アメとムチのキャリアスクール

~キャリアに悩む20代のお悩み相談所~

転職活動は、転職を考えていなくてもやった方がいい4つの理由

スポンサーリンク

f:id:wata0118:20170216094920j:plain

こんにちは、キャリアブロガーのわたです。

 

最近では転職なんて何ら珍しいことでも何でもありません。むしろ一つの会社で定年まで勤め上げるって人の方が少ないでしょう。転職活動は、転職する気がなくてもやるべきです。

転職活動に労力がかかるのは否めませんが、それでもやるだけの価値はあります。

 

とはいえ、「なんで転職する気がなくても転職活動した方がいいんだ」って疑問に思う人もいるでしょう。

そこで今回は、たとえ現職に不満がなかったとしても、転職活動をした方がいい理由を書いていきます。

 

 1、自分の市場価値を知ることができる

これは結構大切です。市場価値とは、自分が世の中の企業からどれだけ求められているか、いかに高値で買ってもらえるか(採用してもらえるか)ってことです。

一つの会社しか知らないと、視野が狭くなりがちなんですよね。その会社での評価のされ方しか分からないので。これは良くも悪くもですが、現職で評価されているからと言って、必ずしも転職市場で評価されるとは限りません。その逆も然り。

 

もしかしたら、あまり求人を紹介されなかったり、内定が出ても思っていたより低い年収提示にがっかりすることもあるかもしれません。
ただ、ここでの目的は「自分を客観視すること」です。これは大きなメリットです。

 

転職活動すると、今の自分の実力がある程度分かります。足りない部分は、これから補っていけばいいだけです。これが分かるだけでも、転職活動する意義があります。

 

2、世の中のトレンドやニーズに敏感になることができる

実際に転職活動をすると、今世の中で何が求められているのか、今後どんな分野がニーズがありそうかなどが分かります。これからどんなスキルを身に付け、経験を積めばいいのかが分かるとはまでは言わずとも、ある程度見当はつきます。

もちろん、新聞や書籍、インターネットなどでも情報は入ってきますが、実際に転職活動をした方がよりリアルな情報を得られます。


求人サイトを見れば、どの業界や職種が今ニーズが高いのかとか、少なくとも自分よりは世の中の動向を知っているであろう(そうじゃないのもいるが)キャリアコンサルタントから話を聞くことで、旬な情報をキャッチアップできます。

自分が今後ニーズがなくなりそうな業界にいたり、そういった仕事をしているのであれば、転職を考えるきっかけになるかもしれません。

 

3、自分を振り返るいいきっかけになる

転職エージェントとの面談や企業の面接などを受けることで、自分では気付かない強みや弱みが分かります。そんな経験が評価されるのかって思う時もあります。

意外に今自分がやってる仕事が、自分ではたいしたことしてないと思っていても、企業からすると評価されることもあります。

 

面接では、採用にしろNGにしろ必ず理由があります。転職エージェント経由だと、企業からのフィードバックももらえたりします。結果に一喜一憂するんじゃなく、NGなら「なぜダメだったのか?」、「評価されたところはなかったのか?」を聞いてみてください。


就活でやった自己分析なんかより、より深く自分を知ることができます。やはり、実務経験があるのとないのとでは全然違います。

 

4、絶対に倒産しない会社なんてない

今の時代、どんな大手企業でも一生安泰なんて企業は存在しません。
過去を振り返れば、長銀やリーマンブラザーズ、JALなどの大手企業が倒産したこと、郵政民営化などを誰が想像したことか。

自分が企業に一生尽くすと思っていても企業自体がなくなる可能性もあるし、はたまた自分がリストラに合う可能性もないとは言い切れません。


だから、会社に依存するとかその会社でしか評価されないっていうのは、結構危険です。外に目を向けてください。

ただ、勘違いして欲しくないのは「転職しろ」って言ってるんじゃなく、その気になればいつでも転職できるという状態にしておくことが大切ってことです。その一つの手段として、転職活動は有効です。

 

まとめ

転職活動して自分を知り、外の世界を見ることがとても重要です。
まずは、転職サイトの登録したり、転職エージェントに話を聞きに行くなど、できることはあります。

まずは、自分ができる小さなことからでも良いので、アクションを起こしてみてください。

 

▼市場価値を知るためにも、転職活動をしてみてください

www.wata0118.com

 

 ▼1社しか知らないのは、視野が狭くなってしまいます

www.wata0118.com