アメとムチのキャリアスクール

~キャリアに悩む20代のお悩み相談所~

会社を辞めようか迷ってる人に伝えたい5つのこと

スポンサーリンク

 

f:id:wata0118:20180212190345j:plain「そろそろ会社を辞めようかな…でも、本当に転職していいのかな?」、「転職するにしても今すべきなのかタイミングが分からない」

そんな風に悩んだり、考えていませんか?

ぼくもかつて会社を辞めようか悩んでいる時期がありました。自分一人で悩んでいた時は仕事に身が入らないし、本当にただただ辛いの一言に尽きました。

でも、一人で悩んでいたって何の解決もしないし、物事が良い方向に進むことはありませんでした。当たり前の話なんですが、こうなってる人はいるんじゃないでしょうか?

 

仕事の悩みなら会社の人にも相談はできますが、会社を辞める辞めないといったキャリアのターニングポイントにもなるセンシティブな悩みは、当然会社の人に話せませんよね。

悩んで、考えること自体は良いのですが、それがずっと続くのは健全ではありません。

 

きっとこの記事を読んでる人は、さまざまな理由から会社を辞めようか迷ってると思います。かつてのぼくのように一人で悩んで時間を無駄にして欲しくないと思ってます。

 

そこで今回は、会社を辞めようか迷ってる人にぼくの経験も踏まえながら伝えたいことを書くので、会社を辞めようか悩んでいて、日々モヤモヤしながら働いている人の参考になれば嬉しいです。

 

会社を辞めようか迷ってる人に伝えたい5つのこと

 

1、そもそも辞めたいと思った理由は何なのか

f:id:wata0118:20180212232014j:plain

まず、一番に考えて欲しいのは、そもそもなんで会社を辞めたいと思ったのでしょうか?

それにはさまざまな理由があると思います。

例えば、

・社風が合わない

・やりたい仕事ではない

・給料が低い

・人間関係が合わない

・残業時間が長い

など…

 

別に正解不正解があるわけではないし、人によって内容は違います。

自分が今の会社や仕事の何に不満を感じているのか、一度時間を作って紙にでも書き出して、可視化してみてください。

 

状況を整理してみることで、普段何にストレスを感じてるのかが分かってきます。

そのストレスポイントが今改善したいこと、転職するのであれば叶えたいことになるはずです。

 

2、不満や課題は本当に解決できそうにないのか

不満や課題を整理した後、それらが本当に転職でないと叶えられないのか、一度考えてみてください。

会社そのものが嫌いとか劣悪な環境下で働いている人は、解決が難しいと思うので、ここは省いてしまってもいいですが、ここで不満や課題にきちんと向き合ったかどうかは、面接でめちゃくちゃ見られます。

 

ぼくも3社経験して思いますが、所属した会社全て完璧なんてことはありません。というか、そんな会社はないでしょう。

どこの会社も大なり小なり不満に思うことや課題に感じることはあります。ぼくも3社経験し、ようやくそのことを身をもって実感しています。

 

今の不満や課題が改善できるなら、まだ転職は時期尚早です。

 

3、転職したからと言って、全ての希望が叶うことはない

f:id:wata0118:20180212232858j:plain

皆さんは、転職をすれば今感じている不満や課題が解決して、良くなると思ってませんか?

これは半分正しいですが、半分間違ってます。

不満や課題が解決できる点だけ見ると一見良さそうに見えますが、その代わり転職によって今のい会社にあるものを失う可能性があります。

 

これは、ぼくが2回転職していて痛感してますが、転職は基本的に代替交換です。

ぼくのことで言えば、1社目から2社目の転職では、仕事内容と勤務地の希望は叶いましたが、(転職時は)福利厚生は全くなく、労働時間が長くなりました。

 

2社目から3社目の転職からでは、社風と業種、年収の希望は叶いましたが、勤務地は同じ都内でも遠くなり、仕事の進め方、コミュニケーションの取り方などが大きく違う点などに戸惑いがありました。

 

ぼくの周りでも、年収が下がったけど希望の職種に就けたと言ってる人もいます。

人によって叶えたいことと妥協できることは、当然違うので、1で書いた不満や課題を元に転職によって何を叶えたいのか?を考えて欲しいと思います。

 

これから転職するなら、転職によって絶対に叶えたいこととこれなら妥協できることを明確に分けてください。

叶えたいこと、妥協できることもそれぞれ3つくらいだと思います。それ以上だと多くて軸がブレるし、1つくらいなら転職しなくても良さそうな気がします。

 

