アメとムチのキャリアスクール

~キャリアに悩む20代のお悩み相談所~

転職理由が「人間関係」でも問題ない

スポンサーリンク

f:id:wata0118:20170218215151j:plain

こんにちは、キャリアブロガーのわたです。

 

転職理由って色々ありますが、人間関係に関する理由が上位を占めています。これってほとんどの人が言わないだけで、悩んでる人は多いですよね。

下記のリクナビNEXTの記事見てもそれが分かります。

引用:next.rikunabi.com

 

ぼくは人材会社にいた時、人間関係が理由で会社を辞めていく人を見てきました。

これってどうなの?って初めは思いましたが、最近は人間関係が理由だとしても転職する理由になるなって思ってます。人間関係で辞めることに対して否定的な人もいますが、ぼくは伝え方さえ気を付ければいいんじゃないかと考えています。

 

だって、人間なんだから合う合わないがあるのは仕方ないじゃないですか。無理しても仕方ないです。

人間関係に悩んで会社辞めようか考えてる人の参考になれば嬉しいです。

 

大切なのは転職理由の伝え方

人間関係が理由で辞めるのが問題ないと言っても、もちろん「上司の無茶振りがすごくて…」みたいにストレートに面接で言うのはNGです。要は、伝え方の問題です。転職する人の8割はネガティヴな理由なので、それ自体は問題ないし、そんなことは企業側も理解しています。

 

というより、転職なんてそもそもネガティブな理由が圧倒的に多いし、人が転職を考えるのは、多かれ少なかれ現職に何かしら不満があるからです。人間関係で辞めるっていうと何だかネガティブに聞こえますが、そこは気にする必要はありません。

 

実際に、人間関係が理由で転職してる人って結構いて、ぼくは仕事柄そういう人をたくさん見てきました。同時に転職して上手くいってるケースもありました。

中にはこういった理由で転職するのは「逃げの転職」、「どこへ行っても同じ」、「自分自身にも問題がある」と言う人もいます。一見正論のように聞こえますが、そうでもありません。

 

何か嫌なことがあってすぐ辞めようとするのは考えものですが、人なんてそう簡単に変えられません。自分の接し方を変えて相手が変わるのであれば、それに越したことはありません。とはいえ、限界がありますよね。

自分で変えられるものとそうでないものもあるので、ダメなら潔くあきらめて新しい環境に飛び込むのは一つの選択肢として全然ありです。

 

身体を壊してしまっては本末転倒

中には無理してまで働く人もいます。

例えば、

・どうしても上司の言動に耐えられない

・理不尽な要望が多く、ストレス過多でどうにかなりそう

パワハラや陰湿なイジメや嫌がらせに遭ってる

といったように。これ以上働いたら身体を壊す、鬱になりそうなくらいに追い詰められているようなら、早く辞めて環境を変えた方が良いです。

 

環境を変えて、状況が好転してパフォーマンスが上がる人もいます。まあ、こんな状況下でパフォーマンス上げろっていうのが無理な話ですが。。。

無理して働けなくなるくらいなら、余力のあるうちに転職に踏み切ってください。

 

転職理由は企業によって伝え方を変えた方がいい

面接で正直に転職(退職)理由を伝えるのもダメというわけではありません。上手く伝えられるのであれば良いんですけど、これは伝え方を間違えたり、面接官によって捉え方も変わるのでちょっとギャンブルです。

でも、ほとんどの人は会社に対する不満は一つってことはないはずです。たいていの人は、他にも何か不満に感じていることがあるんじゃないでしょうか。であれば、それを転職理由で話すのもありです。

 

ただ、本音を言って伝わることもあったり、それが自己アピールにも繋がる可能性もあります。転職理由の伝え方に迷う人は、キャリアコンサルタントに相談して判断を仰いだ方がいいと思います。こればっかりは、企業の価値観にもよるので、状況によって転職理由の伝え方は変える方がいい場合もあります。

 

まとめ

とにかく、人間関係を理由に転職を考えている人は、後ろめたさを感じる必要は全くありません。その理由をそのまま伝えるのは問題ですが、それが転職を考えた理由になっても問題ないことを知って欲しいです。

 

▼あまりにも辛い人は、一度転職エージェントに相談に行きましょう

www.wata0118.com

▼「逃げ」の転職だって大丈夫

www.wata0118.com