アメとムチのキャリアスクール

~キャリアに悩む20代のお悩み相談所~

ぶっちゃけ転職に失敗した、もう辞めたい。すぐ辞めていいのか?

スポンサーリンク

f:id:wata0118:20161223181220j:plain

どうも、キャリアブロガーのわたです。

 

転職活動が無事に終わって、新しい会社に入社。でも、転職してすぐに「こんなはずじゃなかった...」と思う人がたまにいるんです。

できればこんなことになって欲しくはないのですが、起きてしまったことは仕方ありません。

 

で、問題はこの時、「すぐ転職してもいいのか?」、「それとも留まるべきなのか?」ってことです。

これは結論から言うと、理由やその人が置かれている状況にもよります。中には「辞めない方がいい」と言う人もいますが、ぼくはそうは思いません。

一概に辞めた方がいいとも、辞めるなとも言えないので難しいんです。辞める辞めないの判断基準や線引きはどういうものか気になりますよね。そこで、今回は転職に失敗したと感じた時、どうすればいいのかぼくの考えを書いていきたいと思います。

  

失敗した原因を振り返る

まず、やって欲しいことは転職に失敗した原因を必ず振り返ることです。これを怠ると、また転職を失敗する可能性があります。この話に限ったことではありませんが、失敗したのには何かしら理由があるはずです

例えば、焦って決めてしまったとか、見かけの条件に惹かれた、社風をあまり見てなかったなど。

 

自分なりになぜ失敗したのか振り返ってみてください。そうすることで、次に移す行動が見えてくるからです。

すぐに辞めてもいいと思う理由は、明らかに契約内容と話が違うとか社会保険に加入してないなどの場合です。

 

ただ、この場合でも一度事実関係を確認しましょう。

転職エージェント経由で入社した人は担当コンサルタントに間に入ってもらい、確認してもらってみてください。はっきり言って、転職エージェント側にも責任があるケースが多いので、必ず間に入ってもらってください。

 

その問題・不満は本当に変えられないのか検証する

原因を振り返った結果、自分に非があると分かった場合はどうしたらいいか。問題はこの場合ですね。いや、むしろこっちの方が多いんですが...。

前職にいた時に、求職者の方で転職してすぐに辞めたいと申し出てきた人は、ほとんど社風や人間関係、仕事内容に関する理由でした。みんなこういった理由で転職したのにまた転職って感じですが、結構の割合でいるんです。

 

もし不満に感じることが、改善の見込みがありそうなら動いてみる価値はあります。

少し時間はかかるかもしれないし、動いても良くならないかもしれません。それでも、動いたという事実に価値があります。転職理由で面接官が見ているのって、ここなんです。短期で辞めるなら尚更重要です。

 

だらだらやっても意味ないので、行動すると決めたなら自分の中で期限を設けましょう。それでも状況が良くならない場合は転職に踏み切りましょう。

 

実を言うと、自分自身が転職後すぐに辞めたいと思ってました。転職した当時、社内環境が杜撰だったんです。今思うと、それをちゃんと確認しないで転職した自分にも責任があるんですけどね。

ぼくは転職エージェントを利用して転職したので、お世話になったコンサルタントと大手エージェントに状況を話しました。

 

結果的に踏み留まりしたが、ぼくの場合、話を聞いてもらったことで少し気持ちが楽になりました。また、ここで辞めるより、経歴を作ってこの状況を変えてみようと思えたのも原動力になりました。

 

それでも辞めたい場合はどうするか

とは言え、合わな過ぎて会社に行くのも辛い、身体が拒否反応を起こしているといった人もいるかもしれません。その場合は無理しないでください。人によって、割り切れる人とそうでない人、性格などもあります。合わないものに無理して合わせることはおすすめしません。そんな時は、転職も視野に入れてください。

 

でも、転職理由を何て言おうか悩むと思います。

このケースの場合、変に嘘はつかずに正直に反省してること、自分にも非があることを伝えた方が誠実さが伝わります。ポイントは、その失敗から何を学んで、次失敗しないためにどうすればいいか?を整理しておくことです。面接で聞かれる可能性が高いので、必ず準備しておきましょう。

 

あと、もう一つは転職せずにフリーランスになるっていう選択肢もあります。

これはもちろん全ての人ができるわけではありませんが、IT系のスキルがある人なら可能性は充分にあります。今は、フリーランスのエンジニアやwebデザイナーといったIT系職種の人向けにギークスジョブレバテックフリーランス が案件を紹介しています。

別に転職にこだわる必要はありません。転職はあくまで一つの手段です。

 

たとえ短期で辞めても履歴書・職務経歴書に書くこと

前職にいた時に、たまにすぐ辞めるんだから履歴書や職務経歴書に書く必要ないんじゃないか?と質問してくる人もいました。これ、ちゃんと書いてください。

雇用保険に加入していれば一発で分かるので嘘はつけません。下手したら、仮に転職できても経歴詐称で内定取り消しになるので注意してください。そうなれば、努力も水の泡です。

 

最終的にどうするかは自分次第

ここまで色々書いてきましたが、誰かに相談しても辞める辞めないを決めるのは最終的に自分です。辞めずに解決できるのがベストですが、そうもいかない場合もあります。

どっちが正解というわけでもないので、辞める選択をしても悲観的にならないで欲しいです。

自分で決めたことであれば、人のせいにすることもありません。

 

▼転職するしないに関わらず、転職エージェントに相談するのも一つの手です

www.wata0118.com