転職エージェントを利用するなら、複数のエージェントを利用すべき3つの理由

転職活動をする時に転職エージェントを利用している方も多いかと思います。上手く転職されている人は、このエージェントを賢く利用しています。

その際、何社くらい転職エージェントを使うべきかなのか分からないって人もいるんじゃないでしょうか?

結論から言うと、最低でも3、4社は利用することをおすすめします。理由については後ほど詳しく書きますが、転職エージェントは複数使った方が良いんですよ。

これから転職活動始められる人やすでに転職活動の方は、参考にしてみてください。

なぜ複数の転職エージェントを使った方がいいのか?

「なんで1社じゃダメなのか?」とか「大手エージェントに登録しておけばそれで充分なんじゃないか?」と思われている人もいるかもしれません。

ここではそんな疑問について、理由と共に回答していきます。

理由①1社だけだと求人の紹介数に限りがある

大手転職エージェントだと求人数も多いから充分なんじゃないかと思う人もいるかもしれませんが、それは違います。確かに大手エージェントは求人数が多いのは事実です。ですが、1社が抱えている求人数には限りがあるし、そのエージェントと取引してない会社もあります。

リクルートやマイナビは総合人材会社と言って、広くやっています。中規模の転職エージェントは、業界や職種、年齢に強みを持っていることが多いが特徴です。なので、できれば大手と中規模なエージェントを並行して利用することをおすすめします。

可能性を広げるためにも、複数の転職エージェントに登録しましょう。

理由②キャリアコンサルタントと相性が合わない可能性がある

自分の人生を左右するかもしれない転職活動をするにあたって、相性の合わないキャリアコンサルタントを利用するのは普通に考えて嫌ですよね?スカウトメールをもらった時は良さそうだなと思っていても、実際に対面や電話などで話すと良くも悪くも印象が変わることがあります。

やはり人間なので、相性の合う合わないどうしてもあります。これは何でもそうだと思いますけどね。ぼくも今まで転職エージェントに登録して、「何か合わないな」と違和感を感じたキャリアコンサルタントは、フェードアウトして利用しませんでした。そういう場合って、相手も同じように思ってる可能性が高いと思いますが。。

何が合わないかは人それぞれなので、ここは直感で良いと思います。また、登録したからと行って、お金が発生するわけでもないですし、絶対に利用しなきゃいけないなんてルールはないので心配しないでください。合わないキャリアコンサルタントに出会っても次を当たればいいだけの話です。

下の記事で合わないキャリアコンサルタントに当たってしまった場合にやるべきことを書いたので、参考にしてみてください。

▼関連記事

キャリアコンサルタントとの相性が合わなかったらすべきこと 

理由③転職エージェントによって強みが違う

転職エージェントは、通常他社と何かしら差別化を図るために、業界や職種、年齢などに何かに特化してやってるところが多いです。特に、中小規模のエージェントがメインになってきます。
例えば、「IT・Web業界に特化」、「営業職に特化」、「20代、第二新卒に特化」みたいな感じです。

自分が行きたいと思っている業界、興味ある職種などあると思いますが、上手くこのような特化型転職エージェントも活用してみましょう。同じエージェントでも、書類通過率が変わったりするので、なるべく強みがあるエージェント経由で応募する方が良いかと思います。

ぼくも第二新卒に特化したエージェントや人材業界に特化したエージェントなど幅広く使っていましたが、求人紹介数は大手に劣るものの、無駄がない印象でした。ちなみにぼくは2回転職してますが、どちらも特化型エージェントで決まってます。

複数のエージェントに登録し、そこから自分に合ったエージェントに絞ろう!

まずは、複数に登録してみてください。そうすることで、そのエージェントまたはキャリアコンサルタントとは合う、合わないのが分かってくるはずです。

正直、キャリアコンサルタントもピンキリです。そのため、少し面倒でも複数の転職エージェントに登録し、その中から絞って、信頼できるエージェントを利用しましょう。

その方が結果として自分の希望に合った求人に出会えるチャンスが広がることにも繋がります。1社だけに依存するのはやめましょう。

是非、複数のエージェントを上手く活用して、転職活動を有利に進めてくださいね。

 

▼転職エージェントに分業制と両面性があるのはご存知ですか?
転職エージェントには、「分業制」と「両面制」の2つがある