

f:id:wata0118:20170219170202j:plain

こんにちは、旅好きのわたです。

ぼくは2社目を会社を辞めたタイミングで、前から興味があったリゾートバイト(以下、リゾバ)を3週間ほどやりました。

ぼくがリゾバをやろうと思ったのは、以下の記事を見たことがきっかけでした。

引用:tabippo.net

会社を辞めてすぐ転職するのも良かったのですが、せっかくなら前から興味があって一度はやってみたかったリゾバを実際にやってみることにしました。

あと、単純に旅好きなので行ったことないところに行きたかったというのもあります。

というわけで今回は、実際にリゾバをやってみた感じたメリットや感想についてお話します。

リゾバとは?

まず、リゾバについてですが、簡単に言うとホテルや旅館、スキー場、ペンション、テーマパークなどで一定期間住み込みで働くことを指します。

働く場所にもよりますが、家賃・光熱費は基本的にかからないのと食事付きのところが多いです。

ぼくのは長野ホテルに住み込みで働きましたが、平日の勤務日の昼と夜は必ず出ていて、基本的にホテルで出されて余ったものでしたが、さすがお客様に出していたものだけあって、クオリティは高かったです。

リゾートバイトをする3つのメリット

1.短期間でまとまったお金が貯まる

f:id:wata0118:20161119223631j:plain

時給は、勤務地や職種にもよりますが、北海道と沖縄を除いて時給950円~の案件が多めです。

時給だけ見るとあまり稼げないように見えますが、寮費・光熱費・食費が基本的にタダなので、あまり出費がありません。

ぼくが勤務していたホテルでは時給980円、宿泊費・光熱費はタダ、食費は勤務日の昼と夜は賄い付きの条件でした。16日の勤務日数で10万くらい稼ぐことができました。

ぼくは勤務日数が短ったためあまり稼げていませんが、1ヶ月働けば20万超えはすると思います。短期間でまとまったお金を稼げるのが、魅力の一つです。

その資金を留学費やワーホリ、世界一周のために充てる人が多いようです。

2.時間を有効活用できる

f:id:wata0118:20161119230617j:plain

ホテルや旅館では、職種にもよりますが中抜けシフトや午前休または午後休というシフトが大半です。

ぼくが働いていたところでは、朝は6時~10時、夜は17時~21時が基本シフトでした。

会社員なら基本的に電車などで通う人が多いですが、リゾバの場合は歩いて行ける距離にアパートや寮があります。

ぼくが働いてたホテルは、そのホテルの空き部屋で寝泊まりしていたので、通勤時間は数十秒でした。笑

つまり、通勤時間で消耗しないので、同じ労働時間でも自分のために充てる時間が多いのが嬉しいです。

空いた時間で寝ることもできますが、資格取得の勉強、読書、ブログ、買い物、観光など自由に使うことができます。

ぼくは午後休や休日には、読書や観光などに時間を使っていました。

3.働きながら旅行気分を味わえる

f:id:wata0118:20161119230234j:plain

※写真は長野善光寺。休日に観光した時の写真。

基本的に勤務場所はリゾート地になるので、休日には観光ができます。

また、勤務場所によっては勤務先の温泉に入れたり、夏はスキューバダイビングをしたり、冬はウインタースポーツが無料でできるところもあります。

こういった特権があるのもリゾートバイトならではですね。

普段、学校や会社で消耗している人は笑、リフレッシュにもなって、良い体験になるはずです。

ホテルや旅館の仕事は楽ではありませんが、程良い疲れを感じるくらいなので、働きながら旅行気分を味わえるのも魅力の一つです。

リゾートバイトをやってみた感想

ぼくは長野県にあるリゾートホテルで、約3週間住み込みで働きました。

主な仕事は、レストランでの接客と洗い場、客室の清掃業務です。仕事は楽ではありませんが、今まで東京で消耗していたので、山の上まで来て住み込みで働くのは何だか新鮮でした。

休日は週に1~2日くらいあり、ぼくは戸隠神社や善光寺に行ったり、市内観光などをして過ごしていました。短期間でしたが、リゾバをやってみて良かったです。旅行気分を味わいながら働けて且つお金も貯められるのが魅力的です。

また機会があれば、別の勤務地でやろうかなって思っています。

リゾバをするなら、専門の派遣会社に登録

通常リゾバをするにはリゾバ専門の派遣会社に登録します。

ぼくは、3社の派遣会社に登録をしました。各社派遣会社によって特徴があるので、求人数、時給、スタッフフォローの観点で紹介します。

1、アルファリゾート┃女性や英語を使った仕事をしたいならここ!



