アメとムチのキャリアスクール

~キャリアに悩む20代のお悩み相談所~

転職活動は働きながらすべき?それとも辞めてから?

スポンサーリンク

f:id:wata0118:20161126184821j:plain

こんにちは、キャリアブロガーのわたです。

 

転職活動は働きながらやればいいのか、それとも辞めてからの人が良いのか迷ってる人もいるかもしれません。結論から言うと、基本は働きながらやった方がいいです。

転職活動は、辞めてからやると不利になると言われています。

とはいえ、辞めてからやることを否定してるわけではありません。

状況によっては辞めてからやった方がいいケースもあるので、それについても触れていきます。

 

理想は働きながらやること

ぼくは1社目を辞めた時、先に辞めてから転職活動をしました。

自分が悪いんですが、正直めちゃくちゃ苦労して、もうあんな経験は二度としたくないと思いました。

 

初めはあまり積極的に転職エージェントを利用していなかったことや自分が何したいのか明確でなかったため、想像以上に長引いてしまいました。

 

活動期間が3ヶ月以上続くと、転職活動が難航します。なぜ先に辞めたのか理由を聞かれたり、計画性がないと思われることがあります。

実際、3ヶ月を過ぎた頃から面接で突っ込まれたり、書類で落ちることも増えてきました。今思うと、本当に計画性がなかった...。

 

また、先に辞めるとお金の心配もあります。

実家暮らしの人はまだいいですが、家族がいたり、一人暮らしをしている人は経済的な理由から焦って妥協してしまうこともあります。そうすると、転職する意味がないですよね。

 

僕も短期のアルバイトをしながら転職活動をしていましたが、なかなか骨の折れるもので結構大変でした。土日にまとめてアルバイトしたり、面接後にやったり、時間を工面するのに苦労しました。

 

僕自身の経験からも言えますが、よっぽどの理由がない限りは、働きながら転職先を見つけた方がいいです。

ブランクが空くと、次転職する時も突っ込まれるので。メリットよりデメリットの方が多いのは事実です。

先に辞めるなら、リスクも考えた上でやりましょう。

 

辞めてからの方がいい場合もある

とはいえ、先に辞めた方がいいケースもあります。

例えば...

・休みが全然取れない(月に3、4回とか)

・毎日終電帰り、労働時間が長くて面接に行く時間を工面できない

・これ以上働いたら身体を壊しそう

・有給が取れない、または取りにくい会社で働いている

 

といった場合は話は別です。

このような劣悪な環境下で働いているなら、先に辞めて転職活動に専念した方がいいです。

 

身体を壊して無理して働けなくなったら、本末転倒です。転職活動も当然できなくなります。そうすれば、もっと転職のチャンスも逃すことになります。

自分のキャリアに向き合うことも大切ですが、まずは身体を大切にしてください。

 

辞めてから転職活動を始める場合でも、在職中に準備をすること

もし辞めてから転職活動に踏み切る場合でも、なるべく在職中にできそうなことはやっておきましょう。

 

例えば...

・転職サイトに登録し、求人をチェックする

・何社か転職エージェントの面談に行き、求人の応募ができる状態にしておく

・完璧でなくてもいいので、履歴書や職務経歴書の型は作っておく

・最低でも3ヶ月分の生活費は貯金しておく

 

こんな感じです。上に書いたことは、なるべく辞める前にやっておくことをお勧めします。そうすれば、同じ辞めてからであってもスムーズに進むと思います。

 

先に辞める人は特に、◯月までに転職を決めるという期限を設けることをおすすめします。

そうしないと、ダラダラして気付いたら転職時期を逃してたなんてこともあり得ますからね。

 

 

転職エージェントを利用して、賢く転職活動をしよう

基本的に転職活動は、在職中にやった方がいいんですが、状況的にそうもいかない人がいることも分かります。そういう人は、潔く辞めてからの方が集中できます。

先に辞めたからと言っても、3ヶ月以内であればそこまで不利になることはないのと、逆にすぐ働けることが強みです。

 

理由が理解できるものであれば、負い目を感じる必要は全くありません。とはいえ、弱気になることもありますよね。

そんな転職活動で、協力なサポーターになってくれるのが転職エージェントの存在です。

下記記事で転職サービスをまとめたので、参考にしてください。

 

▼転職サービス一覧記事

www.wata0118.com

先に辞めてしまった方や初めて転職される方は、失敗したくないという気持ちが強かったり、まだ慣れていないので想像以上に時間がかかってしまう傾向にあります。

特に20代の人は、一人で頑張るより、転職エージェントのサポートを受けた方が上手くいく確率が格段に上がります。理由は単純で、経験やスキルがまだ浅いからです。

 

転職エージェントを賢く利用して、転職先を見つけましょう。日本には何万もの企業があるので、あきらめなければ必ず自分に合った会社が見つかるはずです。