アメとムチのキャリアスクール

~キャリアに悩む20代のお悩み相談所~

転職エージェントとの面談内容は、選考結果に影響する

スポンサーリンク

f:id:wata0118:20170218213701j:plain

こんにちは、キャリアブロガーのわたです。

 

転職活動をしてる人やこれからしようと考えてる人には、転職エージェントに話を聞きに行ったことがある人もいるかと思います。

どんなスタンスで臨んでいるでしょうか?無料で利用できるからって油断してる人もいるかもしれませんが、実は、転職エージェントとの面談内容は、選考結果に影響しています。

どういうことかというと、転職エージェントのキャリアコンサルタントは、求職者とどんなやり取りをしたか、どんな人物なのかをデータベースに面談所感を詳細に残します。

そして、その内容は社内全員が見られるようになっているんです。その情報を見た上で、その求職者の希望に沿った求人を紹介しています。

 

ちなみにこの情報は、面談時だけでなく、面談後でも随時内容は更新されていきます。この内容の良し悪しによって、転職活動に影響してくるんです。良いコメントなら問題ないんですが、悪いコメントだと注目してもらえなかったり、そもそも声をかけるのは辞めておこうって話にもなります。

 

ぼくも実際、アプローチ不可人材(ブラックリストみたいなもの)に何人か入れたことがあります。笑

そこで、転職エージェントとの面談で具体的にどんなことに気をつけた方がいいのかポイントを3つ書きます。

 

1、最低限のビジネスマナーができているか

基本的なことですが、これができてない人が意外に多いので一番先に持ってきました。20代前半の人ならまだしも、いい歳した人でもなってない人がいるんですよね…。

例えば、

・挨拶できない

・時間や約束を守らない

・名刺を座ったまま受け取る

・面談のリスケが多いorドタキャン

など。当たり前ですが、こういう人を積極的に支援したいとは思いません。笑

 

ぼくも前職で、自分が担当している企業の求人に経験を満たしている人が応募してきても、人間性に問題がある方は企業への推薦はせずに、ぼくのところでNGにしていました。 

ぼくに限らず他のエージェントも、経歴や年齢、性別だけでなく、人間性でのフィルターもかけています。こんなことで損をするのはもったいないので、気を付けましょう。

 

転職エージェントの面談後、求人の紹介が少なかったり、面談後何の連絡がないのは、経歴や年齢的に求人の紹介が難しいというのもあります。でも、人物的に紹介に値しないというケースもあるってことは念頭に入れておいてください。

 

2、キャリアの棚卸しがある程度できているか

企業との面接ではないので構える必要はないんですが、それでもある程度今までの経歴や強み・弱みなどは整理しておくことをお勧めします。

何も準備せずに面談に臨むのとそうでないのでは、面談の濃さが違うからです。もちろん、初めて転職活動する方は上手くいかなくて当たり前なので気にする必要はありません。

ただ、それでも少しでも準備ができている方がお互いにその後の動きがスムーズです。

 

面談では、面接でも聞かれるようなオーソドックスな質問が聞かれます。今の仕事について、転職理由、希望条件、今後どうなりたいか、何したいかのかなど。どうせ面接でも聞かれることなので、予め考えておくと後々楽です。修正点はコンサルタントが指摘してくれますので。

 

また、中身の濃い面談にできれば、より自分の希望に沿った求人を紹介してもらえる可能性も高いし、コンサルタントの中での優先順位も変わります。そのため、なるべく準備してから臨みましょう。

 

3、他責思考ではないか

正確に言うと、他責思考過ぎではないっていう言い方が正しいかもしれないです。

あまり会社の批判が過ぎるとそもそも転職を止められたり、あまり注力してサポートしてもらえないなんてこともあります。だって、何でも人や環境のせいにする人って魅力的に映らないじゃないですか。

 

僕自身にも失敗があって、ある人材エージェントに行って現職の悪いところだけを話したところ、明らかに通るであろう選考に書類で落ちてしまったことがありました。

でも、特に改善しようと行動してませんでした。直接聞いたわけではありませんが、恐らく企業に推薦してなかった可能性が高かったと思います。

 

転職を考えている時点で現職に不満があるはずですよね。

それは良いんですけど、その不満に対して改善するように何度かアプローチした。でも変わらなかった。だから転職に踏み切った。

このストーリーがあれば、少なくとも人材エージェントから見捨てられることはそうそうないはずです。ぼくもこのことを意識してから、だいぶ書類通過率が良くなっただけでなく、面接での受けも企業によっては良くなりました。

 

面談だからっていい加減な気持ちで臨まないこと

という感じで色々書きましたが、難しいことをする必要はありません。普通にやっていれば、そこまで心配する必要はないので大丈夫です。

 

とは言え、最低限のマナーや人間性はチェックされているので、油断しすぎないように注意してください。 

 

▼関連記事

転職エージェントに登録しても、求人を紹介されない人の3つの理由