グランドスタッフを辞めたい人におすすめの転職先・キャリアについて考えてみた 

f:id:wata0118:20171112153823p:plain

こんにちは、元グランドスタッフのわたです。

女性に人気職業でもあるCAとグランドスタッフは、就活でもかなり倍率が高いですよね。ANAやJALには、何万通ものエントリシートが届くと聞きます。
エアライン系の専門学校やエアラインスクールもあり、ここに何十万という費用を投資する人もいるくらいで。

一見華やかに見える航空業界ですが、グランドスタッフは体力的にも精神的にも結構ハードで、覚えることも多く、その割には給料も驚くほど低いですよね。現役グランドスタッフの人は、「憧れだけで務まる仕事じゃない」と言いますが、まさにその通りですね。

中には、入社して想像以上の大変さに参っていたり、もう心身共に限界で「会社を辞めようかな…」と、そう思ってる人もいるかもしれません。
ぼくも新卒でグランドスタッフを短いながらも経験したので、皆さんが感じる大変さや辛さが手に取るように分かります。

きっと仕事や会社に対して思うことや不満は色々あると思いますが、ぼくは今グランドスタッフとして頑張っている人に報われて欲しいなと思ってます。
ぼくは新卒で航空会社に入社した後、2回転職を経験をしています。しかも1社目は1年もいませんでした。そんな当時スキルも能力も高くないぼくでも転職ができました。色々苦労はしましたが。

そこで今回は、グランドスタッフから転職を考えている人に、今後の転職先やキャリアについてぼくなりの考えを書きますので、少しでも転職を考えている人は参考にしてみてください。

なぜグランドスタッフを辞めたいと思うのか?

今グランドスタッフとして働いている人は、なぜ辞めたいと思っているのでしょうか?

まずは、辞めたいと思う理由を整理するところから始めてみましょう。

恐らく、こんな悩みや不満があるんじゃないでしょうか?

・土日祝休みで友達に合わせたい

・シフト制勤務で朝早い時もあり、体力的にハードで身体を壊しそう

・労働の割に薄給で割に合わない

・理不尽な対応やイレギュラーが多く、精神的にもしんどい

・今後のキャリアが見えなくなってきた

など。

上に書いたのはぼくが働いていた時にも感じたものや実際に聞いたことあるものばかりです。まだあるかもしれませんが、上げたらキリがないのでこの辺にしておきます。笑

悩みや不満に思うことを出してみた後、転職によって叶えたいことや絶対に譲れないものは何なのかを考えてみてください。

給料の人もいれば、仕事内容や休日の人もいるでしょう。人によって当然ながら違いますし、これに正解はありません。

1つだけじゃなくて、3つくらいあげてみて、その中で優先順位をつけるともっと良いですよ。

グランドスタッフの経験は、転職でそこまで有利にならない

ちょっと厳しいことを言いますが、グランドスタッフの業務経験って、他の業界だと経験が活かしにくいんですよね。強いて言うなら旅行業界くらい。ご存知の通り、航空業界って特殊じゃないですか。

恐らく皆さんも入社前後に、3レターや2レター、便名、端末の操作とか必死に覚えたと思います。新入社員の頃は徹夜までして頑張ったんじゃないかと思います。
ですが、そんな必死に覚えた知識も残念ながら他の業界で何の役にも立ちません。

もちろん、全てを否定してるわけではありません。仕事に対する姿勢やマインドみたいなソフトスキルみたいなところは別ですが、ここで言いたいのは、グランドスタッフとしてキャリアの話。

例えば、営業や事務などの職種であれば、他の業界でも同じ職種が存在するので、転職しても経験が活かしやすいんですよね。でも、グランドスタッフって他の業界にはないじゃないですか。

航空会社で働いてると言うと、周りから羨ましがられたり、尊敬の眼差しで見られるので良い気分になるかもしれません。

だから転職でも有利なんじゃないかと思いきや、全く関係ありません。それと転職で有利に働くかは、全く別の話。

でも、大丈夫です。30歳超えると正直厳しい転職活動になりますが、まだ20代であればキャリアチェンジも可能な年齢です。早く気付けた分だけラッキーです。

3年働いてなくても転職できるの?

