「とりあえず3年は働く」って言うけど、ただ何となく働く3年は時間の無駄でしかない

f:id:wata0118:20170120152702j:plain「とりあえず3年は働け」って言葉、言われたことがある人やどこかで聞いたことある人もいるんじゃないでしょうか?
せっかく新卒で入った会社を3年以内で辞めるなんてもったいない。「石の上にも3年」って言葉を信じてもっと頑張るべきだと。

でも、これに関してはっきり言いますが、とりあえず3年働いても意味ないです。この「3年働け」の意味って、その会社でルールや社会人として最低限身に付けるべきマナーみたいなものを指しているだけの話です。

そもそも、とりあえずって何?って感じです。別に辞めろとは言わないですけど、「石の上にも3年」って言葉を信じ、苦しめられる人もいると思うので、ぼくの考えを書いていきます。

3年働けないからって人生は詰まないから

3年働けないとそんな自分のことを責めたくなったり、「もう終わりだ」と思う人もいるかもしれません。ですが、そんなことは全くありません。
3年働けなくても人生も詰みません。
恐らく、辞めた後のことを心配する人が多いんだと思いますが、3年満たしてなくても転職自体はできます。
経歴が浅いので有利ではないのは事実ですが、若いというのはかなり武器です。
というか、ぼくは1社目をわずか半年で辞めて転職してますし、周りに3年経たずして転職している人が割といます。
しかも最近では、第二新卒向けの求人も増えているので、そこは心配いりません。
もちろん、無理に転職する必要はないですが、何が何でも無理してでも3年働かないといけないかと言えば、そんなことはありません。

特に、ぼくらの親世代以上の方は「まずは3年働け」って言ってきますよね。考え方や価値観の違いだと思いますが、この言葉を鵜呑みにするのは危険です。

例えば、
・毎日終電帰りで、休日出勤もしょっちゅうある
・パワハラやセクハラなどのハラスメントが横行してる
・会社のビジネスが人を騙してる、バカにしてる
・他にやりたいことが明確にできて、それが今の会社では叶えられそうにない

・働き方が合ってない

果たしてこのような状況で働いている人にまで、「とにかく3年働け」と言えるのかって話です。ぼくがこういった状況の人に相談をされたら、早く辞めるように言います。

会社を選ぶ側にも問題はあるかもしれませんが、誰だって生きていれば失敗や間違いはします。

まして初めての就職なんて、おみくじみたいなものです。仕事で悩んでいる人がいたら、どうか今の会社が全てとは思わず、外にも目を向けてみてください。

身体を壊したら元も子もない

日本人は良くも悪くも真面目だから、頑張って限界まで働く人が多いんですよね。
3年という言葉を信じて、身体を壊したり、鬱になってからじゃ遅いです。
電通の事件だってそうですが、あそこまで極限状態にいくと転職活動する気力や思考停止して、会社を辞めるという考えすらなくなってしまいます。
世間にはニュースになってないだけで、電通みたいに過酷な労働環境下で働いている人も絶対にいます。
そこで頑張れる人は良いんですが、そうじゃない人は無理に合わせる必要は全くありません。
身体を壊す前に、勇気を持って逃げて欲しいです。

20代なら一度や二度の失敗は気にしなくていい

それでもまだ会社を辞めるのが不安だと感じてる人もいると思います。
でも、若いうちなら軌道修正はいくらでもできます。
過酷な労働環境下で働いている人だけでなく、やりたいことが変わったとか不満があってそれがどうしても解決できそうにないなら、それらも辞める理由に値します。
3年以内に辞めようとすると、周りから「もったいない」とか「大丈夫なのか?」と言われたりします。中には、本気で心配して言ってくれる人もいるとは思います。
無視しろとは言いませんが、その人が自分の人生の責任を取ってくれるわけではありません。最終的にどうするか決めるの自分です。
たいてい3年以内に辞めて転職することに否定的な人は、自分自身が一度も転職を経験してないことが多いです。
転職した人にも話を聞いてみてください。きっと違った話が聞けるはずですから。

3年という言葉に縛られて時間が過ぎるのがもったいない

ぼくが一番伝えたいのは、3年という言葉に縛られて、いたずらに時間が過ぎていくのはもったいないと思います。

とにかく、キャリアに悩んでいる人は一度転職活動するなり何かしら行動を起こしてみてください。