【厳選】これからの働き方や生き方について考えるのに役立つおすすめ本10選  

f:id:wata0118:20161221190555j:plain

こんにちは、本好きなわたです。

ぼくは人材系の会社で働いてることもあって、働き方や生き方、キャリアに関する本を読み漁っています。仕事や勉強のためというより、単純にこの分野に興味があったんですよね。

そこで今回は、ぼくが今まで読んできた本の中で、これからの働き方や生き方について考える上でのおすすめ本を10冊紹介します。どれもキャリアに悩む人には参考になる本だと自負しています。
転職を考えてる人や今の仕事や働き方に悩んでる人、副業を考えてる人など、多くの人に気付きが得られると思った本をピックアップしたので、参考にしてもらえると嬉しいです。

これからの働き方・生き方を考える本10選

1、未来の働き方を考えよう/ちきりん

これからの働き方について知りたいならまずはこの1冊!

この本を読めば、今までのロールモデルはもう通用しないことが分かります。良い大学に入って、親が喜ぶような会社に入って、定年退職して…といった人生設計はもう成り立ちません。これは親世代までの話。そしてこれから、平均寿命が長くなることが予想され、70歳を超えても働く可能性が高くなります。また、グローバル化やIT化で働く環境が変わってきます。

とは言え、悲観的にならずにそんな長い職業人生を楽しみながら働くためにはどうすればいいのか、キャリア形成していく上でのヒントが詰まっています。従来通りのキャリアプランで上手くいくと思っている人にこそ、読んで欲しいです。

2、あたらしい働き方/本田直之

自分に合った働き方の指標を知りたいならこの1冊。

この本には、本田さんが実際に取材した多様な働き方をしている企業が取り上げられています。
巻末には自分に合った会社選びの基準と新しい働き方をするのに必要なスキルが書いてある紙が挟まれていて、それらを照らし合わせながら、自分に合った企業選びの軸を見つけることができます。

結構見ていると、今の働き方が本当は自分が望んでいる働き方と合ってなかったりします。自分に合った働き方が何なのか分からない人にとても参考になります。転職を考えている人は、読むことをおすすめします。

3、ワーク・シフト ― 孤独と貧困から自由になる働き方の未来図〈2025〉/リンダ・グラットン

全世代必読!世界的ベストセラーにもなった働き方革命の本。

これからの働き方に備えるために必読とも言える1冊です。この本に書かれていることが単なる未来予測ではなく、本当に現実化しているのがすごいところです。

これからの働き方がどう変わっていくのか?何が起きるのか?備えることは何なのかが分かります。そして大事なポイントは、70歳を超えても働くことを想定し、絶えず専門技能を高めていくことです。あらゆる人におすすめできる1冊です。

4、ライフ・シフト―100年時代の人生戦略/リンダ・グラットン

人生100年時代をどう戦略的に生きていけばいいのかが分かる1冊!

こちらは、前述のワークシフトの続編にあたる本です。ざっくり言うと、100年生きる人生をどう戦略的に生きるのかについて書かれています。「2007年に日本に生まれた子どもの50%は107歳まで生きる」と書いてあったのに衝撃を受けましたが、今20代の人も100歳近くまで生きる可能性がとても高いんです。

100年という長い人生に何が必要なのか、やるべきことは何かが分かります。各世代別に例が載っていて、一番近い世代と照らし合わせてみると参考になります。ワーク・シフトと合わせて読むことをおすすめします。

5、 2022―これから10年、活躍できる人の条件/神田 昌典

世の中の流れやトレンドを知ることが大切だと気付く1冊。

この本では、時代の流れやトレンドを知ることがいかに大切かが理解できます。
興味深いのは、歴史のサイクルは70年毎に転換期を迎えているんだとか。

このサイクルがぼくらの仕事や働き方にも少なからず影響を及ぼしていて、無視できない話だなと思いました。
2012年Amazonビジネス書ランキングで1位にもなっている本で、若い人には特におすすめしたい1冊です。

6、僕は君たちに武器を配りたい/瀧本哲史

20代必読!コモディティ化しないためにも何をすべきかが分かる1冊。

今20代の人はこの本絶対読んだ方がいい!!ってくらいめっちゃおすすめしたい1冊です。
この本の内容は、著者の滝本さんが京都大学で語ったことを本にしたものです。

この本の中で取り上げられている印象的な言葉がコモディティ。コモディティとは、商品の品質に大した差や違いがないことです。電化製品が良い例ですね。
それが今、人材でも起きていると著者の瀧本さんは言っています。