結論から言うとできます。年齢が若ければ若いほど、チャンスがあります。というか、ぼくも半年で辞めて転職してますしね。それに今は、第二新卒に特化した転職エージェントもありますし、以前より第二新卒層を採用したい企業が増えています。

先程上でグランドスタッフ経験は転職で有利にならないと書きましたが、20代の人であれば、キャリアチェンジもまだ可能な年齢です。30代以降でも不可能ではないですが、かなり険しくなってきます。それなら新卒を採用した方がいいというのが企業の本音ですから。

惰性で嫌々働いても時間の無駄なので、チャレンジしたい仕事があるなら早めに転職に舵を切ることをおすすめします。特に身体を壊してる人は、休職して復帰する選択肢もありますが、仕事内容は変わらないと思うので、それであれば転職も選択肢に入れてみてください。

グランドスタッフからを辞めたい人の転職先やキャリア

ここからは、グランドスタッフから転職する場合の転職先を3つのパターンに分けたので、どこに該当するか照らし合わせてみてくださいね。

①CAに転職

グランドスタッフ経験者は、CAに転職する人も多いですよね。ぼくの周りにもグランドスタッフからCAに転職した人が何人かいます。多分、皆さんの周りにもいると思いますが。
この記事を読んでる人の中には、新卒の時にCA受験したけど、縁がなかったって人もいるでしょう。

でも、いつかはCAになりたい。そんな気持ちがまだあるなら、リベンジしてみてはいかがでしょうか。多分、ここでチャレンジしないと後で後悔すると思いますよ。
周りが何て言おうが、自分の人生です。

CAは、年中どこかしらの航空会社が求人を出しているはずなので、20代半ばくらいであれば年齢的にもまだチャンスがあります。やる気がある人は頑張ってください。

ただし、CAも不規則勤務で、体力的にハードなのはグランドスタッフと同じなので、働き方を見直したい人には不向きです。ですが、同じ業界でもグランドスタッフと待遇面は全然違いますし、CAとして働いてる人は満足度が高いなと周りでCAとして勤務している人を見ていて思います。

職種は違くてもグランドスタッフと同業界で親和性はあるし、身をもって大変さが分かっているので、転職でも一番有利です。体力的にも若いうちしかできない仕事ですし、募集にも年齢制限があるはずです。

CAになりたい気持ちがあるなら、早めに動くことをおすすめします。

②経験を活かして、エアラインスクールや専門学校の講師に転職

教えることが好きな人にとっては、講師は魅力的ですよね。転職サイトにも求人が掲載されていたのを見たことがあります。
まあ、さすがに実務経験1年とかだと難しいですが…。求人を見ていても、最低でも5年以上は必要かなと。

もし、将来的に講師になりたいと思うのであれば、今は大変かもしれませんが、腹括って今頑張る価値はあると思います。
自分の経験が還元できるのは、間接的に自分がいた業界や会社にも貢献できるので魅力的かと思います。
目標があれば、辛いことも乗り越えられたりしますからね。もちろん、無理しちゃダメですが。

③全く違う業界に転職

異業界に転職するのが、①と同じくらいかそれ以上に多いんじゃないかと思います。ここでは、オフィスワーク系とIT系に分けて考えていきます。

まず、オフィスワーク系ですが、恐らくグランドスタッフから転職を考える多くの女性は、オフィスワーク系の職種への転職を考えているんじゃないでしょうか。
ぼく自身も航空業界のグランドスタッフから人材業界の営業に転職しているので、この選択は大いにありです。

オフィスワーク系の職種と言えば、例えば、営業やマーケティング、事務、企画、秘書、人事、広報などのような職種を指します。ここで特に女性は事務や受付、販売などを選ぶ人が多いのですが、今後のキャリアの選択肢や年収、働き方など総合的に鑑みると、残念ながらあまりおすすめしません。

