アメとムチのキャリアスクール

~キャリアに悩む20代のお悩み相談所~

採用の裏側知りたくない?選考結果の連絡が遅い5つの理由

スポンサーリンク

f:id:wata0118:20170219210258j:plain

こんにちは、キャリアブロガーのわたです。

約1週間振りの更新。まだこれで3記事目wこれから頑張ります。

 

はい、本題に入りますが、皆さんが就活や転職活動していた時に選考結果が中々来なくてイライラしたことある人もいるんじゃないでしょうか?ぼくも何度もあります。笑

でも、この理由が人材会社に入り、採用の裏側を見て分かりました。

人材業界の仕事は、ざっくり言うと企業の採用支援と人のキャリア支援です。間に入ってお互いをマッチングさせること。こう言うと聞こえは良いですが、裏では泥臭いこともやってきました。

時には、求職者にわざと選考結果を遅らせて知らせることもありました。「は?お前何やってるの?」って声が聞こえてきそうですが、別に焦らしていたわけでも、いじわるしてたわけでもありません。

 

その理由は後ほど話しますが、裏事情やぼくの苦労話と合わせて知ってもらえると幸いです。笑

それでは、選考結果の連絡が遅い理由について書いていきます。

 

 

選考結果の連絡が遅い5つの理由

これには、実は色々理由があるんですよね。連絡が中々来ないと思っている方がいたら、下記の理由のいずれかに該当している可能性があります。

転職活動中の方は、自分がどれに該当しそうか参考にしてみてくださいね。

 

1、企業の選考スピードがそもそも遅い

採用に困ってる企業やすぐにでも人が欲しいと切羽詰まってる企業の採用スピードは早いのですが、中には売り手市場ってことを理解してない企業もあります。

そういった企業は、驚くほどゆっくりやってます。これは老舗企業とかに多かった印象。

 

自己応募の場合は、ひたすら待つしかありませんが、転職エージェント経由だと担当のコンサルタントに進捗聞いて、プッシュして早めてもらえたりまします。絶対じゃないけどね。

気になる方は、一度問い合わせてみる価値はあります。

 

ぼくが前職にいた時も、あまりに連絡が遅い時は電話やメールでよくプッシュしていたので遠慮しなくて大丈夫です。

 

2、保留になっている

これは、次に進めるか悩んでいるパターンです。ぼくが前職にいた時にも、このケースは何度も遭遇しました。

その度に、電話やメールで企業に進捗早めるようにプッシュしてましたけどねw

とは言っても、特に人気企業ほど応募者が多く、フィルターにかけるのも大変なんです。

 

悩むってことは選考の土俵には乗っているけど、他の候補者と比較して迷ってる、決定打に欠けている、懸念事項が何かしらあるケースが多いです。

これも転職エージェント経由なら確認してもらうことができるのですが、正直どうにもならないこともあります。企業には企業の都合があるからです。

これは、気長に待つしかありません。

 

3、お見送り理由だけを知らせると、求職者と連絡が取れなくなる

これは転職エージェントを利用している場合の話なので、利用してない方は読み飛ばしてしまって構いません。利用している方は参考にしてください。

 

実は、求職者にNGだけを伝えるとそのまま連絡が取れなくなってしまうことがあるんです。

どういうことかと言うと、転職エージェントを利用している方は面談時に複数の企業を紹介されているかと思います。

 

何社か並行して選考が進んでる場合は良いんですけど、1社しか受けてないとか持ち駒が少ない場合は、ほとんどの転職エージェントがNG理由と合わせて別の求人を紹介してくるはずです。もしかしたら、経験ある人もいるかもしれませんね。

これはぼくにも経験があります。自分が転職活動していてエージェントを利用していた時と前職で働いていた時の両方です。

 

やはり、NGだけを伝えるのは心苦しくて、その後連絡が取れなくなってしまう可能性がある。

だから、ぼくらはその求職者に見合った求人を必死に探したり、なければ企業に新規開拓して新しい求人を取ってくる。こういったことをやっていて、選考結果を知らせるのが遅くなることもあるんです。

 

そんな裏事情もあるってことを知ってもらえると嬉しいです。笑

 

4、企業や転職エージェントが連絡を忘れている

これ、本当にあります。求職者からしたらふざけるなって話ですが、人間なので忘れてしまうことはあるんです。だからってもちろん、許される話ではないですけどね...。

ぼくが前職にいた時にも、中々選考結果が来なかったので企業に確認の連絡入れたことがありました。そしたら、「すみません、連絡忘れていました」、「書類見てませんでした」と言われたことも何回かありました。

「おい、ふざけるな」とは言えず、何度も心の中で叫んでいました。

 

そして、企業だけでなく、転職エージェントでも忘れるキャリアコンサルタントもいます。これもあってはならない話なのですが、エージェントによっては一人のキャリアコンサルタントがたくさん求職者を抱えていて、管理しきれなくなっていることもあるんです。

 

そんなの知ったこっちゃないって話ですが、一度ならまだしも、何度も同じミスをするようならそのエージェントの利用は控えましょう。

そんなキャリアコンサルタントに自分の人生を左右する転職支援を任せるのは危険です。

 

5、内定だけど、稟議がまだ下りてない

最終選考後に限った話ですが、稟議が下りるのが遅くて連絡ができてない場合もあります。これは大手企業などに多いですが、最終選考ではこんなこともあるってことを念頭に入れておいてください。

この場合は、気長に待つしかありません。

 

企業によってはサイレントお祈りもありますが、目安としては1週間以上経っても連絡が来ないようなら一度確認をしてみて良いと思います。

 

連絡が遅いからと言って、必ずしもNGではない

選考結果の連絡が中々来ないと、ダメだったんじゃないかって不安になりますよね。

でも、ぼくの経験から言うと必ずしもダメってわけではありません。その場合も確かにありますけど...。

不安になる気持ちは分かりますが、考えていても仕方ありません。できることもありますが、他の企業に選考に専念するなど、他にできることをした方が有意義です。

 

選考結果が来ないと落ち着きませんが、上記で記載したような理由から遅くなることがあります。

今の自分の状況と照らし合わせて、参考にしてもらえば嬉しいです。

 

▼ぼくが実際に聞いたお見送り理由をまとめました

www.wata0118.com