4、モヤモヤするなら、転職活動をして実際に動いてみる

会社を辞めようかどうか迷っていて、踏ん切りがつかない人は、とにかく悩んでないで転職活動をして動きましょう!本当にこれに尽きます。

真剣に取り組めば、必ず何かしらの気付きが得られます。結果的に転職しなくたって良いんです。ここでの目的は、転職するしないを明確にし、今後の方向性を決めることだからです。

 

今後の方向性が決まれば、迷いなく次のアクションに踏み切れます。転職するなら書類書いて面接受ける、しないならもう少し現職で頑張っていざ転職する時のために経験を積む。

この決断を下すためには、実際に転職活動をしないと分からないんですよね。

 

ぼくが思う、転職活動するメリットは2つあります。

1つ目は、今の自分を客観視でき、自分では気付かない強みや弱みが分かることです。

結果的に、現職に留まることになっても無駄ではありません。転職エージェントに相談に行けば、「その理由なら、転職に踏み切ってもいいと思います」、「今の経歴だと、正直転職は難しいです」みたいに、これからの動きや方向性について具体的にアドバイスしてくれます。

 

リクルートエージェントなどの転職エージェントは、無料で相談できるので、一度も利用したことない人は相談に行ってみてくださいね。

転職を強要されることもないので、安心して利用してください。

 

そして2つ目に、自分の会社の良いところや悪いところが分かることです。

1つの会社でしか働いたことがない人は、今の会社しか知らないので、他社に比べて何が良くて、悪いのか分からない人が多いんじゃないかと思います。

実は、転職活動してみると、「今の会社は実は恵まれてる」、逆に「このままこの会社にいるのは自分にとってプラスにはならない」と気付くことがあります。

 

これも転職活動して初めて分かることです。

実際、ぼくも前職にいた時に転職活動し、面接まで受けて、恥ずかしながら惨敗したことがありました。その時初めて、「今の自分の経歴じゃダメだ」と気付き、そこから奮起して経歴に書けるキャリアを積むよう意識して業務に取り組みました。

 

転職活動すると自ずと答えが出るので、迷って今まで動けてなかった人は、転職サイトや転職エージェントに登録するなど具体的なアクションを起こしましょう。

 

5、転職しても、また違った不満や課題は必ず出てくる

f:id:wata0118:20180212233316j:plain

これは、ぼくが一番伝えたいことです。

1で不満を書き出して欲しいと言いましたが、仮に転職することになったとしても、また別の不満や課題が出てくるはずです。

残念ながら、これは避けて通れません。

 

これはぼくも感じてますが、ぼくの周りで転職したことのある人は、何かしら大なり小なり感じているとみんな口を揃えて言ってます。

 

先程もお伝えしたように、完璧な会社はありません。人間だって、誰にでも長所もあれば短所もありますよね?それと同じです。

今回の転職では、何を優先し、折り合いをつけるのかを明確にしないと、転職できてもちょっと嫌なことがあるとまた転職…と、いわゆるジョブホッパーになります。

 

転職自体は悪いことではなく、むしろ一度くらい経験して欲しいと思ってるくらいです。

ただ、こうやっていたずらに転職を繰り返すことだけでは避けて欲しいですし、キャリアを擦り減らしてどこにも転職できなくなってしまいます。できたとしても、自分を安売りしないと難しくなります。

 

そのことを踏まえた上で、転職活動をして欲しいと思います。

 

転職活動するなら、転職エージェントを利用して動くべし!

f:id:wata0118:20180212232528j:plain

会社を辞めようか悩んでいる人は、先程も言いましたが、まずは転職エージェントを利用し、今の悩みを相談してみましょう。

転職エージェントのキャリアコンサルタントは、転職の成功例だけでなく、失敗例も見てきてますから、「このケースなら転職した方がいい」、逆に「転職しないで現職に留まるべき」など具体的にアドバイスをしてくれます。

 

相談することで、モヤが晴れるだけでなく、転職するしないに関わらず今後の方向性が見えてきます。

モヤモヤしながら働くのが、一番良くありません。

 

動かけなければ、明日もまた同じ日々の繰り返しです。

この記事で、ぼくが使ったことのある転職サービスをまとめてあるので、参考にしてみてください。

 

また、ぼくもこの記事を書いてる時点で、人材領域に4年近く身を置いてるので、何か困ってることがあれば、遠慮なく連絡してもらえれば、少しは役に立てるかと思います。求人を紹介するなどの転職支援はできませんが、会社辞めるべきか迷ってる人の話なら聞けますので。

 

皆さんのキャリアが少しでも良い方向に動くことを願ってます!

 

▼こちらの記事もどうぞ

会社を辞める覚悟は本当にある?転職に失敗する人の5つの特徴

転職したこともない人に転職の相談をしても意味はない