あくまでもぼくの見解なので、参考程度に捉えていただければと思いますが、個人的には営業やマーケティング、英語ができるなら秘書辺りがおすすめです。

営業は、目標を達成すればインセンティブがもらえるので年収アップも見込めますし、将来的に他のオフィスワーク系の職種に転職がしやすくなり、選択肢が広がります。
きっと年収は300万前後くらいだと思います。1年目の人は到達してないはず。。。上手くいけば、20代半ばでも転職1年目から400万以上いきますよ。

よく「営業はノルマがあるから嫌」みたいなこと言う人もいますが、この世に成果を求められない仕事なんてありません。グランドスタッフにも「定時出発」というノルマがあって、日々タイムプレッシャーと戦っているはずです。
それと同じ。やったこともないのに、イメージだけで判断するのは機会損失だという話です。

また、営業はどこの会社でもたいていニーズがあり、未経験でもチャレンジしやすい職種で且つ女性の営業はかなり重宝されます。是非、選択肢の一つに入れてみてください。

続いて秘書ですが、グランドスタッフの人は、ホスピタリティ精神やスピード感、英語力に自信ある人が多いと思います。その経験は、秘書でも求められます。英語力に関しては、全ての企業ではありませんが。

秘書は、グランドスタッフと相性がいいと思うので、違った形で人のサポートをするのが好きな人には向いています。キャリアを積んでいけば、30代で年収600万以上も見込めます。

オフィスワーク系では、営業と秘書について触れましたが、もちろん他の職種も無理ではないし、ダメというわけではありません。

ただ、他の職種は未経験からの転職のハードルが高く、正直グランドスタッフからは厳しいというの正直なところです。

次に、IT系職種。世の中的に今需要のあるエンジニアやWebデザイナーですね。
プログラミングは、敷居が高く感じるかもしれませんが、今はドットインストールみたいに無料で学習できるツールもあり、手軽に学習できます。

また、ぼくが今年の7月に通っていたWebCampのようなプログラミングスクールで、完全未経験からエンジニアやWebデザイナーなどに転職を目指すのもありです。さらに経験を積めば、将来的にフリーランスへの道も開けます。
初期投資は必要ですが、それは転職して稼げば十分ペイできます。

また、働き方が多様なのが、IT系職種の魅力の一つですね。リモートワークで必ずしも会社で働く必要がなかったりするので。ただ、プログラミングは向き不向きがはっきり分かれるので、無料の学習コンテンツをやってみたり、スクールの無料説明会や体験会などに参加してみてから判断するのが賢明です。

いずれにせよ、③を選ぶ方はどこに転職しようが完全未経験の転職になります。どこの会社に転職することになっても、新卒の時のような謙虚さを持ちつつも、すぐに仕事を覚えようとする心構えが大切になってきます。

今20代の人であればキャリアチェンジも臆せずできますので、是非この機会に今後どうしていきたいのか?自身のキャリアについてよく考えてみてください。

会社を辞めたいと思っているなら、まずは転職活動を始めてみよう

もう会社を辞めるという気持ちが強いのなら、転職活動に踏み切りましょう。そんな気持ちで働いていても、精神的に辛いはずですから。

何から始めたいいか分からないって人は、まずは転職サイトやエージェントなどに何社か登録し、今後の方向性を決める作業をしていきましょう。

転職サービスがたくさんあって迷うという人は、ぼくも実際に利用した大手のリクルートエージェント マイナビジョブ20’s 、女性のキャリア支援に特化したリブズキャリアと第二新卒に特化したウズキャリ第二新卒などに登録しておくと良いですよ。

1社だけだとリスクヘッジができないので、必ず3、4社くらい登録するのが無難です。グランドスタッフとして働いていると、不満がめちゃくちゃ溜まると思います。
辞めたい気持ちは強いかもしれませんが、焦っても良い結果にならないので、焦りは禁物です。

これから、皆さんの転職活動が上手くいくことを願ってます。

▼女性で転職を考えている人は、こちらも参考にしてください

www.wata0118.com