アメとムチのキャリアスクール

~キャリアに悩む20代のお悩み相談所~

会社を辞めたいなら要チェック。転職を考えるべき会社の特徴6つ

スポンサーリンク

f:id:wata0118:20161220200950j:plain

こんにちは、キャリアブロガーのわたです。

 

皆さんは、今の会社の労働環境や条件に満足でしょうか?

今すぐにでも会社を辞めたいと考えている人や今の会社に不満を感じながら悶々と働いている人もいるかもしれません。そんな人の中には、かなり劣悪な環境下で身を擦り減らしながら働いている人や不利な条件下で自分を安く売って損をしている人もいると思います。

ただ、転職しない方がいい人がいるのも事実です。

 

そこで今回は、転職を考えた方がいい会社の特徴をまとめてみました。会社を辞めようとする前に、自分の会社の状況はどうなのか、辞めるに値するのか一度確認してみてください。

 

 

目次

1、サービス残業や休日出勤がまかり通ってる

こういう会社は、長く働く人を評価している可能性が高いです。こんな会社にいても未来はありません。さっさと見切りをつけましょう。

もしまだ踏ん張れる気力があるのなら、一度人事や上司に進言してみてもいいと思います。

それでも変わらないのら、もう本当にどうしようもないので辞めた方がいいですね。

 

電通の事件みたいになって命を落とすとか、そこまでいかなくても鬱になったり、身体を壊して働けなくなる方が問題です。無理する必要はありません。

 

2、入社時に交わした契約内容と話が違う

よくあるのが休日数や残業に関してのトラブルですね。いきなり辞める前に会社に事実関係を確認する必要があります。でも、明らかに違っていて変える気もない、掛け合ったが変わらなかったならもう辞めましょう。いわゆるブラック企業ですね。。。

ただし、このような理由で転職する時は自分の確認不足なんじゃないかって思われる可能性もあるので、その辺りを上手く説明できるようにしてください。

そのためにも事実関係を確認する必要があります。

 

3、上司・先輩が尊敬できない

これは若い人に多い理由ですね。尊敬できない人の言うことは、素直に話を聞けないと思います。たとえどんなに正しいことを言っていたとしても。

そうすると、成長スピードが遅くなるのが良くないです。

 

ただし、自分か上司が部署異動するとか尊敬できない人が少ないのであれば、踏み留まる選択をしてもありかと個人的には思いますが、ほとんど尊敬できない人しかいない場合は辞めた方がいいかもれしません。

もちろん、面接でこれをストレートに伝えることはできないので伝え方には注意して欲しいのですが、辞める理由に値します。

 

4、ハラスメントが横行している

パワハラやセクハラ、モラハラなど色々なハラスメントが問題になっていますよね。

これは問題が解決して、その後働きやすくなるのであれば良いんですが、もはや解決したところでその人と一緒に働きたいかって話ですね。問題の人がいなくなるなら話は別ですが。

 

自分が被害に遭っていなくても、周りで被害に遭ってる場合も同じです。見ていて良い気持ちがしないですよね。

特に自分が被害者の場合、まずは人事などに相談して欲しいのですが、それも難しいようであれば転職に踏み切ってしまってもいいでしょう。

 

5、給与が業界平均より極端に低い

綺麗ごと抜きに言ってお金は大切です。まずは自分のいる業界の平均年収と自分の年収を比較してみてください。少し頑張れば改善の見込みがあるなら、検討の余地はありますが、あまりにかけ離れている場合は転職した方がいいでしょう。

 

自分では分からない時は、MIIDAS(ミーダス) や転職エージェントを利用して、市場価値や適性年収を把握することに努めてください。

何も努力もせずただ愚痴をこぼしている人は論外ですが、中には本当に損をしている人もいるので、そうならないためにも

 

給料は自分の能力とは関係なく、環境を変えるだけで簡単に上がったりします。

 

6、人間関係が合わない

前にこんな記事も書きました。

関連記事:転職理由が「人間関係」に関することでも問題ない - sky's the limit

どうにもこうにも合わない人って正直いると思うんですよね。割り切って働ける人は良いんですが、全ての人がそういうわけじゃありません。

合わない人と一緒に働くのは辛いし、たとえ仕事が好きでも給料が良くても会社が嫌になると思います。

 

ちょっと合わないからってすぐ辞めるのは考えものですが、改善の見込みがなさそうなら辞めるのも考えた方がいいです。

人間関係が理由で転職している人は結構いるので、そこは負い目に感じないでください。

 

最後に

今の自分の会社はどうでしょうか?もし該当する項目があって、解決が難しそうであれば無理せず環境を変えましょう。そんな会社に貴重な時間を費やすのはもったいないです。

無理して肉体的にも精神的にも追い込まれたら、元も子もありません。

 

▼転職に踏み切るならこちらを参考に

【保存版】20代におすすめの転職エージェント一覧

【厳選】IT・Web系に特化したおすすめ転職エージェント一覧