>【オンライン面談可】20代におすすめの転職サービスはこちら!

転職エージェントってどうなの?仕組みや利用するメリット・デメリットを詳しく解説!

「転職エージェントは使った方がいいの?」「転職エージェントを利用するメリットだけじゃなくデメリットも知りたい」

こんな悩みを抱えている人もいるのではないでしょうか。

転職活動と一言に言ってもさまざまなやり方があり、転職活動をする時に転職エージェントを利用する人も増えてきました。

そんな転職エージェントですが、良いことばかりだけではありません。

この記事では、ぼく自身が今まで2回の転職で50社以上の転職エージェントを利用した経験を元に、転職エージェントの仕組みや利用するメリット・デメリット、賢く利用する方法についてご紹介します。

これから転職活動される人は、参考にしてください。

目次

転職エージェントの仕組み

 

まず初めに、転職エージェントの仕組みについて紹介します。

転職エージェントは、採用を検討している企業から採用条件をヒアリングし、求人情報として保有しています。

そして、サービスに申し込んだ転職希望者から転職の希望条件を聞き、条件に合う求人を紹介し、転職活動のサポートを行います。

転職希望者と採用企業を、転職エージェントが人の力によってマッチングしているのが、転職エージェントの仕組みです。

 

引用:リクルートエージェント

とあるように、転職エージェントが企業側に求職者を紹介して求職者が採用に至った場合、企業から成果報酬として理論年収の30~40%をもらっています。

具体的な%は企業によって異なりますが、30~40%が平均的な相場。

例えば、年収500万円の人が転職エージェント経由で転職した場合は、企業側の取り分として500万円×30%=150万円が企業側の取り分となります。

企業から費用をいただいてるので、求職者はお金がかからず転職エージェントを利用することができるのです。

転職エージェントを利用するメリット

 

転職エージェントは、上手く利用すれば転職活動を優位に進めることができますが、良いことばかりでもありません。

まず、転職エージェントを利用するメリットについてです。

  • 基本的に無料で利用できる
  • 書類添削、面接対策などをしてもらえる
  • 書類通過率は求人サイトからの自己応募より転職エージェント経由の方が高い(書類選考ないところも)
  • 自分では気づけない求人を紹介してもらえる
  • キャリアコンサルタントの力量によっては、一度ダメだった結果が覆ることがある
  • 年収交渉・入社日の調整など面倒なことをやってくれる
  • 自分では直接聞きずらいことを聞いてもらえる(人間関係、残業時間、社風など)
  • 結果に関わらず、面接後のフィードバックが聞けて次に活かせる

それぞれ詳しく解説していきます。

無料で利用できる

転職エージェントは基本的に無料で利用できます。

理由は先程上記で説明した通り、企業から成果報酬としてフィーをいただいるからです。

求職者は無料で転職支援を受けられるので、安心して利用してください。

書類添削や面接対策などをしてもらえる

企業への応募前に、履歴書や職務経歴書の内容を担当のキャリアコンサルタントに添削してもらうことができます。

自分では中々気づけないような内容や改善点をプロの目でフィードバックしてくれるので、初めて転職活動する人にとってはありがたいサービスです。

書類添削をしてもらうことにより、書類選考の通過率が上がりやすくなります。

また、面接前には面接対策もしてくれます。

  • 面接で聞かれそうな質問
  • 質問に対してどう答えるべきか
  • 面接官の特徴
  • 企業ごとに面接で注意すべきこと

などについて教えてくれるので、面接通過の確度もグッと高まりますよ。

書類通過率は求人サイトからの自己応募より転職エージェント経由の方が高い

 

自分では気づけない求人を紹介してもらえる

 

転職サイトからの自己応募より転職エージェント経由の方が高い

 

 

キャリアコンサルタントの力量によっては、一度ダメだった結果が覆ることがある

 

自分では直接聞きにくいことを聞いてもらえる(人間関係、残業時間、社風など)

 

年収交渉・入社日の調整など面倒なことをやってくれる

 

結果に関わらず、面接後のフィードバックが聞けて次に活かせる

仮に上手くいかなかったとしても、転職エージェントが企業に何がダメだったのか、逆に良かった点を聞いてくれるので、次の面接に活かすことができます。

転職エージェントを利用するデメリット

 

 

次に、続いてデメリットです。

  • 転職エージェントが多過ぎて、自分に合ったキャリアコンサルタントが分からない
  • キャリコンサルタントによって力量が違うため、求人の質に差が出てくる
  • 説教してくる人もいる
  • 自分の価値観を強要してくるキャリアコンサルタントもいる
  • クロージングが強いキャリアコンサルタントがたまにいる

デメリットはこんな感じです。

 

転職エージェントが多過ぎて、自分に合ったキャリアコンサルタントが分からない

 

キャリコンサルタントによって力量が違うため、求人の質に差が出てくる

 

説教してくる人もいる

 

自分の価値観を強要してくるキャリアコンサルタントもいる

 

クロージングが強いキャリアコンサルタントがたまにいる

 

転職エージェントを利用してみて良かったこと

 

 

