アメとムチのキャリアスクール

~キャリアに悩む20代のお悩み相談所~

最後まで油断は禁物。退職する時に気をつけるべき5つのこと

スポンサーリンク

f:id:wata0118:20161218132200j:plain

こんにちは、キャリアブロガーのわたです。

 

転職活動や今後の進路が決まっていよいよ退職交渉。そんな人もいるかもしれません。

転職先が決まって嬉しい気持ちは理解できますが、意外に労力を要するのが退職交渉と退職までの引継ぎなど。

せっかく転職先が決まったのに、ここでしくじると後味が悪い辞め方になってしまいます。 

 

そこで、今回は会社を辞める人に退職時の注意点についてまとめました。

これから新天地で頑張る人の参考になれば幸いです。

 

退職する時に気をつけるべき5つのこと

1、引継ぎをしっかりやる

すご~く当たり前なことをあえて書いていますが、これをやらずに辞めていく人って意外にいるんですよね。

引継ぎをしっかりやらないと、残る人に迷惑がかかるんですよ。前職にいた時、辞めた人が引継ぎをしっかりやらなかっために情報が不足してクレームになったことがありました。だからこれは、必ずやってください。

 

例えば営業なら、担当企業の特徴、お客様の性格、進捗状況、問題が起きてないかなど引継ぎする人に詳細に伝える必要があります。

また、基本的には取引先には後任と一緒に出向いて挨拶した方がいいです。それができそうにないなら、せめて電話やメールで挨拶は必ず行うべきです。

 

2、転職先のことは話さない

これは退職を上司や人事に伝える時です。前にこんな記事も書いたので参考にしてください。

関連記事:退職の意向を伝える時、本音を話す必要はない 

 

転職先のことは絶対に話さないでください。社名を言うなんて以ての外。何か聞かれても適当に誤魔化してください。と言っても、嘘をつけと言っているわけではないので誤解しないように。

特に同業界の転職なら、良く思わないのが普通なのでここは一番気を付けたいところです。

 

3、有給休暇を消化してから辞める

会社を辞める時に残っている有給はなるべく消化して辞めましょう。

まず、先に言っておきますが有給は使えます。意外に有給を消化せず辞めているもったいない人がたまにいるんですが、せっかくなのでこの機会に使って欲しいと思います。

今まで頑張ってきたんだから最後くらい使っても罰当たりません。というより、使えないのがおかしいんですけどね...

 

ただし、勘違いしてほしくないのは自分の好きなように取れるわけではないので注意が必要です。

下記記事に詳細が書かれているので、参考にしてください。

ten-navi.com

要は、引継ぎさえしっかりやっていれば問題なく取れるので心配はいりません。

ポイントは、残りの有給日数と引継ぎ期間です。引継ぎは、たいてい2週間~1ヶ月あれば終わると思います。

これらを考慮して、有給を全部消化して辞めるようにしましょう。

 

4、返却物の期限を確認しておく

 会社を辞めると、今まで会社から借りていた物などを返却しなければいけません。

例えば、

・制服

・社員証

・保険証

・名刺(自分と取引先両方)

・資料(返却というより、シュレッダー)

・通勤交通費

・その他備品など

 

こういったものは返さないといけません。退職が決まっている人は、いつまでにこれを返せばいいのか人事や上司にきちんと確認しておくことが大切です。

 

この中で注意が必要なのが保険証です。有給がなく辞める人は最終出社日に返せばいいので関係ないのですが、有給がある人は有給期間中も使うことができます。

 

辞める時に人事や総務から説明があるかと思いますが、期間が空くと忘れてしまう可能性もあるので、うっかり返し忘れないように注意してください。

 

5、受け取るものをちゃんと受け取る

会社を辞めると受け取る物がいくつかあります。それは、離職票雇用保険被保険者、源泉徴収票です。

雇用保険被保険者と源泉徴収票は、転職先に提出する書類なので必ず受け取るようにしてください。

 

大手企業なら心配ないのですが、中小やベンチャーのように人事や総務がない企業だとこの辺りが雑なこともあるんですよね。自分の会社がそうだって人は注意してくださいね。 

また、会社によっては源泉徴収票は郵送ではなくWebで印刷するところもあるので、受け取り方法を辞める時に確認しましょう。

 

最後まで気を抜いてはダメ

転職先や次が決まって、喜ばしい気持ちは分かります。ですが、次が決まったらはい終わりではなく、気持ち良く転職や次を踏み出すためにも、最後まで抜かりなく進めてください。

 

▼転職先で初めに上手くやっていくために気を付けたいことです

www.wata0118.com