アメとムチのキャリアスクール

~キャリアに悩む20代のお悩み相談所~

仕事や勉強で生産性を上げたいなら、1日2食という選択肢があってもいい

スポンサーリンク

f:id:wata0118:20170208222303j:plain

皆さんは、一日に何食食べていますか?

3食きちんと食べる人もいれば、2食しか食べないって人もいると思います。中には1食しか食べないって強者もいるようですが...ちなみにぼくも体調や空腹具合によっては、2食しか食べない日もあります。

 

芸能人だとタモリ香取慎吾は、一日2食しか食べないと言ってます。

巷では、「3食食べるべき」とか「2食でいい」と言っている人もいます。

この話は、医者や栄養士の間でも議論がなされていたり、最近は健康ブームで書店に行けば食事に関する本がたくさん置いてありますね。

 

何食食べるかは、その日の体調などにもよるので正解はないのかと個人的には思います。

ただ、特に仕事や勉強での生産性を上げるという点で言えば、1日2食しか食べないという選択肢があってもいいと思います。

 

飽食で食べ過ぎの現代人

そもそも、現代人って食べ過ぎなんですよ。実は、3食食べるようになったのってここ数百年の歴史なんです。昔は2食しか食べてなかったんですよね。しかも今って違ってもっと肉中心の食生活でもなかったし。

 

もちろん、ライフスタイルも変わり、現代人と昔の人とでは必要なカロリーは違うとは思いますが、それでも現代人は食べ過ぎの傾向にあります。

例えば、3食以外にもお菓子や間食取ったり、添加物だらけの食生活、知らないうちに調味料をたくさん使っていたりすることってありますよね?こうなると、一日の平均摂取カロリーなんて簡単に超えます。

 

食べ過ぎが健康に良くないことは何となく分かると思いますが、仕事や勉強での生産性が落ち、集中力は下がるので、何一つ良いことはありません。

 

午後以降も集中したいならお昼は食べない、または量を減らす

成長期の子供なら3食きちんと食べた方が発育的に良いですが、大人なら別に3食食べる必要はありません。1食抜いたからってどうってことありません。

 

ぼくは、未だにお腹が空いてない時は昼食を抜きます。たとえお腹が空いていても、あまり量を食べない、炭水化物の摂取を意図的に控えることもあります。

というのも、前に昼食後に襲ってくる睡魔に悩まされた時期があったんですよね。

 

きっと学生の頃、3限の大講義の授業は爆睡してたって人もいるでしょう。笑

ぼくもその一人でしたw

これは、ただ食事するから眠くなるんじゃなくて、炭水化物を採って上昇した血糖値を下げようとする身体の働きによって眠くなるんです

 

これが悩みの種でした。そうでなくも、午後は誰でも生産性が下がります。

ぼくは前まで、お腹が空いてもないのに時間が来たからって昼食を食べていました。

お腹が空いていた時でも、バナナやサラダ、コーヒーだけの時とかもあります。まるで女子みたいな、いや、下手したら女子以下の食事量です。

 

たまに、「昼食べないで大丈夫?」とか「その量で足りるの?」と心配されることがあるのですが、全然問題ないですね。笑

 

休憩時間は昼食を食べるのではなく、その名の通り休憩に充てる 

ぼくの場合、休憩時間は昼食を食べる時間ではなく、休息に時間を充てていて、カフェに行って5分~10分くらい仮眠してました。

むしろお昼休みになったからお腹も空いてないのにご飯食べるのって、胃に負担かけてるだけで、健康的とは言えません 。

 

もちろん、個人差があると思うので別に集中力落ちないし眠くもならないって人は良いですが、同じような悩みを抱えている人がいたら、昼食を抜いてみることをお勧めします。

 

いきなり食事を1食抜くのが難しいなら、「腹8分目までに抑える」、「炭水化物の摂取はなるべく控える」など、工夫の余地はいくらでもあります。

 

その日のコンデションや体調によって食事回数を変える

必ず3食食べなきゃいけないっていうのは思い込みです。ぼくも前まで、3食しっかり食べることが健康に良いと思ってました。

でも、空腹でもないのに無理して食べるのってかえって不健康です。

 

皆さんは、食事する時に本当に空腹感を感じていますか?

食事回数は、その日のコンディションや体調によって柔軟に変えた方が良いです。

例えば、

・前日の夜に食べ過ぎた・飲み過ぎた

・病気などで体調が悪い

・空腹感を全く感じない

 

なんて時は、無理して3食食べる必要ってないですよね。無理して食べたところで、一日のパフォーマンスはだだ下がりです。

 

今まで以上に仕事や勉強でパフォーマンスを上げたい人へ

ぼくが午後に眠くなって集中力を欠くのを解消するために、参考にしたのがハイパフォーマー思考という本です。

前までは、空腹でもないのに3食きちんと食べるようにしていたり、添加物がたくさん入ってる食品も気にしないで食べていました。今振り返ると、それらが生産性を下げていたんだと思います。

 

この本を読めば、食生活の見直しだけでなく、日々のコンディションを上げるための習慣や思考法などが分かります。

本書の内容を試して以来、午後の眠気が解消されただけでなく、疲れを感じにくくなりました。

 

仕事や勉強での生産性を上げたい人や日頃疲れが中々取れないと感じている人は、是非読んでみてください。参考になるはずです。

 

まとめ

今まで3食食べることが正しいと思ってきて、生産性が落ちていた人は一度食生活を見直してはいかがでしょうか?食事の量を減らす、満腹になるまで食べないなど小さいことでもできることはあります。

コンディションは、自分でコントロールできます。