アメとムチのキャリアスクール

~キャリアに悩む20代のお悩み相談所~

大手企業からベンチャー企業に転職する時に注意すべき5つのこと

スポンサーリンク

f:id:wata0118:20171126234131j:plain

こんにちは、わたです。

 

転職を考えている人の中には、ベンチャー企業に転職をしようと思ってる方もいるんじゃないでしょうか?

実は、ぼく自身も大手航空会社からベンチャーの人材会社、そしてまたIT・人材ベンチャーに転職しています。

ベンチャー企業は大手企業に比べると裁量もあり、フットワーク軽く動けるのがぼくは魅力だと思ってます。

とはいえ、良いことばかりではありません。今振り返っても、1社目の方が優れていたことや良かったこと、ベンチャーの方が大変だと感じることがあります。

 

これからベンチャー企業に転職を考えている人は、イメージに流されて転職するのではなく、事前に大手企業とベンチャー企業のそれぞれのメリットとデメリットをちゃんと理解することが大切です。

それについては、以前こんな記事を書いたので参考にしてください。

 

ぼく自身も大手企業からベンチャー企業に転職しているので、その経験も踏まえつつ、大手からベンチャーに転職をする時の注意点について紹介します。

 

 

ベンチャー企業向きの人の特徴

ベンチャー企業と大手企業は、働き方や収入などが全く違いますし、とにかく何かが欠けています。それは、資金、人、物だったりさまざまですが。

そんなベンチャー企業ですが、どんな人が向くのかまずは特徴について。

・セルフスターター

実力主義を望む人

・変化を楽しめる人

・業務の幅を広めていきたい人

・柔軟性がある人

など

 

上記のマインドや行動スタンスを持っている方でないと、ベンチャー企業に転職しても苦労するだけでなく、失敗だったと思うかもしれません。

そうならないためにも、事前に自分は本当にベンチャーに向いてるのか考えてみてください。

 

大手企業からベンチャー企業に転職する時に注意すべき5つのこと

それでは、具体的に大手企業からベンチャー企業に転職する時に注意すべき内容を見ていきます。

 

1、待遇面は大きく下がる可能性がある

ベンチャー企業への転職に限った話ではないのですが、転職時に待遇面を気にされる方もいらっしゃるかと思います。それは至って普通です。

ですが、大手から企業からベンチャー企業へ転職する時は、年収は現職と据え置きか、ダウンすると思っておいた方がいいでしょう。

 

これは、前職の業界や職種、年齢にもよるので絶対ではありませんが、可能性としては非常に大きいです。

 

逆に言えば、年収が下がってでも転職したい人だけどうぞって感じです。

ですが、年収には変えられないメリットを享受できるのが、ベンチャー企業の転職の良いところでもあります。

 

今と同じ待遇面でないとダメって人には、ベンチャー企業への転職は向いてません。

 

2、他社にはないその会社だけの強みや独自性があるか

せっかくベンチャー企業に転職するのであれば、他社には強みや独自性、その会社にしかないサービスや商品などがあるのかといった点に目を向けて欲しいと思います。

というか、ベンチャーって大手と同じことやっていては勝てないわけで、独自の商品やサービスで戦っていかないと負けてしまいます。

 

その会社ならではの強みや独自性がないなら、ベンチャー企業に転職する意味はないと思ってます。個人的にはおすすめしません。

 

ぼくが2社目から3社目に転職した時の決定打になったのが、まさにこれでした。

前職も人材系の会社でしたが、正直前職の時は、「これが強みだ」と具体的に言えるものがありませんでした。

 

ですが、今はある特定の分野に特化していて、なお且つ今後伸びしろのある分野だというのが明白でした。

転職を考えている企業の市場規模(マーケット)や今後伸びしろがありそうかは、よく見ておいた方がいいです。

 

3、裁量の幅は広がるが、専門業務のことから雑用までやる

大手企業で働いている人は、決まったことをやっているからつまらない。だからベンチャーに転職したい。そんな不満を抱えて、もっと裁量のある仕事をしたいと思ってベンチャーに転職を考えている人もいるかもしれません。

 

