転職活動していることが会社にバレて本気で焦った話をしよう

こんにちは、転職活動してることがバレたことがあるわたです。

転職活動をされてる人の大半がリクナビやマイナビなど何かしら転職サイトに登録されてるかと思います。

実は、ぼくは以前会社に転職活動していることがバレたことがあります。これは今だから笑い話にできるのですが、バレた時は本気で焦りました。

しかも社内全体にバレてたっていうね。笑(これは後になって知った話)

そこで、今転職活動している人や転職をしようと考えている人に注意点をお話できればと思います。ぼくの失敗談を反面教師にしてください。

転職活動してることがなんでバレたか?

そもそも「なんで転職活動してることがバレたのか?」って話からしようかと思います。

言っておきますが、ぼくは転職活動していることを社内の誰にも話していません。バレないように細心の注意を払っていたくらいです。

ある日のことです。仕事中に社長に会議室に呼ばれました。そこで、開口一番「転職したいのか?」と言われました。

「え?なんで知ってるんだwww」って内心ではかなり焦りましたが、ウソをつける状況でもなかったので、冷静さを保ちながら「市場価値を知るためにやっています」と答えました。

いや~あの時の社長の顔、忘れられない。笑

ぼくは転職サイトの転職理由欄に現職の不満を書き連ねていたわけです。当然、社長や見つけた人はそれを見ています。

困惑した表情をしながらも、色々説得?みたいな話をされました。

その話が終わった後は特に何事もなかったんですが、ぼくの知らないところで社内ではざわついていたようです。

そして、ちょうどバレた月が査定のタイミングだったんですが、昇給しました。笑

前置きが長くなりましたが、ぼくの会社の誰かが転職サイトに登録しているぼくの経歴を見て、そこで発覚しました。

中小やベンチャーの人材系企業の多くは、リクナビNEXTやマイナビ転職、ビズリーチなど大手転職サイトを利用して、そこから求職者にスカウトメールを送っているんです。

ぼくのいた会社も元々何社か大手転職サイトを利用していたのですが、後から別の転職サイトを利用し始めました。

たいていの転職エージェントは、3、4社程このようなプラットホームを利用しています。転職活動したことある人なら分かると思いますが、転職サイトに登録すると多くのエージェントからスカウトメールが来ると思います。

まさにあれです。

転職サイトには、転職活動していることが自社やクライアント企業にバレないようにブロック機能というものがついています。

ぼくは、会社が後から利用し始めた転職サイトだけブロックをし忘れてしまったのです。それで、後から経歴を見られてバレました。

今までの人生の中で一番ヒヤヒヤした瞬間でした。笑

今となっては笑い話ですが。

転職サイトに登録したら、真っ先に自社はブロックしよう

転職活動をしていることを社内の人に話さないのは当然ですが、今リクナビNEXTやマイナビ転職、キャリトレなど転職サイトに登録されている人は、まずは自社をブロックしておきましょう。

まだやってない人は、今すぐやりましょう。後回しにすると忘れるし、ぼくの二の舞になりますので。笑

ぼくの場合、ブロックを忘れていたせいでバレたわけですからね。。

あと、営業やコンサルントなどの方でクライアント企業にバレたくない人も合わせてブロックしておくことをおすすめします。

最近では、ダイレクトリクルーティング(企業が自ら積極的に求める人材を探し出して直接アプローチを行う採用活動のこと)をやっている採用に意欲的な企業が増えています。

そのため、自社だけでなくクライアント企業がこのダイレクトリクルーティングをやっている場合、自分の経歴を見られている可能性があります。

実際、ぼくはクライアント企業の人事から(それも名刺交換までしたw)、スカウトメールをもらったこともあります。

クライアント企業ならまあ良いかなと思ってたので、特にブロックしてませんでしたが、中には知られると面倒だという人はやっておくといいかなと思います。

転職活動する人は、自分の言動に気を付けよう

ぼくのようにへまをする人はいないと思いますが、転職活動は慎重に行ってください。

他にも、「転職活動してることを社内の人に話す」、「会社のPCから転職サイトを開く」、「現職の不満や愚痴を周りに言いふらす」など。

普通にやっていればバレることはありませんが、油断は禁物です。

気を抜かないように気を付けて転職活動を進めてくださいね。

 

▼転職活動中の人は最後まで油断しないように注意しましょう

関連記事:最後まで油断は禁物。会社を辞める時に気をつけるべき5つのこと