例えば、単純な事務作業しかできない人や英語しかできないみたいな人は、今後機械やロボット、外国人労働者に仕事を奪われるなんて話を聞いたことがあると思います。

こういう人は、ますますコモディティ化していき替えの利く人材になってしまうとのこと。自分自身、このままだと100%コモディティ化するなって思いました。そうならないためにどうすればいいか、何をしていくべきかが書かれています。特に20代の人は、今の自分と照らし合わせて読むことをおすすめします。

7、「キャリア未来地図」の描き方/原尻 淳一・千葉 智之

「ライスワーク」と「ライフワーク」に相乗効果をもたらすことの大切さが分かる1冊。

ライスワークは、生きるための仕事。ライフワークは、趣味や好きなことに精を出すこと。仕事と趣味や好きなことを切り離して考えるのではなく、その2つを大切にしながら、相乗効果をもたらしていこうという考え方です。
ライスワークばかりの人生はつまらないです。かと言って、ライスワークだけでは生きていけません。

そこで、まず行いたいのはライフワークに種蒔きをすることです。そして、それを育てていくことだと本書に書かれています。
自分の仕事と趣味や好きなことをどう繋げていけばいいのか、ライフワークも大切にするメリットなどが分かります。

8、その幸運は偶然ではないんです!/J.D.クランボルツ

大切にしたい「計画的偶発性」という考え方が分かる1冊。

皆さんは明確なキャリアプランをお持ちでしょうか?あったとしても、そのプラン通りにいっている人はそこまでいないと思います。
この本で提唱されているのが、「計画的偶発性」という考え方です。これは、個人のキャリアの8割は予想しない偶発的なことによって決定されるというものです。

本書には、実際に偶然起きたことが今のキャリアを形成している人の話がいくつか載っています。
ぼくがこの本を読んで思ったのは、キャリアプランや目標を持ちつつもそこに縛られるのではなく、時には偶然に身を任せることも大切だってことです。

9、人生が変わる2枚目の名刺: パラレルキャリアという生き方/柳内啓司

人生を豊かにしてくれる複業するメリットが分かる1冊。

これからは、会社員であってもそうでなくても複業する人が増えてきます。副業ではなく、複業です。
副業は、どちらからと言うとサブ的な意味合いやお小遣い稼ぎに近いイメージですが、複業はサブではなく、メインの仕事が複数あるようなイメージです。

最近では、そんな働き方のことをパラレルキャリアと言ったりします。
まさに柳内さん自身が、二足の草鞋を履くような働き方をしています。最近、ぼくの周りにもそんな人が増えてきています。

この本を読めば、一つの仕事しかやらないリスク、なぜ複業が良いのか、メリットは何なのかってことが分かります

今、時代の流れ的に働き方の多様化が進んでいます。今の仕事は嫌じゃないけど、実は他にもやりたいことがある人や複業に興味ある人は、参考になるはずです。

10、会社を辞めても辞めなくてもどこでも稼げる仕事術/藤田 晋,安藤 美冬,中村 貞裕,楠本 修二郎,山本 由樹,坂野 尚子,和泉 昭子,村尾 佳子

会社に依存せずに生きていくことがいかに大切かが分かる1冊。

この本は、オムニバス形式で章毎に著者があるテーマついて語っています。サイバーエージェントの藤田さんやフリーランスとして活躍する安藤美冬さんなど各分野で活躍する方の仕事術について学べる1冊となっています。キャリアの観点で言うなら、1章のキャリア術と2章の人脈術が参考になります。

「何をするかよりもどんな生き方をしたいか?」だけでなく、「100×100×100で100万人の1位になる」、「ウィークタイを大切にする」などは、今までの自分にはない新しい視点でした。
本書には、そんなこれからのキャリアを考える上で参考になる考え方がたくさん書かれています。働き方を見直したい人や今の働き方に満足してない人にはおすすめです。

最後に

どの本も今後の働き方や生き方を考える上で欠かせない本ばかりです。自分の働き方や生き方を見直すきっかけになれば嬉しいです。

▼転職を考えてる方はこちらもどうぞ

www.wata0118.com