ぼくも転職エージェントを利用して転職活動をしていたので、良かったと思うこともあれば、嫌だったと思うこともありました。

ぼくが実際に転職エージェントを利用してよかったと思うことは、以下3点です。

  • 書類通過率や面接通過率が格段に上がったこと
  • 自分では気づかない求人を紹介してもらえたこと
  • 企業からのフィードバックが聞けたこと

それぞれの良かったことを詳しく見ていきます。

書類通過率や面接通過率が格段に上がったこと

ぼくは、自己応募の時は書類通過率は3割くらいでした。

それが転職エージェント経由だと、平均して6割です。同業界の人材業界の応募はもう少し高く8割でした。

落ちる理由は経験やスキルなどが足りないっていうのももちろんありますが、実は同じ経歴でも職務経歴書の書き方に問題があるケースもあります。書き方をちょっと工夫するだけで書類の通過率が変わります。

ぼくの場合、何人かのキャリアコンサルタントに職務経歴書を添削してもらいました。

その後書類を出してから通過率が変わりました。

また、転職エージェントでは企業に候補者を推薦した後、電話などでさらに良さをアピールしています。

ぼくも人材会社にいた時にやってましたが、この一押しが大きかったです。普通だったら書類で落ちそうな人もこの一押しで変わることもありました。

転職エージェント経由だと、こういった後押しがあるのは大きいです。

自分では気づかない求人を紹介してもらえたこと

企業には非公開求人というものがあります。これは求人サイトに出てないもので、転職エージェントにしか依頼してない求人があります。

というのも、求人広告に出すと、要件に見合わない人がたくさん応募してきて無駄が増えるんですよね。その無駄な工程を減らすために、転職エージェントに依頼をかけてます。

非公開求人に応募できるのも、メリットの一つです。

それ以外にも、面談で希望を伺った上で自分では想像もつかない求人を紹介してもらえることもあります。

ぼくも何度か全く聞いたこともない企業を紹介してもらったことがありますが、結構こういった求人の中に自分の希望に合った企業がありました。

大きい会社だけでなく、小さくても良い会社はたくさんあるんだなって気付かされました。あなたにも知っておいてもらいたいのは、会社の規模だけで会社の良し悪しを判断するのはもったいないということです。

誰にも企業選びの軸があると思いますが、ぼくも自分の中でフィルターをかけて、可能性を狭めていました。

転職エージェントを利用することで、可能性を広げてくれるきっかけにも繋がります。

企業からのフィードバックが聞けたこと

転職エージェント経由だと、企業からのフィードバックがもらえます。

NGだった時、「何がダメで次はどうすればいいのか?」、「ダメだったけど、評価されたことはなかったのか?」といった具合に。

これが聞けるのはとても大きいです。改善点が分かれば、次の対策ができますからね。

転職エージェントを通さないと、基本的に結果しか分かりません。

改善点が分からないので、自分の想像でしか対策ができないんですよね。

そうすると、間違った対策をしてしまうこともあって、無駄な努力に終わってしまうこともあります。

 

年収が上がったこと

ぼくは一度目の転職の時に50万円、二度目の転職の時に110万年収が上がりました。

二回の転職で転職エージェントを利用していたからこそできたことだと今ふりかっても思います。

転職エージェントを利用しなくても年収を上げることはできますが、自分で交渉するのが苦手な人にとっては嬉しいサポートになるかと思います。

 

転職エージェントを利用してみて悪かったこと

 

 

転職エージェントを利用して悪かったことは、以下の通りです。

  • とにかく求人をたくさん紹介されたこと
  • 内定時のクロージングが強かったこと

それぞれ詳しく見ていきます。

とにかく求人をたくさん紹介されたこと

求人数に関しては、その人の希望や状況にもよりますが、一気に20社といったように何十社も紹介してくるのは考えものです。

自分がそれを希望しているなら良いですが、数だけあればいいという話ではありません。

確かにある一定の数は必要ですが、”数打てば当たる戦法”は無駄に応募歴を増やすだけで、実はチャンスロスです。1度応募すると、企業にもよりますが最低1年は受けられません。

ぼくも過去に、あまりにチャレンジングな求人や希望に沿わない求人をひたすら紹介されたことがあります。求人の質だけでなく、コンサルティングの質も低かったのでフェードアウトしました。

内定時のクロージングが強かったこと

たまにクロージングが強いキャリアコンサルタントもいます。ぼくも一度、内定もらった時に強いクロージングに遭ったことがありましたが、これがホントに不愉快でした。

この時は、結局気が進まないということもあって辞退しましたが、良いことばかり話してクロージングしてくるキャリアコンサルタントには注意してください。

キャリアコンサルタントは、営業です。

内定時に、他に選考中の企業があるにも関わらず、「なるべく早く返事をください」、「良い会社なので決めましょう」みたいなことを言ってきたら疑った方がいいです。

 

転職エージェントの利用をおすすめする人

 

書類選考が中々通らない人

 

第二新卒・既卒・フリーターから転職を目指してる人

 

退職してから空白期間(ブランク)が長い人

 

ブラック企業は避けたい人

 

忙しくて効率良く転職活動を進めたい人

 

転職サポートを受けたい人

 

転職サイトには掲載されてない非公開求人を探したい人

 

 

転職エージェントを賢く利用する方法

 

複数の転職エージェントを利用する

 

業界・職種によって強みがある

 

 

信頼できる転職エージェントに相談しよう!

転職エージェントは、賢く利用しましょう。メリットもあるので、それを最大限活かしてください。

登録したからって転職エージェント経由で決める必要もないし、合わなかったら利用をやめればいいだけなので、もっと気軽に考えましょう。