アルファリゾートは、3社の中で求人数が一番少ない、二番目に時給が高く、フォローの良さは普通という感じです。

同じ求人でも会社によって時給が違うのですが、ある程度まとまった期間(1ヵ月~)働けて、とにかく稼ぎたい人はここがおすすめです。

調べたところによると、女性向けの中居の仕事や英語を使った仕事が多いです。

こんな人におすすめ

[su_list icon=”icon: check” icon_color=”#56deee”]

  • 女性で中居などの仕事をしたい方
  • ある程度まとまった期間仕事できる方
  • 英語を使った仕事をしたい方

[/su_list]

 

▼アルファリゾートの詳細はこちら

2ヵ月で50万貯金も可能!リゾートバイトならアルファリゾート!

 

2、はたらくどっとこむ┃コンテンツ満載でユニークな派遣会社!



はたらくどっとこむは、求人数と時給は3社の中で真ん中くらい、スタッフフォローはここが一番定評があります。

あと、全然関係ないですが、会社HPのコンテンツは一番充実していることです。

HPを見てもらえれば分かりますが、社員さんのブログや顔写真も載っていて、ユニークな会社だなっていう印象を受けるかと思います。

ちなみにぼくは、この派遣会社を使って働きました。仕事紹介の際も、派遣先の良いところだけでなく、悪いところも率直に伝えてくれたので、安心して就業することができました。

ここは、アルファリゾートより時給が劣るものの、スタッフフォローの良さには定評があるので、初めてリゾバする人におすすめです。

また、TokyoDiveという地方からの上京など東京で新生活を始める方に、住まいと仕事を同時に提供するサービスもあります。

ただお金を稼ぎたいだけでなく、リゾバ後の支援をしてもらいたい人にもおすすめです。

こんな人におすすめ

[su_list icon=”icon: check” icon_color=”#56deee”]

  • 時給よりフォローを望んでる方
  • リゾバ後にワーホリや海外に出ることを考えてる方
  • 東京に住み、就職や転職することを考えてる方

[/su_list]

 

▼はたらくどっとこむの詳細はこちら

全国各地のリゾートバイト検索サイトはたらくどっとこむ

 

 3、リゾートバイト.com┃時給は業界No.1!



リゾートバイト.comは、今回紹介する中で一番時給が高いのが特徴です。

リゾバ専門の派遣会社は他にもありますが、ここが断トツに高い。なので、言うまでもなくとにかくお金を稼ぎたいという人におすすめですね。笑

同じホテルや旅館の仕事でも時給が50円~100円違ってることもありました。

ぼくは、タイミングが合わずここ経由で働きはしなかったものの、仕事自体は魅力的なものが多い印象でした。

今度機会があれば、ここ経由で働いてみたいなと思いました。

とにかく稼ぎたいと思ってる、時給重視の人は利用する価値ありです。

こんな人におすすめ

[su_list icon=”icon: check” icon_color=”#56deee”]

  • 時給重視で仕事を探してる方
  • とにかく稼ぎたい方

[/su_list]

派遣会社利用時の注意点

登録時には、自分の要望を率直に伝えましょう。

職種、時給、勤務地、個室orドミトリー、就業期間、休日の賄いの有無など色々あります。

実際、ぼくが勤務していたホテルは、光熱費と寮費は無料でしたが、賄いは就業日の昼と夜のみでした。求人によって、全然条件が違います。

そのため、自分の優先順位は何なのかをしっかり派遣会社に伝えることが大切です。

ぼくの場合、プライベートの時間が欲しかったので個室の部屋だけを紹介してもらっていました。

すべての要望を叶えるのは難しいですが、最低限譲れないものは伝えましょう。

まずはリゾートバイト専門の派遣会社に登録してみよう

f:id:wata0118:20161119231620j:plain

どこの会社にもそれぞれメメリットとデメリットがあります。まずはすべての会社に登録してみて、比較してみることをお勧めします。

登録自体は無料で、しかも電話で15分くらい話してできるので、忙しい人も何の問題もありません。

リゾートバイトは、学生や会社辞めて転職するまでに時間がある人、世界一周やワーホリに行きたい人、旅好きな人におすすめです。中には働きながらリゾバする強者もいるようですが。笑

冬休みや年末年始といった短期間でもできる求人もあるので、興味がある人はこの機会にリゾバデビューしてみてくださいね。

 

▼リゾバでお金貯めて、留学する方はこちらもどうぞ

関連記事:カナダに語学留学したぼくがカナダをおすすめする5つの理由

投稿者: わた

新卒で航空会社のグランドスタッフを経験、今は人材系のベンチャー企業で営業の傍ら個人でメディア運営をするパラレルワーカー。20代で2度の転職と人材ビジネスの経験を活かし、20代のキャリアについてメインに発信。好きなことは一人旅とテニス、読書、グルメ巡り。2019年8月から世界一周と留学をします。