ですが、ベンチャー企業に転職すると自分の専門業務以外の業務をやる可能性が高いです。例えば、営業なのに採用、事務、企画など自分の専門業務のこともやる羽目になるなんて珍しくも何ともない。

 

大手企業は普通分業なので、自分の業務に専念していればいいのですが、ベンチャー企業はとにかく人が足りないことが多く、猫の手も借りたい状況だったりします。

 

これが、人によっては非常にストレスに感じるんですよ。「なんでそんなことまで自分がやらなくちゃいけないんだよ」って。

ぼくが1社目から2社目に転職した時に感じた一番のストレスがこれでした。

とにかく守備範囲が広いんですよね。

 

また、会社によっては、社員全員で週1で掃除やるところもあります。もちろん無給で。ぼくの前職もそうでした。

ベンチャー企業全てで掃除があるわけではありませんが、ベンチャーの中でも従業員数が数十名の会社では、よくあることです。

 

良く言えば、さまざまな業務に携わることができるチャンスとも言えますが、自分のことしかしたくない人にとっては、ただのストレスでしかありません。

自分の専門業務以外の業務や雑多なことまでやる可能性が高いってことは、覚悟しておいた方がいいです。

 

4、全てにおいてスピード感が違う

ベンチャー企業は、とにかく意思決定から仕事に取り組むスピードからありとあらゆることが早いです。

大手企業で働いていた人は、初めはスピード感に戸惑うかもしれません。ぼくも2社目に転職したばかりの頃は戸惑いました。

 

例えて言うなら、まるで一般道路から高速道路に移った感じですかね。

ベンチャー企業は人数が少ない分、フットワーク軽くスピーディーに仕事できるのが強みです。むしろこれくらいしかないんじゃないかと思うくらい。

資金力や知名度などでは大手企業に劣っているので、同じ土俵で勝負しても負けます。

 

ベンチャー企業と一言に言っても、サイバーエージェントみたいなメガベンチャーからアーリーベンチャーまでさまざま存在します。

企業によって多少の差異はあるものの、概ねこの認識で間違ってないので、ベンチャー企業はスピード感が大切ってことは覚えておいてください。

 

5、最悪倒産の可能性もある

まあ、今の時代ベンチャー企業に限らず大手企業でも倒産するんですが、とはいってもベンチャー企業の方が確率が高いのは言うまでもありません。

皆さんは、ベンチャー企業の生存率ってどれくらい知っていますか?

聞いたことある人もいると思いますが、設立1年で40%、5年で15%、10年で6%の生存率と一般的に言われています。

 

5年経つと、半分以上のベンチャー企業が廃業を余儀なくされたり、吸収合併されたりします。

脅かすわけではないのですが、ベンチャー企業に転職するなら、最悪の事態も覚悟した上で転職を考えましょう。

 

リスクを取れる人はベンチャー企業に転職する価値あり

ぼくも今、ベンチャー企業で働いているのですが、ベンチャー企業のメリットだと感じる点がいくつかあるので挙げてみます。

・経営者と近い距離で仕事ができる

・自分がやりたいと思ったことを手を挙げればやらせてもらえる

年功序列ではないので、若くして役職に就くチャンスやそれに伴い年収が上がる

・裁量やスピード感を持って働ける

 

上記の内容に魅力を感じるようであれば、ベンチャー企業への転職する価値はあります。

ただし、良いことばかりではないので、その点を踏まえて考えて欲しいです。

とは言っても、ぼくはベンチャー企業への転職したってことが価値になると思うので、仮に失敗したとしても、それはそれで良い経験になるんじゃないかと思います。

 

ベンチャー企業に転職したい人は転職エージェントに相談しよう

ベンチャー企業に転職を考えている人は、転職エージェントに相談してみましょう。

良くも悪くも、さまざまな会社がありますから、自分で判断したり、見極めるのは難しいはずです。

最近は特にIT/Web業界を中心にベンチャー企業が増えています。

 

ベンチャー企業の特徴やメリット・デメリットをしっかり理解した上で、転職活動を始めてみてください。

下記に転職エージェントを紹介しているので、参考にしてください。

www.wata0118.com