大手とベンチャーって結局どっちがいいのかという議論は不毛

f:id:wata0118:20161204231121j:plain

こんにちは、キャリアブロガーのわたです。

就活生や転職する人の間で意見が分かれる大手orベンチャー論。人によっては「新卒では大手に行け」とか、「ベンチャーの方が成長できる」って言う人もいます。

ぶっちゃけ、これって正解はないです。というより、人によって違います。

全ての人が大手に向いているわけではないし、その逆も然り。この議論って無駄です。

まず、理解して欲しいのは、大手とベンチャーにメリットとデメリットがそれぞれあるってこと。

それらを理解した上で、自分がやりたいことや成し遂げたいことが叶う会社であれば、大手でもベンチャーでもどっちでもいいんじゃないかと。

そこで今回は、大手とベンチャーで働いたことのあるぼくが、大手とベンチャーのメリット・デメリットから、会社選ぶ時に大切にしたいことを紹介します。

大手企業とベンチャー企業のメリット・デメリット

ざっくり大手とベンチャーのメリットとデメリットをまとめてみました。

もちろん、大手でもベンチャー気質のある企業もあるので、全ての企業に当てはまるわけではありませんが、参考になると思います。

大手企業のメリット

・教育・研修精制度が充実している

・福利厚生が充実している

・年功序列(仕事できなくても年々昇給する)の企業が多い

・会社のリソースを活用して大きな仕事ができる

・周りに自慢できる、モテる、ちやほやされる

大手企業のデメリット

・フットワークが重くなりやすい

・自分の意見が通りにくい(特に若手)

・意思決定のスピードが遅い(稟議通すのに時間がかかる)

・成果を上げても給料に反映されにくい(年功序列の裏返し)

・部署を横断することが多く、ゼネラリストになりやすい

ベンチャー企業のメリット

・働き方の多様性を認める企業が多い

・裁量があり、さまざなな仕事が経験できる

・実力主義(若くして昇給・出世が狙える)

・若手の意見が通りやすい

・経営者や役員との距離が近い

ベンチャー企業のデメリット

・社内のシステムが整ってない

・仕事量、残業が多い(仕事はハード)

・マルチタスクさを求められる

・大手ほど教育・研修は充実しておらず、OJTが基本

・大手より倒産のリスクが高い

まあ、こんな感じですね。見て分かるように、大手にもベンチャーにもそれぞれメリットとデメリットがあります。考え方や働き方も当然違います。

両方のメリットとデメリットを知ることが何よりも大切です。

自分がどっちに向いているのか見極めよう

ぼくは1社目が大手、2社目と3社目がベンチャーだったので、この違いがものすごく分かりました。

1社目の方が圧倒的に福利厚生や教育体制が充実していたことに、転職後に気付かされました。全く使わずに辞めたけど、今思うと本当に充実していたな…。

それに比べて2社目は、お世辞にも充実していたとは言えなかったです。

でも、2社目は従業員数が30人くらい(転職時は13人)だったので、社長や上司との距離も近く、会社の問題点をすぐ上司や社長に話せる環境でした。この距離感や意見の通り易さは、大手にはあまりないと思います。

大手かベンチャーかで迷っている人は、双方のメリット・デメリットを知った上で、自分がどっちに向いているのかをよく考えてみてください。

自分が成し遂げたいことが何なのかを考えること

たまに会社の規模感だけで会社選びする人がいますが、これは良くないです。

そういうと人になぜ大手が聞くと決まって「大手の方が安定しているから」って言います。

「ちょっと待って、何をもって安定してるの?」って言いたくなる。

確かにベンチャーの方が安定感はないし、倒産のリスクも創業間もない企業ならより高いのは事実です。でも、大手企業が今後一生安泰かと言えば、そんなことはありません。

大手でも業績良くない会社なんてみんな知らないだけで普通にあります。

逆にベンチャー志望の人は、成長意欲が高い人が多いが特徴です。

でも、会社によっては日付が変わるまで働く猛烈でめちゃくちゃハードな会社もあります。それでもいいですか?そんなリスクもはらんでるってことです。

もちろん、全てではないし、それでも構わないのであれば良いですが、「成長」って言葉に安易に騙されでください。

会社の規模より、自分が成し遂げたいことがどんな会社なら叶うのか?という視点で見て欲しいです。

それが大手なら大手に行けばいいし、ベンチャーならベンチャーに行けばいいだけの話です。

特に20代に多いですが、決して会社の規模感だけで選ばないようにしてください。

周りの声に惑わされるな

自分の成し遂げたいことがあるならば、会社の規模感や周りに流されて決めるのはチャンスロスです。

それよりも自分の意思で決めることが大切です。